スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
A Day At The Races(華麗なるレース)/Queen

アルバム”A DAY AT THE RACES(華麗なるレース)”を聞きました。
一聴してそれと分かる派手なギター・オーケストレーション、高・中・低域へのこれまた幾重にも重ねられた絶妙な演出をも魅せるかの各コーラス・ワーク!”70年代版クィーン”が繰り出すロックは独特な音色でボクも大好きで各アルバムをよく聞きます♪

オリジナル(ハンドメイド/手作り)ギターを手にブライアン・メイ(g)得意なハード色濃いロッキンなメロディを上品に奏で、フレディ・マーキュリー(vo)は自身の伸びある高音シャウトを活かしつつの小気味良く導入されたピアノ演奏を繰り出しオペラ風楽曲で気品を高めることにも成功し、その二人に挟まれる形で必ずアルバムにパイプ的繋がりを持って収録されつつも実は記憶に残る名フレーズを残しているジョン・ディーコン(b)のソングライティング、”しゃがれ高音”コーラスに派手さと堅実味すらあるドラミング(&当時はその甘い2枚目マスクで女性ファンを虜に〜)でバンドの屋台骨(フレディ亡き現在もバンドをブライアンと共に存命させている)を支えて来たロジャー・テイラー(ds)の個性ある4人の集合体こそが、クィーン・サウンドの魅力大でしかも醍醐味なんですよね。
デビューからこの30年以上もの間、唯一無二な存在へと昇華させつつしかもトップバンドとして君臨し続け英国を代表してきたのが世界の”女王陛下”ことこの「QUEEN」と言ったところでしょうか。

最初にクィーンがクィーンとしての名声を高く掲げていたのが70年代。
アルバム代表作と言えばやはり!?「供廚法屮ペラ座の夜」の両作ですよね。そのどちらも音楽的な創造力は高く、芸術的な香りまでするかの上質な気品すらを感じます。アルバムとして丸ごと聞くべきの内容で、最後の曲が終わった頃には別世界的感覚とお腹一杯〜満足状態になるわけです。
ロック史に必ずや残るその「供廚函∩虻遏屮ペラ座の夜」(4作目)の”大抑”クィーン風音楽的要素はほぼそのままに、しかし収録曲は”単品でコンパクト”に収められているのが、この本作「華麗なるレース」(通算5作目)です。
もちろん本作も”ノー・シンセ”(シンセサイザーを使っていない!)明記はハッキリと!(苦笑)

前作(オペラ座〜)をそのまま継承しているかのジャケ模写具合(オペラ座の白色に対して、本作は黒色が基調)で、その白と黒との対比として見たら、まさに?「供廚痢文・暗)コンセプトとも被りますよね!
その「供廚泙任蝋圓なくとも前作(オペラ座〜)はどうしても意識せざる得ない外様なのですが、いざ蓋(ふた)を開けてみるとそれぞれの曲が”単品でコンパクト”像なので気楽に聞けるのが本作の特徴でもある様な印象です。
特徴と言えばさらに前作までの見事までに4人をある意味指揮(?)してきたプロデューサーのロイ・トーマス・ベイカー氏の下を離れ、全編4人のセルフ・プロデュースした最初のアルバムにもなっていますね。どこか抑えていたモノをさらに主張したかったのでしょうね?!前作で行くとこまで行ってしまって、新たな出発的な想いもあったかも知れません〜
※ちなみに本作のエンジニアとして明記されているのは80年代ロック・シーンにプロデュース業で数々の影響を及ぼしていたマイク・ストーン氏です。このクィーンとのスタジオ・ワークで培った経験・技が後々に生きてくるのですね。


