<< リチャード・ライト氏(PINK FLOYD)死去 | main | WELCOME TO THE REAL WORLD(ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド)/MR.MISTER(MR.ミスター) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
POINT OF KNOW RETURN(暗黒への曳航) /KANSAS(カンサス)

この9月24日には70’sアメリカン・プログレの雄!とも言えるべき”KANSAS”(カンサス)の黄金時代を捉えていた各作品が、紙ジャケ仕様として発売されていました!早速(上写真)、2枚を購入したのですが・・・
何故だか今回のリイシューで一番の期待感のあったライヴ盤”TWO FOR THE SHOW”(偉大なる聴衆へ)だけが入荷(23日時点)が遅れている??ようで、地元横浜のCD各店を廻ったのですが、全くありません!!でした。後日、再び足を運ばないと・・・。

TWO FOR THE SHOW”(偉大なる聴衆へ)は何とか!?購入する事が出来ました!・・・でも、RECOfan(レコファン・・・中古も新譜もあるCD屋さんです。)に1枚しか残っていませんでした。発売日なのに・・・なんでだろう??(苦笑)
通販サイトなら確実に購入できるみたいですけど・・。



今回のこの”POINT OF KNOW RETURN”(暗黒への曳航)は、彼らのデビューから数えて5枚目(日本デビューは’75年発表の3rd”MASQUE”仮面劇から〜)で、前作の’76年発表”LEFTOVERTURE”(永遠の序曲)での商業的成功やいよいよ充実させた音楽的世界観をも受けて継ぎ、同じく大ヒットした作品であります。
よくある”最高傑作”(個人的にはその言葉は・・”苦手”です。)とも呼ばれていますが、もちろんそんなのは聴く側の気持ち・印象で変わってくるとも思いますし、それこそ人それぞれでの感じ方が重要なのでしょうが、アメリカン・プログレ・バンドとして一時代を創造してきた”カンサス”とした時にやはり前作”永遠の序曲”とこの”暗黒への曳航”はそのバンドの”らしさ”をも感じ取れる一番最良で印象深い作品群と思っています!
その2枚で対をなす作品としても感じる事が容易ですし・・。

収録曲については、
オープニング(1)”POINT OF KNOW RETURN” (帰らざる航海)からドラマチック全快ッ!!に幕開けするのですが、最終曲までにはまさにメロディの大洪水状態で、メロディアスなロックが大好物♪な自分には、もう感動しっぱなし!!なのです。

(2)、(3)とシーンの偉大なる先人エマーソン・レイク&パーマーばりにハモンド・オルガン(か、もしくはクラビネットの類)がグイグイ曲展開も引っ張って行きますね。そのインスト曲(3)”THE SPIDER” (スパイダー)では、ドラムも強力にスタタ、スタタ・・スネアの音が心地良く、そのまま(4)”PORTRAIT (HE KNEW) ”(神秘の肖像)へと雪崩れ込みます。
オープニングから一気に聴かせるわけですが、当時のアナログA面最終になる(5)では、よりボーカル映えのある楽曲で、そのキーボード群やアコギの音色とともに重厚感もあって、片面の”締め曲”には合いますね。。

そうなんです!
今でこそCD時代は、最初から最終まで一気に駆け抜け聴かせる所ですが、この時代のしかも彼らは”アメリカン・プログレ・ハード”とも形容される”ツワモノ”バンド。
アナログ時代の”A・B”面を根底に、さらにそれぞれに意味を持たせた感のある音創りをもされているんですよね!
その片面の収録曲の表現自体で、そのアルバムの顔色や音像をもが変わってくるこの有り様!!・・・久々に感じ取れました☆

と言うことで(6)ではもう一度”開幕”するかの派手に演出されたハード(プログレ色濃い)なロックですね。途中、バンドのアンサブルでギターがソロを取るかの強力なギター・リフが聴こえてくるのですが・・・何かのギター・ソロに似た、どこか聴き覚えがあるのですが・・(忘れた!w)。また、この曲は前作に収録されていても何の遜色も無く感じますし、最後の最後は・・・”伝承”(前作に収録)でのイントロ・メロディをも彷彿させる終わり方・・・。
続く(7)”DUST IN THE WIND”(すべては風の中に)は、このアルバムからもシングル・カットされ一番のヒット(全米シングル6位の記録)をした楽曲です。このアコギを主体にさせたアンプラグド的な音像は、いつ聴いても感動なメロディで素晴らしいです♪これまでに数々のバンドがカバーされているようですね!

