<< LISTEN!BARBEE BOYS 4/BARBEE BOYS(バービーボーイズ) | main | ゆがふ/普天間かおり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
HOW THE WEST WAS WON/LED ZEPPELIN

9月には待っている方もそうで無い方も、いよいよ”新”紙ジャケ盤(SHM-CD仕様)が出ますね!限定BOX仕様も注目度高いでしょうし・・・
自分的には機銑靴犬泙任旅愼予定だけで”止め”ておくつもりです。
犬魯團鵝と来ませんでしたが、その機銑靴離献礇韻肇ビのバランスがカッコイイかな?と思えたので・・・。※気榔修離拭璽灰ぅ此Ε屮襦縞源色ですからね。。一番の注目を浴びるでしょうか・・。
BOX仕様ももちろん!気にはなっているのですが・・・そこまでのマニアでもありませんし、音源的にも日々聴き馴染んでいるものですし。。
購入される方を羨ましいと思いつつ・・・
いずれ、リマスター盤でも出てきたら・・・
迷わず”全買い!!”と言うことで(苦笑)。
発売元(ワーナー)のツェッペリン専門のサイト

そんな中でツェツペリン名義のCDで久々に聴き入れたのが・・・
このライヴ盤”HOW THE WEST WAS WON”です。この作品のスグ前にバンド初期の頃のBBCライヴの音源編集版が出ていたかと思いますし、この本作品とほぼ時を同じにDVD版も出ていましたね。
どれも”公式”扱いの言わば”新譜”盤(音源、映像でもブートレグではあったそうですが・・)だったこともあって、発売日とさらに聴いたときはとても興奮しましたね♪

↑写真は昨年(’07年12月)行われた再結成ライヴから

オープニング(L.A. Drone)の始まるぞ!始まるぞ!来るぞ!!来るぞ!!の期待感から唸り高まる歓声どよめき音に連続する(2)”Immigrant Song”(移民の歌)のテンション高いあの”アァ〜・・アァ〜・・”凄味。

その凄味はCD3枚目のメドレー長尺形式での圧倒的なパフォーマンスを魅せる(1)”Whole Lotta Love”(胸いっぱいの愛を)を通過し、最終の(4)”Bring It On Home”(ブリング・イット・オン・ホーム)まで約150分間も当時の熱い個々のパフォーマンスやグルーヴ感をも真空パッケージ(音源が古いものだけに多少はペイジ氏のリミックスな演出効果もあるでしょうが・・)されているだけに、聴く側は悶絶状態してしまいますよ〜。。


”ツェッペリン=ライヴ・バンド”

 ”彼らの魅力はライヴにあり!”

・・・と言ったところでしょうか。


私的にはこのライヴ盤での(7)”Stairway To Heaven”(天国への階段)は、同曲の公式音源の中でも特に好きで贔屓目になるパフォーマンスです。個人的にはアルバム”永遠の詩”バージョンはあまり好きでは無いのです・・・。
中間部のジミー・ペイジのギター・ソロはどの”天国への〜”でも完成の域??に達したのかの(勝手な)印象で・・・ゾクゾク感動してしまいます♪


最後に・・・
全編に渡りジョン・ボーナム(ds)の存在感もやっぱりすごいっ!!




HOW THE WEST WAS WON/LED ZEPPELIN
(2003年)
ディスク1
1.L.A. Drone
2.Immigrant Song
3.Heartbreaker
4.Black Dog
5.Over The Hills And Far Away
6.Since I've Been Loving You
7.Stairway To Heaven
8.Going To California
9.That's The Way
10.Bron-Y-Aur Stomp
ディスク2
1.Dazed And Confused
2.What Is And What Should Never Be
3.Dancing Days
4.Moby Dick
ディスク3
1.Whole Lotta Love
2.Rock & Roll
3.The Ocean
4.Bring It On Home

ロバート・プラント(vo,harmonica)
ジミー・ペイジ(acoustic and electric g)
ジョン・ポール・ジョーンズ(b,key,mandolin)
ジョン・ボーナム(ds,per)