タイ・ユア・マザー・ダウン

収録曲はバンド史上屈指なハード・ロッキンな曲(1)タイ・ユア・マザー・ダウン(ブライアン・メイ作)で華麗に始まります!この曲の直前に”ドラ鐘音”が鳴り響きますね。これには思わずニンマリでしょう♪なにせ、前作(オペラ座〜)の最終曲(実質、最終の一歩前です。)”ボヘミアン・ラプソディ”も最後のドラ鐘音がドシャ〜〜ン♪と鳴って締めています。それを引き継いでいる辺りにオシャレな遊び心を感じます。
メイ作のハード曲で始まり、フレディ、メイ、フレディと交互に繫げて来て、中間部(アナログ時代のA面最終曲!)にホッと一息!?ジョン・ディーコン作の(5)ユー・アンド・アイを挿入しています。ベース・プレーヤーとしては結構地味(堅実)な印象なんですが、ソングライティングに関しては彼の存在感こそが特質で特出です!この曲もキャッチーでポップ色の全開ですが、分厚いコーラスとギターでどこをどう見ても(聞いても)クィーン色濃いです。この曲残念な事にライヴでは一度も演奏された事が無いとか!?

B面(アナログ時代)スタート曲の(6)愛にすべてをは、ベスト盤やCM起用もある有名曲でフレディ作のクィーン・オペラ風ロックの音塊で迫って来ます。コーラスのゴスペル風で幾重にも分厚い演出とそれに絡むギター、ピアノ音の交わり具合が印象深いですね。個人的にも好きな楽曲なんです♪
演歌チックにコブシ回し??を効かせてのフレディのその唱法は、この曲に絶妙に合っていると思います!フレディ・マーキュリー・・・(改めて)歌巧いです!!

(7)ホワイト・マンはあの?津軽じょんがらチックに歪むメイの”ギター音”で引っ張り、ロジャー・テイラーのドラムスとのメリハリが効いている”男らしい”ロックです。この曲に関してはディーコンもフレディも存在感が薄いでしょうか。メイの独壇場?!
(8)懐かしのラヴァー・ボーイはフレディ作でこれもクィーンならではの音像!短くも簡潔でポップな曲調な中にも、とんでも無い位に4人のアイデアが詰まった印象です。オマケに先述したエンジニアのマイク・ストーン氏も(アディショナル)コーラス参加されているとか・・・。
(9)さまよいは・・・まさに”さまよい”ます!独特ですぐそれと分かる”しゃがれ声”ロジャー・テイラーの作&ボーカル曲。・・・さまよってます(笑)
(10)手をとりあっては・・・これこそがっ!?本作の目玉☆何と言っても外タレ、洋楽、英国バンドのクィーンが”ニホン語”歌詞と発音で表した、我ら日本リスナーへのプレゼント曲!公式オリジナル・アルバム(もちろん世界に流通している!)収録の最後にこんな感動する演出があるなんて!!
当時、他のどこよりも世界に先駆けて応援していた日本の(特に女性?!)ファンへのまさに!!彼らの真心までを感じてしまう感動曲〜♪なんですよね。

手をとりあってこのまま行こう〜愛する人よ〜
 静かな宵に〜光をともし〜愛しき教えを抱き〜・・・


メイ作ですが、この詞的(信仰)感覚はフレディの影響が大ですね!
初めてこの曲を聞いたとき、変わった発音な”英語”だなー??と・・・文法の意味も知らずに言葉の意味の分かる英語ってあるっけ??と・・・

Somebody to Love(愛にすべてを)

本作の次作にあたるのが”ウィ・ウィル・ロック・ユー”、”伝説のチャンピオン(ウィ・アー・ザ・チャンピオン)”の二大有名曲を収録したアルバム「世界へ捧ぐ」です。その「世界へ〜」と「オペラ座の夜」に挟まれる形で、その存在価値にも微妙?な位置付けがされてはいるのですが、デビューからオペラ座と発表してきて、さらに後に繋がる世界制覇(世界規模での成功!)への布石的な面もしっかり残っていますが・・・
その次作から良くも悪くもまた違う”音世界”へと繋がって行く印象なんです。
続きを読む >>
sihuku | 音楽(カ行) | comments(7) | trackbacks(6) |
「DRESSED TO KILL」(地獄への接吻)/KISS
 
