<< HYDRA(ハイドラ)/TOTO | main | ONE FOR THE ROAD/RONNIE LANE & SLIM CHANCE(ロニー・レイン&スリム・チャンス) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
HEART OF MINE(ハート・オブ・マイン)/BOBBY CALDWELL

BOBBY CALDWELL(ボビー・コールドウェル)です。
彼の数ある”AOR”の香り漂うアルバム中にあって、個人的にとにかく印象深いのが本作”ハート・オブ・マイン”です。

ハート・オブ・マイン

ボクが社会人となった90年代初め頃、当時の勤務先では各々で好きな音楽を聴ける環境にありました。(食品製造業だったのですが、音楽で気を紛らす程度に・・・苦笑)
当時新入社員で毎日が緊張の中、ふと知れず優しい歌声、爽やかで大人チックでメロウなサウンドに耳を傾けずには要られませんでした。それが本作タイトル曲でもある”HEART OF MINE”(ハート・オブ・マイン)だったのです。
丁度、タバコ(パーラメントだったでしょうか)のCMでも、この曲が流れていたのは記憶にあります。ニューヨーク摩天楼の様な高層ビル群をバックに、そっと流れてくるこの曲。大人の雰囲気に憧れました〜
本アルバムを購入するまでには、実はかなり考えました。と言うのも、当時の苦手な先輩が持ってきていた”お気に入り”テープだったので・・・(爆)

でも、どうしても聴きたい一心で購入したのが、また同じくその当時だったか来日記念にリリーズされた”ベスト盤”(ボビー・コールドウェル・グレイテスト・ヒッツ)でした。
ただ、そのベスト盤には、ボクの涙無くしては聴けない(当時の彼女さんを思い出します・・・ね〜)、生涯における!?個人的不朽の愛聴傑作曲でもある”NEXT TIME(機。藤腺味漫法鼻淵優スト・タイム)が収録されていません。なので、結局ほどなく本作(ハート・オブ〜)を購入したのでした。
※”ネクスト・タイム”はその後リリースされたまた違うベスト盤には収録されています。
この”ネクスト・タイム”はご存知な方も多いでしょう!シカゴを脱退し、ソロ活動に専念したピーター・セテラ版でも有名ですね。
と、言いますか、本作(ハート・オブ〜)はしばらく裏方役に徹していたボビー・コールドウェルが再び(前作から6年ぶり)ボーカリストとして本格的に復帰への足掛り的でもあって、それまでに各アーティストへ提供されてきた、言わばセルフ・カバー曲を集めたアルバムと言っても宜しいでしょうか。
今でも彼の作品は色々な場所で、そしてアーティストの歌声で聴けますね。

”AOR”の名盤とも称される1stアルバム”イヴニング・スキャンダル”(1978年作)とはまた違う・世界!?・・いや聴こえてくる甘美なボビー節はそのままですし、楽曲の良さ、聴きやすさでは、やはり(個人的ですが)ボクは本作を推したいです。ボクの部屋(4畳半)が、ボビーの楽曲が流れている時は、素敵にムーディーな小洒落た部屋になる(気分だけでも爆)から・・・不思議です。妄想しすぎっ!


HEART OF MINE/BOBBY CALDWELL
(1989年)
1.HEART OF MINE
2.REAL THING
3.NEXT TIME(I FALL)
4.ALL OR NOTHING AT ALL
5.SAYING IT'S OVER
6.IN THE NAME OF LOVE
7.EVEN NOW
8.FIRST TIME
9.STAY WITH ME
10.CHINA

BOBBY CALDWELL(vo,g,b,key,syn)
MICHAEL LANDAU(g)
JIMMY HASLIP(b)
MIKE FISHER(per)
DAVE KOE(alto-sax,sax~HART OF MINE)
RICHARD ELLOT(sax~REAL THING)

JEFF KIEVET(trumpet)
STEVE MADAIO(trumpet)
BILL REICHENBACH(trombone)
BOBBY MARTIN(tenor-sax)
TOM PETERSON(baritone-sax)
sihuku | 音楽(ハ行) | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
名作登場ですね。
ボビーはファーストもいいのですが、やはり我々世代はコレですよね。
これを聴くとよき学生時代を思い出します。ムーディーで、軟派な使われ方をしそうですけど、ボビーの音楽はしっかりしてますよね。
* 240 * 2007/10/19 12:09 AM |
>240さま こんばんわ。

前回(エキサイト・ブログ)にもTB・コメントを頂きつつ今回も頂き、ありがとうございます!m(_ _)m
自分内引用(笑)なので、文章等には問題ありません!(苦笑)※早く記事を引っ越ししないといけませんね〜w

秋の夜長に聞くボビー・バレンタイン?・・・ではなく!!コールドウェルは落ち着きますね^^

* sihuku * 2007/10/19 1:09 AM |
こんばんは
コメントありがとうございます。

この曲に思い入れがあるのですね。
私は、同じ(だと思います)ベスト盤を持ってます。
私にとっては.."Come To Me"あたりでしょうか?
思い入れがあるのは..(笑)
* martha1961 * 2007/12/24 11:45 PM |
>martha1961さま こんばんわ。

わざわざのお越しありがとうございます^^
今でもアルバム「What You Won't Do For Love」(イヴニング・スキャンダル)はよく聞きますよ♪
・・・それでもやっぱり!?こちらのアルバム(ハート・オブ〜)の方を多く聞いていますね。

今日は中古CD店で、来年のそのライヴ(トトとボズ・スキャッグス)のチラシを観ました。どうぞ楽しまれて来てくださいませ〜。

* sihuku * 2007/12/26 10:40 PM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/81
Trackback
Bobby Caldwell 「Heart of Mine」(1989)
エイティーズAORの決定盤! このアルバムはリアルタイムでよく聴きました。私がAORを聴き始めたきっかけを作ってくれた大事なアルバムでもあります。 学生時代、特に夜のドライブには必ず持参してました。 これほどの愛着のあるアルバムですが、なぜかテープ
| 音楽の杜 | 2007/10/19 12:05 AM |