JUGEMテーマ:音楽
sihuku | 音楽(ヤ・ラ・ワ行) | comments(9) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
sihukuさん、
お久しぶりです!!お元気でしたか?オフ会いけなかったので、残念でしたが、みんな楽しそうでしたね(^^)
まあ、行ったとしても最近あまり音楽を聴いていなかったので、みんなの話について行けないかな。
ゼッペリンいいですね〜!Disc1のラインアップをみて、ちょっと欲しくなりましたよ。でも、去年の再結成ライブの映像はみんなの年齢を感じる分、ちょっと寂しいですよね。。。70年代の、派手は全身スーツを着た最高に格好良いジミー・ペイジの姿が、影も形もなくなっていて、ちょっとショック。最近のPoliceのライブに行った友達が、Stingの老けぶりにショックを受けたのと同じかな。(^^;)もちろん、どちらも音楽は年をとらないので見た目は関係ないのですが。
しばらく行っていなかったので、岡田屋のタワーレコードに行ってびっくり!なんか、ビルの数階分がなくなっていたり、お店の位置が変わっていたりしていましたね。浦島太郎になった気分でしたよ。へへ
今は、せっかくオリンピックをやっているので色々見ています。開会式も途中で眠くなったけど、結局最後まで見ちゃいました。でも、途中で歌っていた少女が口パクだったのはびっくりしました。私の目には、本物の方が自然でかわいらしく見えるのですがね〜。Sihukuさんはどう思いましたか?
今日の柔道も、鈴木選手が負けてしまって残念でしたが、彼が初戦で負けた相手(モンゴルの選手)が金メダル取ったくらい強かった
からしょうがないのかな。
体操も冨田選手は一歩及ばず残念だったけど、銀メダルとった内村選手の鉄棒と床は綺麗でしたね〜。体操といえば、昔、惚れ惚れするほど綺麗な演技を見て凄いな〜と感心した李小双も聖火リレーで走っていましたね。今は、自分の体操エリート養成学校を持っているらしくて、「未来の李小双になれ」をモットーにスパルタ教育を施しているらしいです。このままだと、体操王国の名はあちらに持っていかれたまま、戻って来ないのかと心配になりますね。
なんか、関係ない話を長々と書いてしまってすみません m(−−)m
* funky_renegade * 2008/08/15 12:43 AM |
funky_renegadeさま おはようございます!
あちらのオフ会は参加されるかと思っていましたが・・・残念でしたょ〜。。
落ち着いた雰囲気?空気?のオフでした。(皆様、大人の方々ばかりでしたし・・)そんなに密度の濃い?音楽話もなく、お互い近況なお話だったり・・・で、自分的には気楽に楽しめました!またfunky_renegadeさまとも機会があれば・・・ですよね☆
個人的にはこういう機会でもないと都心へは中々、足も伸ばさずなので、新宿ディスク・ユニオンで買い物も楽しんできた!というのもあります♪^^

>岡田屋のタワーレコード〜

は、月一ペースで寄っていますが、それでも建物自体のテナント店舗の変貌ぶり・・・そのタワーの配置転換の変わり様に、日々驚かされています(笑)。
CD店で配置が変わると目が慣れるまで結構大変だったりですよね!?^^
※4?3?階に新規にオープンしていた”緑茶”をメインにしたカフェ屋さんが気になっています。。高いのですが(苦笑)。

>せっかくオリンピックをやっているので色々見ています。

!もちろんスポーツ好きのボクも日々観ていますよ〜♪^^
長かった!!(・・・疲れた/笑)開会式も案外!?良かったですね。ちょっと凝り過ぎじゃない?と思いましたが・・で、また後から色々とゴシップネタ(その口パクとか・・)にもなるような記事も観ますが、個人的にはあまり気にしていないです。。
競技でウソ・偽りが無ければ・・・それで良いんです〜

で、”柔道”は・・・日本選手陣の不甲斐なさもあるのでしょうが、やはり”判定”は”柔道”そのものの面白味すら奪うかの様で”???”が相変らず多かったですよね。。
※個人的には早いとこ国際柔道連盟?(国際機関)を脱退してでも、日本の柔道を守って欲しい!と思います。柔道はポイントを争う競技じゃないと思うので・・・
勝負での勝ちor負けは結果なので、しょうがない部分もあるでしょうが、第三者の人為的な見解や価値観でその都度、色々な解釈が生まれてくるのには、見ていて拒否反応を起こします(苦笑)。
やっぱり”一本”ありきのはずなのに・・・よく見ますが”JUDO”はつまらないです・・。日本は柔道に拘って欲しいものです。。

体操だけではありませんが、元は共産圏の国々はその競技に対する人材教育はスゴイ!ものがありますよね。
卓球の中国人帰化選手が各国へ散って、その国の代表選手になっているのも・・ある意味、面白いですが、それって五輪の意味が無いじゃ〜ん!!??ですよね(笑)。
水泳の予選では、先に出てきている選手はその殆どがアフリカ系(黒人が多かった・・)選手で争われ、段々と先進国の白人系の選手が多くなってくるのも、しょうがない事かも知れませんよね〜
アフリカみたいな所にプールなんてあるのか?無いのか?その前にプールに水を溜める前に自分たちの生活の水を確保するでしょうし・・・