KISS(キッス)と言えばその奇抜なメイクとコスチュームにド派手なライヴ・パフォーマンス!!でファンを魅了してきたアメリカン・ロックの老舗バンド。
先日も中古CD屋さんへ訪れた時、休日ということもあってか?親子ずれが来店されていましたが、その時の親子ずれの子供さん(多分小学”低学年”の子??)が、再発されて陳列されてあった、KISSのアルバムの前で、不思議そうに眺めていたのが印象的でした。
ボクもその子と同じ年の頃だったのか、近所の楽器屋さんにKISSのポスターを初めて見た時の、ある種あの”衝撃!”は今だ脳裏に残っているんです。
そのポスターを発見してからは、しばらくその楽器屋さんに近づこうともしなかった。出来なかった!
顔面にいきなりまさかの白地の化粧した者たち(髪が長く当時はそれが男なのか?女なのかも区別が付かなかった!爆)が、”音楽”をやっているナンテ!?顔に模様の入った化粧自体にも到底想像出来なかった事だったし(ナゼ?この人たちはこんなに顔が白い〜??的思考)何よりも子供心にそのメイクは、”気持ち悪かった”!
この世の者じゃないみたいな!?(苦笑)
まさかこの4人組がロックを演奏していたなんて・・・ね〜??バンドは幾度となく、メンバー・チェンジを繰り返し、その時代や風潮に合ったサウンド指向で、もうすでにデビューから30年以上も現役を続けています。が、しかし、いつの時代でも場所をも選ばずに毎度・毎ステージ、演奏されてきた”不滅のロック・アンセム(10)ROCK AND ROLL ALL NITE (ロックン・ロール・オール・ナイト)が収録されているのが、この3rdアルバム「DRESSED TO KILL」(地獄への接吻)です♪(日本では本作がデビュー盤になります。)

本国アメリカのデビューから1、2作目と特別的なる大ヒット作には恵まれず、起死回生を狙うべくKISSの育ての親と言うべき、当時のレーベル会社の社長ニール・ボガート(カサブランカ・レコード)とKISSとの共同プロデュースになっています。自分らがやりたい音楽、楽曲を並べた自信作!!って言いたいのでしょうが・・・実のところバンドは、”解散寸前”!?までの話があがるほどまでの瀕死状態で、ある意味地獄を彷徨いその地獄からの復活を懸ける”渾身作”なのでしょうかね。

この”渾身”3作目収録の「ロックン・ロール・オール・ナイト」が米/デトロイトの田舎?町からジワジワとローカル・チャートを駆け上ったのをキッカケに、デトロイトにあるライヴ会場の”コボ・ホール”にてライヴを敢行し、その時に記録された音源を元に発売されたアルバムが次作でもあり、ロック”ライヴ”・アルバムとしてもロック・ファンたちには必聴級の出来になっている「ALIVE」(アライヴ〜地獄の狂獣)です。
そのライヴ盤「ALIVE」のメガ・ヒットがバンドを地獄の窮地から救い、そこからが破竹の勢いで良質なKISSワールドを展開して行きます!その後もオリジナルメンバーの脱退やら紆余曲折は繰り返すものの、今現在も元気にロックでパーティ〜しちゃっていますからね・・・。これも言わば”アメリカン・ドリーム”というやつでしょうかね。

この「DRESSED TO KILL」(地獄への接吻)は、言わばバンドが世界的なスター街道まっしぐら!へ軌道を乗せる土台なる作品で、収録楽曲も音楽的技術が決して高いワケでもなく、”当って砕けた!”(笑)ではなく、”砕けるまで当ってやれっ!”的に真っ直ぐで贅肉が落とされた感の強いシンプルな中にも、ロックな勢いがある楽曲とサウンド♪(KISS自体がどれも真っ直ぐなロックン・ロールですが...)は、個人的にも魅力を感じる好盤で今でもよく聴きます♪

「DRESSED TO KILL」(地獄への接吻)
(1975年)
1.Room Service
2.Two Timer
3.Ladies In Waiting
4.Getaway
5.Rock Bottom
6.C'mon And Love Me
7.Anything For My Baby
8.She
9.Love Her All I Can
10.Rock And Roll All Nite

Rock And Roll All Nite(Live in Japan 1977)
火を噴き、空を飛び、スモーク(煙)が充満する中、ステージ上で”地獄”を奏でる4人!!分かっていてもいつまでも演って欲しいKISSのそのライヴ・パフォーマンスに10点満点☆でしょ!?

