<< "NEXT GATE" LIVE/白井貴子&CRAZY-BOYS | main | TRILOGY(トリロジー)/EMERSON,LAKE&PALMER(エマーソン・レイク&パーマー) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
ONE OF THESE NIGHTS(呪われた夜)/EAGLES

イーグルスと言えば、やはり”ホテル・カリフォルニア”(1976作)は代表作!
もちろん!ボクも”ホテル〜”は好盤なのですが、個人的それ以上に”外せ”ないのが、この”呪われた夜”なんです。
何と言っても、♪”テイク・トゥ・ザ・リミット”が収録されているんですもん!
この曲を作り、歌うのが、ランディ・マイズナー(b)。
この曲の醸し出す?一種”イーグルスの空気”がとにかく好き。
詞も哀愁感があって切ない・・・。

※オリジナル(左)の”Take It to the Limit”といつだか最近?の再結成?!イーグルスの音的にも豪華な同曲ライブ(右)

アルバム全体的を聴くと、初期のカントリー色からよりロック色濃く変化が感じられ、前作途中(オン・ザ・ボーダー)からプロデュースする様になった、ビル・シムジクとバンドとの音楽的方向性が一致し始めた感はあるでしょうか。
イーグルスにカントリー的な音を求めるならば、初期の2枚・・・

ロック色あるなんて書いたものの、誰もが描くであろう?”イーグルス”というものはごく自然に感じられますし、それ以上にアルバム全体から色々な音色が聴こえて楽しめる。
タイトル・トラックでもある(1)”呪われた夜”の怪しげな??ベース音から始まり、(2)では、ワールドミュージック(東洋チック?)的な音色は面白いし、本作を最後に脱退するバーニー・リードン(g)作の(4)のインストもストリングス(ロイヤル・マーティン・オーケストラ)に絡む、フィドルやバンジョーと言ったトラッド風味もドラマチックな味わいがあって、アルバム全体に深みを与えていると思う。
(7)では、ドン・フェルダー(g)のボーカル&リード・ギターでロックに格好よくキメたかと思うと、続く(8)はお馴染みグレン・フライ、ドン・ヘンリーのツイン・ボーカルでしっとりと歌い上げ・・・
ラストに相応しくそして穏やかな(9)へ。(ボーカルはバーニー・リードン)

次作になる”ホテル・カリフォルニア”の影に隠れがち??な本作なんだろうけど、いわゆる”ウエストコースト・ロック”を代表する一バンドからアメリカを代表するロック・バンドへと成長する一歩前?夜明け前?と言ったところに位置し、さらには聴き所が満載だったりで興味はつきません。

ONE OF THESE NIGHTS(呪われた夜)/EAGLES
(1975年)
1.One of These Nights
2.Too Many Hands
3.Hollywood Waltz
4.Journey of the Sorcerer
5.Lyin' Eyes
6.Take It to the Limit
7.Visions
8.After the Thrill Is Gone
9.I Wish You Peace

Glenn Frey(vo,g,key)
Bernie Leadon(vo,g,banjo,mandolin,steel)
Don Felder(vo,g,slide‐g)
Randy Meisner(vo,b)
Don Henley(vo,ds,per)
sihuku | 音楽(ア行) | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
>sihukuさん、こんにちは!
最近、レヴュー・ラッシュですね(~o~)。

実は、イーグルスで最初に聴いたのはこの「呪われた夜」でした。
当時私は、スティーリー・ダンとドゥービー・ブラザーズは聴いていたのですが「イーグルス」は都会的な匂いがしなかったので、敬遠していました。(その割には南部系の土臭い、オールマンとかレーナード・スキナードは好きなーど・・・)
初めて聴いた印象としては「とにかくカッコイイ!」というもの。聴いていなかった事を、ホント後悔したものです。
私も「ホテル〜」で大ブレイクする前の序章的な感じがする、こっちの方が好きかな・・・。
* OASI-Z * 2007/09/10 3:49 PM |
>OASI-Zさま こんばんわ!

>最近、レヴュー・ラッシュですね(~o~)。

以前他のブログで載せていたのをこちらに移していまして...(o^_^o)
ボクの最初は(やっぱり!)”ホテル・カリフォルニア”でしたぁ〜(苦笑)しかも、アルバムでは無く、何かのコンピCDに収録されていたので・・・

>その割には南部系の土臭い、オールマンとかレーナード・スキナードは好きなーど・・・

(o^-^o)アメリカの”土の香り”するロック・・・イイですよね〜☆
* sihuku * 2007/09/10 6:35 PM |
>sihukuさま、こんにちわ!

「ホテル・カリフォルニア」というモンスター・アルバムが無ければ、イーグルスのその後の人生?も違ったんだよなぁ・・・、と思うと少し切なくなります。

>南部系の土臭い、オールマンとかレーナード・スキナード・・・
と書きましたが、音は全然土臭い(ブルースぽい?)どころか、洗練されていて好きです。
土臭く感じるのは、メンバーの写真の影響かなぁ〜(苦笑)。
* OASI-Z * 2007/09/11 3:46 PM |
>OASI-Zさま こんばんわ。

そのイーグルスも何十年ぶり??のオリジナル・アルバムを発表するそうですね!
前回”ベスト・アルバム”が発売された時に、その時の「新曲」がDVD付き!だったのでそのベスト盤を購入したのですが・・・
結局「ホテル・カリフォルニア」の存在は大きいんですね〜

>南部系の土臭い、オールマンとかレーナード・スキナード・・・

排気量の大きいバイク、ジーパン、髭面のオッサン、サングラス、必ずいる腹の出た体型のイイ人と逆に痩せてる人(金髪の髭??)、ハイウエェイ途中の小さなレストランでハンバーガー・・・☆(o^_^o)
カッコイイですね〜
* sihuku * 2007/09/11 9:43 PM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/56
Trackback