昨晩(16日)は陸上100m男子で”新記録”が出ましたね☆ジャマイカの選手??意外でしたぁー
明日は女子マラソンですし・・・

※うぅ・・コメントが無駄に長くなりましたぁー
また、五輪話・・・しましょう〜♪(^_^;)キリがありません。。


わざわざのコメントありがとうございます。
まだまだ暑い日が続きますが、どうぞ体調は崩さぬように!お過ごしくださいませ〜
* sihuku * 2008/08/17 4:41 AM |
>sihukuさん、おはようございます。ご無沙汰しております。

ツェッペリンも遂に紙ジャケですか〜。しかも噂の(笑)SHM-CD仕様で!!
ツェッペリンで思い出すのは5枚目の「聖なる館」です。
当時、小学生だった私はレコード屋のいたるところにディスプレイされた「刺激的」なアルバム・ジャケットにとにかく圧倒されたものでした。
(でも、その時はツェッペリンの事を良く知らなかったので、完全無視でしたが・・・(笑))

でもsihukuさんが仰るとおり、聴き馴染んでいる昔のCDって購入を躊躇しますね。購入時のドキドキ感は無いし。(出費に対するドキドキ感は有りますが(笑))購入しても1〜2回聴いたら、聴かなくなってしまうのが見えてるし・・・。

どれだけコレクターズ・アイテムとしての価値を見出すかに、かかっているんでしょうね。(でもBOXほすぃ〜)

>オリンピック〜

なんでもお盆期間中にオリンピックが開催されるのは、初めてだそうで。(高校野球が裏で泣いています(T_T))しかも時差が1時間しかない北京での開催と言うことで、ライヴで世界的な瞬間を見る事が出来るのは貴重ですね〜。
その中では北島康介の100m決勝。事務所を抜け出し無理やり用事を作って車内のTVで観たのですが「チョー興奮」しました。
前半50mのターンでは3番手だったのにもかかわらず、ターンから水面に出た時には頭一つリードした時は驚きましたね。あのキック力があったこそ世界一になれたんだなと思います。(WRも納得!)
優勝直後のインタビューで「なんも言えねぇ」と言いながらタオルで目を押さえた北島選手に、こちらも思わずもらい泣き・・・。

今大会で金メダルを獲った人の殆どが、前回アテネでも金メダルを獲った人。でもこの4年間を順風満帆に過ごした人は一人も居ないと言うのが、オリンピックの難しさを物語っているのだと思います。
その人知れない苦労と努力が、試合後の涙につながるんでしょうね〜。

それから陸上100m男子で驚異的な世界新を出したボルト。
決勝で2位以下にあんな差がついたのは、初めて見ましたね。(最後は流していたし・・・)
オドロキと言うより、人間の限界を超越してしまった「夢のタイム」に私は呆れてしまいました。

あとは「どうした星野ジャパン!」ですね。
ここからの奮起に期待です。

五輪の話題になるとつい長くなって・・・。スイマセンm(__)m。
* * 2008/08/18 10:00 AM |
>sifuku様

↑のコメントは「OASI-Z」です。
nameが何故か入っていませんでした(>_<)。
大変申し訳け有りませんでした。

星野ジャパン、なんとかカナダに勝ちましたね(^^♪。
* OASI-Z * 2008/08/18 5:57 PM |
OASI-Zさま こんばんわ=

>ツェッペリン〜

正直ボクもその今回は・・”BOXほすぃ〜”状態なのですが、多分わざわざ聴かないでしょうし、最悪、旧盤を聴いているでしょうし・・・そうなるとまるで意味ありませんし(笑)。次回出るであろう新規リマスター盤に期待を残します!!(今回はググッ☆と我慢です^^)
※出費に対するドキドキ感が最近は辛いのです(爆)

>オリンピック〜
!ホント、今回は深夜(早朝・・)放送が少ないのはある意味ありがたいですね。観れないのは結局、深夜の各局で放送している”録画”でチェックなのですが。。
タイムリーにしかもライブに記録更新が観れるのはウレシイです♪

>北島選手に、こちらも思わずもらい泣き・・・。

感涙”でしたね。。あの無言のわずかな時間にどれだけの”想い”が詰まっているかと想像・妄想するとこちらもググッと来ます・・。※来ました!(>_<。)

>陸上100m男子で驚異的な世界新を出したボルト。

まさにっ!??ユージ織田バリに・・・”霊長類を舐めんなよっっ!!”状態でしたか?
・・・!?アレは象に向かって言ったコメ??
とにかく!!流しての余裕?で新記録にはビビリましたぁ〜。歯が立たなかったパウエルって・・・汗”

>星野ジャパン〜

は、故障者(西岡、川崎の両選手)が痛っ!!のですが・・・
きょうのそのカナダに勝利して、個人的には決勝T進出は決まったようなものです。ただ、相手がキューバになるかも〜??で今大会もメダルは厳しいでしょうか。。

高校野球は今大会は観れる機会も多く、素晴らしいプレー、選手も多く良かったですね〜♪将来が楽しみですよ=

逆に将来を危ぶむのが・・サッカー男子!!!ですよね。。
最後には造反だとか・・嫌な負け方、終わり方で。。

今夏はスポーツは熱かった!ですね^^

コメントありがとうございます。
* sihuku * 2008/08/18 6:40 PM |
こんばんは!