(8)はこのアルバムでは異色なリズム(ちょい!?ファンキー)な一面も魅せる、これまでにも風変わり?ですが、ソロではギターが粘り気のある?ハード・ロックな展開もあります。終盤にはカンサス恒例!?のヴァイオリン・ソロでフェイド・アウトへ。。

(9)、(10)はこれまた随分と豪華なる音演出感のある曲です。
この時代のカンサスは素晴らしいですね〜♪
そもそもの曲自体も良いのでしょうが、バンド・アンサンブルで細かに挟まれる各ポジション/楽器群のバランスの良さ!推しと引きや静と動というコントラストをも活かし起伏も強く感じてしまう全体像には、とにかく聴き入ってしまいますよ。





♪”POINT OF KNOW RETURN”(帰らざる航海)


♪”DUST IN THE WIND”(すべては風の中に)


シカゴだとか、ボストンだとか・・・このカンサスも米カンサス州出身者で組まれたバンドなのですが、自分たちの故郷の地名をそのままバンド名(センスのある?なし?はともかく/苦笑)にでも格好良く聞こえてくるから不思議です。。




POINT OF KNOW RETURN/KANSAS
(1977年)
1.Point Of Know Return (帰らざる航海)
2.Paradox (逆説の真理)
3.The Spider (スパイダー)
4.Portrait (He Knew) (神秘の肖像)
5.Closet Chronicles (孤独な物語)
6.Lightning's Hand (稲妻の戦士)
7.Dust In The Wind (すべては風の中に)
8.Spark's Of The Tempest (閃光の嵐)
9.Nobody's Home (遅れた探訪者)
10.Hopelessly Human (望みなき未来)
11.Spark's Of The Tempest - (Previously Unreleased, Live, Bonus Track)
12.Portrait (He Knew) - (Remix-ver.)
※11、12はボーナス・トラック


JUGEMテーマ:音楽
sihuku | 音楽(カ行) | comments(9) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
こんばんわ。

今度はKANSASですか〜。あまりに美味し過ぎる〜! (けど釣竿(○万円相当)を買う決心をしたため欲しいけど厳しい〜〜〜〜)  これらは旧盤で持っているので、今回は”待て”ですね。でも「Two For The Show」のCDは持っていないので何とか探して買います。

「Point Of Know Return」の詳細なレビューを読みました。さすがsihukuさん、詳細に聴き込んでいますね。このレビューを読みながらまた聴き直しています。KANSASは所謂”プログレッシヴ・ハード”に分類されるグループですが、実は私はプログレを意識して聴いたことがありません(苦笑)。でもプログレを意識しなくても聴き応え十分だったのがKANSASなのです。この2枚に加えて「Song For America」もいいですよ。タイトル曲を聴くだけでも価値があると私は思っています(もちろん他にも秀作が収録されていますよ!)。

この「Point Of Know Return」中、タイトル曲や「Dust In The Wind」がヒットしたことで、プログレ的な曲想が薄れていったのではないかと推測します。それが悪いことではないですが、でもやっぱりこの時代のKANSASこそがKANSASらしいと考えてしまうのはOVER 40years-oldの悪癖でしょうか(苦笑)。

因みに'90年代にリリースされた「Live In Whiskey」での選曲は1st〜「Point Of Know Return」までの曲ばかりでした。 何だ彼ら自身も同じように思っているんだぁ。
* Newk * 2008/09/25 11:23 PM |
Newkさま こんばんわ!

>あまりに美味し過ぎる〜! (けど釣竿(○万円相当)を買う決心をしたため欲しいけど厳しい〜〜〜〜) 

(o^-^o)。。○万円相当!??気になるぅ〜。。
Newkさん、冬場も川へ行かれるのですかっ!??


今回の”紙ジャケ"化盤は最近分(2000年代初め頃)のリマスターは施してありますが、そのライヴ盤”偉大なる聴衆へ”が2008年の新たにリマスターをされたそうです!(→その分、今回のリイシュー盤の中で、とりわけ注目されている様ですょ。)

CDの旧盤はベスト盤のしか聴いたことが無いので、区別は出来ませんが、今回のもそれほど劇的な変化は・・・どうなんでしょ〜う??(苦笑)
旧盤でも構わないと思います。

>「Song For America」〜

は、そのライヴ盤”偉大なる聴衆へ”のオープニング曲ですね☆カッコイイですね〜♪(初めて聴きましたっ!!)

彼らのこの黄金期(!?)を過ぎて、メンバー交代ら激動の時期に発売されたアルバム(現パープルのgスティーヴ・モーズの参加されたもの)も聴いた事はあるのですが、個人的にもやっぱりこの今回のリイシュー盤での時期には、とても興味あります。そして、本作”暗黒への曳航”の出来は素晴らしいと思いました!ハマっています!!

コメントありがとうございます。
* sihuku * 2008/09/26 6:15 PM |
こんばんわ。 sihukuさん。
お仕事は順調ですか?? (質問者:マーシィです)

>(o^-^o)。。○万円相当!??気になるぅ〜。。
女房に聞かれるとマズイのですが(^_^;)、購入予定品はサケ用のフライフィッシングロッドで元値は¥90,000くらいです。これをUSED品で¥35,000〜¥38,000に交渉中です。 同様なSPECのロッドは所持していますが、10年近く使っていまして最近傷みが目立ってきました。ターゲットが国内最強クラスのパワーを持っていますので、スペアが必要になってきました。 因みに今年も絶好調で、美味いイクラをGET済みです! 明日も行ってきます。

