<< ONE FOR THE ROAD/RONNIE LANE & SLIM CHANCE(ロニー・レイン&スリム・チャンス) | main | 大逆転!!総合垢魯薀ぅ灰優鵑法複-1〜ブラジルGP) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
Yuki’s MUSEUM/斉藤由貴

”歌手”斉藤由貴のベスト盤を聞きました!
80年代アイドル〜女優〜歌い手の中にあってこの斉藤由貴は他の同系統の方たちとは一線を化していた印象です。デビューがCM(カップラーメン)のオーデションで認められ雑誌やドラマ(初代スケバン刑事やNHKの朝の連続ドラマもあり)で演技をする役者として入っていったのが大きな要因でしょうか。チャラチャラ系の作られたアイドルとはやっぱり違う空気が漂い過ぎです!(苦笑)
”スケバン刑事”はともかく、女優業以上に”歌手・斉藤由貴”では、余計に本人のその”ほんわか〜”または”おっとり〜”ぶりな空気の香りが充満・発憤されていましたよね。それも個性であって魅力でもあったのですが〜

ベストテン番組で出演する当時の彼女も流行であったキンキラ派手々な衣装は皆無で、年相応でない??(笑)しっとり風衣装の印象が深いです。
楽曲自体もアイドル路線でも無かったですね〜
と言うか、テレビで歌っている姿はあまり楽しそうでも無かったような?
演技している表情との温度差を当時もどこか感じていましたね。

本ベスト・アルバムもファンならずも満足な???一枚です。
”懐メロJ−POP”と言ってしまえば・・・そうなんですが・・・。
各収録曲の作家陣もなかなかのものですよ。
(1)夢の中へ・・・はもちおろん井上陽水の代表曲のカバーなのですが、編曲に崎谷健次郎。そして出るわ、出るわの豪華な顔ぶり!!松本隆、森雪之丞、谷山浩子、玉置浩二、筒美京平、原由子、来生えつこ、来生たかお・・・
でも、その”夢の中へ”のアレンジを今聴き直すとさすがにちょっと退く気持ちもあるけど(苦笑)

ボク個人の思い出懐かしい一曲は”MAY”です♪
彼女主演映画の挿入歌にもなっていました。(学生時代に観に行きました!苦笑)
いやっ!?特別な斉藤由貴のファンというわけでもないのですが、その映画では高井麻巳子(元おニャン子)を観に行ったのです・・・笑^^
彼女が歌っていた楽曲を今、またどなたかがリ・メイク(例えば、”悲しみよ こんにちわ”とか〜)したら・・・面白いかも知れませんよね〜
素敵な曲ばかりですもの。

全然!ロックしていませんが、思い出ある曲に出会うときもまさに”至福”なとき!ですね。
・・・懐かしいなぁ〜♪

Yuki’s MUSEUM〜斉藤由貴
(1989年)
1.夢の中へ
2.青空のかけら
3.「さよなら」
4.初戀
5.悲しみよ こんにちは
6.MAY
7.情熱
8.ORACION~祈り~
9.うしろの正面だあれ
10.3年目
11.少女時代
12.白い炎
13.土曜日のタマネギ
14.卒業
15.Where~金色の夜~
16.砂の城
17.LUCKY DRAGON
sihuku | 音楽(サ行) | comments(12) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
こんばんは

>デビューがCM(カップラーメン)

うはっ、覚えてますよ〜。セーラー服着てて可愛かった。ポニーテールが特にね印象に残ってます。

>”ほんわか〜”または”おっとり〜”

確かに、癒し系の先駆けだったのかもしれませんね。女優としての彼女は素晴しい実力があったように思います。言われて見れば、歌っている時は楽しそうではなかったかも。

>悲しみよ こんにちわ

これって、メゾン一刻の主題歌でしたよね?“夢の中へ”より好きな歌だったと思うな。リメイクしてもらうとしたら誰に歌ってもらうのがいいんだろう?やっぱり純朴そうな人がいいなぁ。

>高井麻巳子(元おニャン子)

…(^^;
こちらの名前を懐かしいですネ。秋元さんの奥様でしたっけ。
うしろゆび♪さされ組♪とかバナナの涙♪とか浮かんでくる私っていったい…(〃 ̄ω ̄〃ゞ
* 七色奇譚@管理人 * 2007/10/23 12:33 AM |
斉藤由貴さんのこのアルバムは、冗談抜きに素晴らしいと思います。

こうして曲目を眺めているだけで、「やっぱり好きな曲多いな!」と再認識しました。

聴きたい!けど、さすがに持っていません!(笑)
* OZZY * 2007/10/23 10:21 PM |
>七色奇譚@管理人さま こんにちわ。
>歌っている時は楽しそうではなかったかも。
〜(≧▽≦)楽しんでいたのか?そうでなかったのか??wwアップアップだったのでしょうか?その辺りは今どきの若者(?)とは違うのでしょうね(苦笑)

そうですよ♪”悲しみ〜”はめぞん一刻でしたよね。自身、当時も安全地帯はよく聞いていて作者に玉置氏の名があったのは当時も驚いた記憶があります。・・・イイ〜歌ですよね♪

