<< RAINBOW RISING(虹を翔る覇者)/BLACKMORE’S RAINBOW(ブラックモアズ・レインボー) | main | 横浜ベイスターズvs広島東洋カープ(23回戦) ※川村投手 現役ラスト!!登板 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
横浜ベイスターズvs中日ドラゴンズ(23回戦)

以前、球団のアンケートに答えるとチケットを抽選でお送りします!なんて、ベイスターズ球団からファンの皆様へ・・・とメールが来ていたもので、今季のベイスターズに対する憤り・不満等々、思いっきりぶつけつつそのアンケートを提出(苦笑)させて頂いたのですが、その言わば当たった☆チケットの観戦日がこの日(10月2日)でした。※多分、ハズレは無し!だと思います。何てたってスタンドはご覧の様にガラガラですからね〜・・。
そして、見事なまでの当たり日でしたね!悲しい

10月2日(木)18:00 観衆数:7765人
中日 0 0 0 0 1 0 0 2 0 3=6
横浜 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1=4

【投手】
(中)中田、小林、斉藤、清水昭、高橋、長峰、浅尾、岩瀬−谷繁
(横)三浦、石井裕、寺原−相川

【責任投手】
(勝)浅尾3勝1敗1S
(セーブ)岩瀬3勝3敗35S
(敗)寺原3勝9敗19S

【本塁打】
(中)ウッズ34号(5回表ソロ)、李炳圭15号(8回表2ラン)、16号(10回表3ラン)
(横)村田42号(1回裏2ラン)
【戦評】
中日は2点ビハインドで迎えた8回表、2死一塁から李が2ランを放ち同点とすると、試合はそのまま延長戦へ突入。迎えた10回、1死一三塁から李が2打席連続となる3ランを放ち、試合を決めた。中日はこれで5連勝。横浜は守護神・寺原が打たれ、泥沼の13連敗となった。 (ヤフー・スポーツ)

↑写真は痛恨被弾を喰らい、呆然・・・の寺原投手。あぁ〜〜悔しいーーっ!!!ショック


この試合の前日までにチームは12連敗中!・・・情けないっ!!のですが、まぁ・・今更、驚くような負け数でもありませんね。何せ、最下位驀進(バクシン)中!今季については愚痴、愚痴、負け惜しみ・・そして、愚痴!!でしかないところなのですが―。

今回はその頂いたチケでの入場(正直、かなり久々の生観戦です。)でしたが、場所は”内野指定席”でした。※内野B指定になります。→TV中継ではまず映りそうも無い、スタンドの上段の方がそのB指定になります!
チームの負け数とは関係無いのでしょうが、秋の夜風が寒いと感じる中でしたが、周りのお客さん方は、そのアンケートに答えた皆々様方(この一角だけ人口密度が高い/苦笑)・・・。なので、皆さんベイスターズの応援グッズを身にまとい熱心に応援される生粋!なベイファンの方々!安心しますね〜♪嬉しい
熱心と言っても皆、大人あるいは家族での応援なので、外野みたく騒ぐ〜♪雰囲気とも違って、のん気に野球観戦でした。

しかも登板が何だかんだ安定度はリーグでも屈指の指折り、ハマの番長こと三浦投手ですよ。1回の立ち上がりから、両チーム攻撃的に出るのですが、ベイスターズの内川、村田の両選手の打棒活躍でいきなり先取☆楽しい





内川選手のタイムリー・ヒットに続いて炸裂した村田選手のホームランッ!!


いきなり球場は連敗しているチームとは思えないその打撃陣の活躍もあって、盛り上がったのですが・・・・・ですが・・・・・ねぇ〜???(苦笑)

中日”落合監督”の必死の継投で巧く試合をコントールするんですよね!?この辺りの試合巧者ぶりが、今のベイスターズには皆無の芸当!!恐れ入ります・・(大汗”)

で、(またまた・・)何だかんだで同点にされちゃった!!!・・・そして、恐れ入ります・・(大汗”)。ウッドと李の本塁打は観たくなかったなぁ〜。。しょんぼり

↑降板する三浦投手・・・同点にされて、球場内のそれまであった勝利への風も空気も流れ変わってしまいましたね・・
三浦、1球に泣く=プロ野球・横浜
 横浜の三浦が1球に泣いた。「制球が良かったし、球も走っていた」と7回まで1失点の好投を続けていたが、8回二死一塁で李炳圭への3球目がど真ん中に。失投をバックスクリーン左まで運ばれて同点とされ、「打たれちゃいけないところで打たれた」と唇をかんだ。延長10回には抑えの寺原も李炳圭に2打席連続となる本塁打を浴び、チームは2002年5月以来の13連敗。エースは「自分のミス」と敗戦の責任を一人で背負い込んだ。(時事通信)


頼みの三浦投手も(守備面で若気の至り・・・?もあったりで〜)要所、要所で何とか持ち応えて、あるいは持ち応えようと必死だったのですが―。野球は結局チーム競技ですし、ゲームセットまでは相手に点を与えない方が優位に立つ!点を与えなければ負けないゲームですものね。。
その時、その時でベイスターズの選手も頑張っているのは、観ていてよく分かりますが・・・試合となると、ここまでチーム力の差があるんだなぁ〜と、細かい所でやっぱり中日の方が上手だったのでしょうね!(でしょうね!と言うよりかは、もうモロですね。じゃなきゃ〜”最下位”には居ないハズですから!)