>Newkさん、冬場も川へ行かれるのですかっ!??
昔は吹雪の中でも行ってましたけど、釣れるチャンスが少ない上、何より寄る年波に勝てず暖房の効いた部屋で温々しています(苦笑)。代わりにスキー場には結構行ってますよ。 昔と違って今はi-Pod nanoがありますのでリフトやゴンドラに乗っていても退屈しないですみます。(と無理やり音楽ネタにもっていきました(汗)
* Newk * 2008/09/26 10:21 PM |
追伸です。
人のブログで自慢話するという最低の事をしますが(苦笑)、こんな奴を釣ってます。


http://upper.rara.jp/photo/4ed3be3c8913ce98c847c86b59d37ed1/1092785

(本写真は友人のWEBサイトに掲載させてもらった、私が釣り上げたものです)
* Newk * 2008/09/26 11:02 PM |
Newkさま、マーシィさま こんばんわ!w

>サケ用のフライフィッシングロッドで元値は〜

!!!フッシンング(釣竿ももちろん!)は詳しくありませんので・・・正直、ビックリ!!な価格ですね(大汗”)
でも、趣味の世界・・やはり上限にはホント!キリはありませんよね〜。。
ココだけの秘密ですね!?(^_^;)

>因みに今年も絶好調で、美味いイクラをGET済みです! 明日も行ってきます。

ボクの様な素人ものから思うと・・まさにっ!?テレ東(tvです)の釣り番組の感覚ですね。。
・・・実はボクはイクラちゃんはダメなんです(苦笑)。あの赤子の身を食されてしまうのですね〜。。(>_<。) うぐぐぅぅ・・・・涙””(・・・冗談であります♪)
美味しいイクラ〜♪明日も気を付けて、そして満足な成果を祈っています!!^^

※ライオンズが先ほど”札幌D”でリーグ優勝を決めましたね。北日ハムの多くのファンもその優勝を称えているかの拍手をされていて、北海道の野球ファンの素晴らしさを強く感じました☆・・・我が応援する横浜ベイは成績が成績だけに・・・これまでは素晴らしいとも言われていたファンも文句・不満の噴出だらけで・・・ってもちろん自分もなんですが(笑)・・。
西武の優勝が羨ましく、日ハムファンの潔さにも感動しましたっ!

※Newkさん、
>人のブログで自慢話するという最低の事をしますが〜

いえいえ全然!!構わない(どころか嬉しい〜♪)のですが・・・ウチのPCが悪いのか?URLの問題?なのか・・・写真が観れません(>_<。) 。
ページはジャンプしますが、画像がアップされない様なんです。。

※マーシィさん
元気で過ごしていますょ=
いつもご心配(ホント!!に)ありがとうございます。また東京へいらした際は、宜しくします〜♪m(_ _)m


コメントありがとうございます。
  ・・写真観たいデス^^
* sihuku * 2008/09/26 11:49 PM |
3年位前のリマスター&ボーナストラック付き再発で抑えたのに、今度は紙ジャケですか。
最初から紙ジャケで出して欲しかったです。
とほほ。
「偉大なる聴衆へ」は完全版だそうで、これだけは買う予定です。
カンサスの「Song For America」は大好きな曲です。
プログレビギナーの頃に聴いた思い出深い一曲。
血沸き肉踊るフレーズの応酬に鳥肌です。
* ミモサク * 2008/09/27 3:14 AM |
こんにちは〜
僕もこの2枚購入しました。記事、TBさせていただいたんですが、なんか反映されないようで・・・

なんだかんだでこのバンドちゃんと聴いたのは初めてなんですが良いですね〜 「暗黒への曳航」も素晴らしいですが、個人的には「永遠の序曲」がかなり気に入りました。
* shintan * 2008/09/28 5:34 PM |
ミモサクさま おはようございます!

>「偉大なる聴衆へ」は完全版だそうで、これだけは買う予定です。

ボク自身、その前回のリマスター盤(今回のと音源自体は同じと思います・・)は購入していなかったので、今回の紙ジャケ化では即買い状態でした♪

「偉大なる聴衆へ」だけが、その最新(’08年)リマスターなんですよね!これはファンの方はもちろん!興味ある方は”買い状態”かもしれませんよね。何故か地元では現物をあまり目に出来ません・・・。
今回、初めてこのライヴ盤を聴いたのですが・・・”鳥肌”します!!^^

コメントありがとうございます。
* sihuku * 2008/09/29 5:48 AM |
shintanさま おはようございます!

>TBさせていただいたんですが、なんか反映されないようで・・・

この”jugem”ブログと”エキサイト”ブログと相性??が悪いですよね。。
実はエキサイトへ引っ越そうかとも思っているのですが・・・まだ何となくこの”jugem”に居座ってしまっています(^_^;)アセアセ。
せっかくの機会を大変失礼致しました。

この2枚のアルバムの頃の彼らはホント!素晴らしい〜♪ですよね!今回、こうして聴いて改めてハマってしまっています。

コメントありがとうございます。
* sihuku * 2008/09/29 5:54 AM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/333
Trackback