>高井麻巳子(元おニャン子)・・・秋元夫人のソロコンサート観に行きましたもん(≧▽≦)すぐに結婚引退しちゃいましたぁ〜(>_<。) グスン CD(当時はレコード)も聞いちゃいマス☆^^
* sihuku * 2007/10/24 12:28 AM |
>OZZYさま こんにちわ。
このCDは記事にする直前に購入したもので、あるブロガーさんの記事を観て探しました^^
今夏?にもベストが発売されちたんですよね〜♪
このアルバムもまさにっ!?ベストな選曲で1曲1曲が流れるたびに、ひとり”おおぉ〜♪”と懐かしと興奮で・・・楽しめました。
”土曜日のタマネギ”も嬉しかったですね〜
* sihuku * 2007/10/24 12:37 AM |
TBありがとうございます。

shihukuさんも映画観にいきましたか^^
「さよならの女たち」ですよね。
オレも行きますた(*´Д`*)
斉藤由貴がサリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を音読してるシーンだけ憶えています。

彼女の楽曲で一番好きなのは「アクリル色の微笑」です。
崎谷健次郎はいい仕事してましたな。

それにしても、コメ欄に見たことのあるロック野郎がコメントしていますなwww
CD買いなさい!OZZYさん!!(笑)
* 3121 * 2008/02/22 12:17 AM |
>3121さま こんばんわ。

映画館では、すご〜く必死にスクリーンを観ていた記憶はあるのですが、ボクはもう映画の話のスジも覚えていない状態です!(苦笑)

>一番好きなのは「アクリル色の微笑」です。
(o^_^o) ナルホド〜!?ってこれまた通な楽曲をよく聞かれていらっしゃるのですね♪ボクはよく存じていないタイトルで・・・とても気になります!!
* sihuku * 2008/02/22 6:42 PM |
「土曜日のタマネギ」って地味だけど名曲ですね。
なんかゆったりとした土曜日の開放感みたいな
感じが伝わります。
いいですねー。
* ミモサク * 2008/09/03 10:33 PM |
ミモサクさま こんばんわ!
わざわざのお越しありがとうございます。

彼女、確か横浜出身でボクも同じでそういう所からでも不思議と親近感もあったりで・・・
学生時代はメイン・パーソナリティーのラジオ番組も聞いて過ごしていました(のをミモサクさまのブログへお邪魔して思い出しました!^^)。

不思議と??印象(彼女の歌たちも)に残っていますね。。
* sihuku * 2008/09/04 5:35 PM |
おやまぁ。
横浜でしたか。
自分も同じです。
これからもよろしくお願いします。
リンクさせていただけたら嬉しいです。
* ミモサク * 2008/09/05 8:55 PM |
ミモサクさま こんばんわ!

!!同じく・・・でいらっしゃいましたっ!?^^
ちなみにボクは磯子区だったりします。。

リンクの件、ありがとうございます!
こちらからもどうぞ宜しくお願いします♪
* sihuku * 2008/09/05 10:37 PM |
sihukuさん。
リンクの件、ありがとうございました。
さっそく貼らせて頂きました。
ところで、自分は旭区です。
横浜の田舎です・・。
斉藤由貴は清水ヶ丘高校(港南区)でしたよね。
* ミモサク * 2008/09/06 6:35 AM |
ミモサクさま こんばんわ。

ボクのところは・・・海側の山の中です!(笑)何せ、どこへ行くにも必ず坂道を通らなければいけません!!ので・・・

>斉藤由貴は清水ヶ丘高校(港南区)でしたよね。

!!そうだったのですか?港南区民の方でしたかぁ〜(^_^;)
ますます親近感が。。^^
久々に彼女の歌を聴くと、やっぱりの安心感で嬉しく思います♪

コメントありがとうございます。
* sihuku * 2008/09/06 11:35 PM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/87
Trackback
ジム・クロウチ と 斉藤由貴さん。
   約4年という短い活動期間でしたが、非常に印象深い曲を残してくれています。  アコースティックなサウンドに、クリアーな英語の文章と歌声。  ・・・いいですね。  また、ジム・クロウチさんの名を聞くと、アクシアの斉藤由貴さんのCMを連想します。 
| chikazoのページ | 2007/10/21 11:44 PM |
あした晴れるか・・・。
1999年ポニーキャニオンから発売 「めぞん一刻」 サントラ盤です。 ほろりとするこのマンガを読み、これらの音楽を聴いて自分は大学時代を送りました。 玉置浩二さん作曲の 「悲しみよこんにちは」 は、chikazoの大好きな歌です。 いやな気持ちになったとき
| chikazoのページ | 2007/10/21 11:44 PM |
不思議な魅力・・・斉藤由貴さん。
 最近、TVのドラマでよく見かける 斉藤由貴 さん。  すてきな お母さん になられましたね。  chikazo は、大学時代、授業が休講になった午後、FMラジオで、斉藤由貴さん のアルバムが紹介されていた番組があり、そのときにたまたま、ラジカセに新しい
| chikazoのページ | 2007/10/21 11:45 PM |
風夢 / 斉藤由貴
?ONE ?体育館は踊る ?親知らずが痛んだ日 ?Side Seat ?12月のカレンダー ?記憶 ?ひまわり ?砂の城 ?MAY ?眠り姫 ?街角のスナップ ?風・夢・天使 ?家族の食卓 本日紹介するのは、1987年の斉藤由貴のアルバム「風夢」です
| A DAY IN THE LIFE WITH MUSIC | 2008/02/22 12:08 AM |