展開での流れ的に幾度かベイの方に持ってこられたでしょうに・・・決定的なモノが無かった!それが悔しい所・・・。そして、まだまだのこの現状・・・あぁ〜ハズカシ。
10回の失点時は、個人的には”やっぱりな・・・”の展開でした。登板間隔も感覚も空いてしまって、ご利用は全然!計画的でもありませんし・・・。
選手の誰か一人、二人が悪い!のではなく、結局はチーム力が今季のベイスターズは乏しい。それを補うハズのベンチ采配も・・・全く機能性はありませんし(そんな印象は大ですよ。)・・・。

この連敗街道も団体競技の怖さでもあって、面白さ!?かも知れない!と日々無理やりに納得出来るハズもありませんが、そう我慢するしか・・・・ないのかなぁ〜悲しい



○↓岩瀬投手の”鉄腕ぶり”には驚愕ですね!
岩瀬、金字塔も反省の登板=プロ野球・中日

 中日の岩瀬が金字塔を打ち立てた。プロ野球新記録となる10年連続の50試合登板。先発はただ1度だけで、救援として積み重ねてきた数字を、「よくここまで来られた」と感慨深そうに振り返った。ただ、この日の登板では、3安打を許して1失点。記録達成から終盤の戦いへと気持ちをすぐに切り替え、「きょうのような不安な投球ではなく、きちっと終わらせたい」と反省した。(時事通信)




ランドマーク(タワー)が切なく観えますねぇ〜☆

2008年ベイスターズ観戦:
4試合0勝4敗

・・・今季は全く!!勝てません・・・


JUGEMテーマ:スポーツ
sihuku | がんばれ☆横浜ベイスターズ | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
こんにちは。

観戦&応援お疲れ様でした〜☆
言いたい放題でチケットくれるのは良い球団だな(笑)
真摯にファンの意見を受け取ってそれを活用して欲しいな。

>外野みたく騒ぐ〜♪雰囲気とも違って、のん気に野球観戦でした。

私も今はその雰囲気の方が好きです。落ち着く(笑)

みんな頑張ってくれてはいるのですが、最近は覇気が
感じられないことも多いかも。
一つのプレーをみても、あともうちょっと出来るでしょう…と
思う事もあります。このもうちょっとが大きな差に
繋がるように思います。

寺原投手も抑えに転向してからは何故か先発の時よりも
登板間隔が空いてしまってますよね(苦笑)
9日ぶりの登板だったかと思いますが、やはり感覚も鈍ります。

しか〜し出口の見えない連敗トンネルに入ってしまいましたね。
100敗は回避してますが記録を更新しちゃうかも(大汗)
それでも残り少ない試合、1戦ずつ大事に丁寧にプレーしてもらいましょう。

TBがエラーになっちゃいました。
また後でトライしてみまーす。
* 七色奇譚@管理人 * 2008/10/04 12:47 PM |
七色奇譚@管理人さま こんばんわ!

>言いたい放題でチケットくれるのは良い球団だな(笑)
>真摯にファンの意見を受け取ってそれを活用して欲しいな。

!!ですよね〜(爆)
内野指定(B)の一角、何箇所がそのアンケートのチケで入場されたと思われるベイファン!というのも・・・これで球場全体がベイファンで盛り上がっているのなら良いのですが・・・。中途はんぱに寂しい(爆)
そのアンケートも今後活かされるのか?どうなのかは分からない所がこれまたっ!?この球団の”らしい”所でしょうね(苦笑)。

>寺原投手も抑えに転向してからは何故か先発の時よりも〜

全くもって・・・”摩訶不思議”・・・大矢マジック炸裂ーっしていますね☆この夏場(他チームは大事な勝負を決めると言われる8月以降・・)を寺原投手は何試合登板されたのでしょ〜う(大汗”)。
これでチーム貢献度が低いとマイナス査定を受け過ぎたら・・・可哀想に。。ですね。
10日以上の登板の空く、”抑え役”と言うのも情けない話です・・。

昨日(4日)にその大連敗も止まってしまって・・・止まってくれて!!(笑)今日(5日)は川村投手の”引退登板”と言うことで急遽!?観戦してきました♪
が、・・・・・・負けた(泣)。
今季、ベイの勝ち試合観たことありません!!(爆)

コメントありがとうございました。

※TBの件。。大変失礼とご面倒をお掛けしています!!(??なんでだろう・・??大汗”)
* sihuku * 2008/10/05 9:00 PM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/343
Trackback