ポール・スタンレー(g,vo)
ジーン・シモンズ(b,vo)
エース・フレーリー(g,vo)
ピーター・クリス(ds,vo)
sihuku | 音楽(カ行) | comments(9) | trackbacks(2) |
DELICATE FLAME OF DESIRE(デリシャス・フレーム・オブ・デザイアー)/KARNATAKA(カルナタカ)

夏です!ジメっと暑いです!・・・”夏バテ”へ陥る前に女性voで癒されましょう〜♪
と、言うことで”KARNATAKA(カルタナカ)”です。
この情熱的の真っ赤に染まった”蛾(ガ)のジャケが印象的なのですが、中味(収録曲)の方はものすご〜く”癒し”を感じる英国出身のシンフォニック・ロック・バンドです。
特に女性2人のVo(レイチェル・ジョーンズ/Vo.ピアノとアン=マリー・ヘルダー/Vo.フルート)が醸し出すボーカルとコーラスの綺麗な響きをメインに置き、それに自然に絡んでくるエモーショナルなギター音、キーボード音の演出が心地良いのです。
輸入盤のため詞的解釈は困難なのですが、楽曲のどれもでそのボーカルたちが幻想的なイメージを増幅させてくれています。
さらにはアコギ、フルートと言ったアナログ的な音もよりシンフォニック度のアップが心地良いのです。

♪”DELICATE FLAME OF DESIRE

90年後半から精力的に活動しているグループなのですが、2000年代に入って一時は活動停止状態にありましたが、またつい最近(昨年か?今年に入り)再結成〜再活動を行っているとも聞きました。同時期にも活躍し同系統バンドにあたるでしょう?の”Mostly Autumn”や”Iona"と言ったケルティック調の(現代プログレ的)温かみのあるシンフォニック・サウンドが好きな方には、特にオススメ度は高いです。
※”Mostly Autumn”の最新アルバムにはこの”KARNATAKA”の(女性vo)アン=マリー・ヘルダーがゲスト参加して、味ある歌声を披露しています!

まだ日本盤デビューも無く、一部のファンにでしか知名度の薄い悲しい現状です。
今回のこのアルバムは2作目”THE STORM”から数えても3年ぶり”3作目”にあたります。その”THE STORM”はよりケルティック調の濃いどちらかと言えばロック色は薄い印象です。同じバンドの作品といえども本作とで好みも分かれるでしょう。
本作は彼らのアルバムの中にあっても、ファンからの人気、収録曲の充実度から観ても(個人的に聞いても〜)バンドの最高級に入るのではないでしょうか!?伝統的ケルティックな空気感を漂わせながらも、よりロックのダイナミックさを吟味し、そしてドラマチックに神秘的にも広がる英国的幻想美サウンドにうっとりなのです!


DELICATE FLAME OF DESIRE/KARNATAKA(カルタナカ)
(2003年)
1.KARNATAKA
2.TIME STANDS STILL
3.DELICATE FLAME OF DESIRE
4.AFTER THE RAIN
5.STRANGE BEHAVIOUR
6.THE RIGHT TIME
7.ONE BREATH AWAY
8.OUT OF REACH
9.HEART OF STONE

The Storm/Karnataka
※本”DELICATE FLAME OF DESIRE”には収録されていませんが、こんな感じのサウンドです!
sihuku | 音楽(カ行) | comments(0) | trackbacks(0) |
<< / 2/2PAGES /