スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
THE GREAT UNWANTED/LUCKY SOUL
昨年('06年)の春頃からシングル盤(今では入手困難!)の発表を機会に話題に上がり、この春先からここ日本でも影響がジワリジワリと寄せてきた感があり、いよいよ今夏(8月)に日本デビュー盤が発表される”LUCKY SOUL”(ラッキー・ソウル)です。

その甘くキュートで舌ったらず的、さらにコケティッシュな魅力すら感じる声の持ち主Ali Howard(vo)のボーカル・スタイルを前面に推し出したポップなサウンドが効果大。英国出身の6人組で、リヴァプール流モッズ的な軽快なロック、または60’sモータウン系寄りなポップの中にあってもソウルフルなサウンド志向で、最近のオルタナティブのブリティッシュ(ポップ)・ロック・シーンにあっても珍しく?聞き慣れない様な印象です。

ボーカルの他にギター2、ドラムス、ベース、キーボードなのですが、曲によってはハモンド・オルガンを、さらにはチェロやヴァイオリン、ヴィオラのストリングス系を、テナー、バリトン、トランペットらのホーン系をも導入し、楽曲に幅と厚みを効かせている辺りのアイデアにただならぬ創りのポップなアルバムの気配を感じることでしょう。
しかも本作はこれまでにバンドが発表されてきた1〜4枚になるシングル曲を堂々と収録(そのカップリング曲も)されているので、いきなりのベストな選曲状態です。

最近、新ドラマが放送されていますが、某”月9”のドラマに(1)の一節がたまたま??流れてきたのには、驚きました!と共に今後の活躍と注目度も加速するでしょうか?!
(プロモの映像)
(1)Add Your Light To Mine, Baby
(4)Lips Are Unhappy
続きを読む >>
sihuku | 音楽(ヤ・ラ・ワ行) | comments(0) | trackbacks(1) |
<< / 2/2PAGES /