>星野ジャパン〜
正直ちょっと拍子抜けぎみかな・・・キューバと韓国に勝てなくて金とれるのか〜?!と少々不安になってきましたよ。

メダルを勝ち取るような選手は、国籍を問わず、素直に凄いな、って感動しますよね。なんとなく、どの国が何個メダルを取ったかなんて関係ないと思うんですよ。凄いのは、選手で、別に国が凄いわけじゃないですから。4年間、苦しんで、頑張って、身を削って努力した結晶ですもんね。
* funky_renegade * 2008/08/18 6:53 PM |
funky_renegadeさま こんばんわ!

>星野ジャパン〜
は拍子抜け!と言ってしまえばそうですし・・・
個人的には応援しているチームから”派遣”されている村田選手の不調が・・・とにかく気になるところなのです。彼の能力はまだまだ全然、披露されていませんし・・。
一応、19日も勝利して決勝T行きは確定しました☆
これからキューバ、韓国とのリベンジでっす!!w
野球ファンとしてもまだまだ楽しめる♪ので、嬉しいですよぉ〜

>素直に凄いな、って感動しますよね。

どんな競技、どんなスタイルでもやはり出場していること自体も凄い!!ですし、そのための鍛練、訓練も凄い・・・ですよね。
その”結晶”にただただ賞賛するのみ!です。。
五輪に出るまでは自分のために・・・五輪でのその結果はもちろん己のためにでもありますが、その競技の未来へのまさに架け橋の役割も担っている訳ですし・・・ホント!メダルの色なんて特に必要性もないでしょうね。
シンクロの演技を観て、僅かな時間内のためにどれだけ苦を味わってきたのかを考えると・・・表面上はとても”綺麗”なのに・・・
す、すごい!感動ですよね。
* sihuku * 2008/08/20 12:54 AM |
>sihukuさん、おはようございます。

>星野ジャパン〜

アメリカ戦に勝てば準決勝で「キューバ」、負ければ「韓国」ですか・・・。
アメリカ戦でどういう戦い方をするのか、星野采配が見ものです。
ダルビッシュはどこで使うのでしょうね〜?

ところでロッテの「渡辺俊介」はどうして選ばれなかったのでしょうか?
WBC後、調子を落としていたというのもあるんでしょうし、チーム事情(ペナントレースを考慮)もあるので難しかったのでしょうか?
でも、あのサブマリンは魅力だと思うんですけどね。

>素直に凄いな、って感動しますよね。

ハンマー投げの室伏選手がメダルを惜しくも逃した試合後のインタビューで「この1時間の為に4年間毎日練習を頑張ってきた。結果は出なかったが、満足している」というような事を言ってました。
僅か1時間の競技時間の為に・・・と言うところで私は純粋に「凄いな」と思いましたね。
野口みずきさんのようにレースの舞台に立てない人も居るわけだし、本当に4年は長く厳しい毎日だったんだろうな、と思います。

逆にいうと「4年に1度」だから色々なドラマや感動が生まれるんでしょうけどね。
この五輪をいかにして「ピーク」で迎えるか。
実力だけで無く「運」もメダル獲得には、必要なんでしょね。
* OASI-Z * 2008/08/20 8:56 AM |
OASI-Zさま こんにちわ!

>星野ジャパン〜

今日は”負けて”欲しいですねっ!(爆)いきなりキューバとやるよりかは、まずは韓国を撃破し(WBC時みたいですが・・・)、その後に強敵と一騎打ちを望みたい所です。(そんな余裕も無いでしょうが・・)

ダルビッシュはもうそろそろ今日登板なのでは?そして、決勝にも登板で^^
もうすでに韓国戦への対策・対応も出来ているでしょうし、全勝で調子良い韓国ですが、倒せないまたキューバよりも戦い易いのではないでしょうか。ボール球も振ってきてくれますし・・・。
”敵はキューバ”です^^

>「渡辺俊介」はどうして選ばれなかったのでしょうか?

・・何故でしょう〜??(^_^;)
多分に、必要な投手ではありましたが、人員の配分でしょうがなく。。だったのでは無いでしょうか!?先発ローテ役、中継ぎ〜抑え役にも数が決まっていて、適材配置の関係上で・・・。先発ローテで、ダル、涌井、和田、成瀬(杉内)の4、5人は今季成績、経験、さらに左右投げの関係もあって早々に決まっていたのでしょうし・・
中継ぎも自ずと決まってくるでしょうし・・・渡辺投手は先発向きですし・・ただ来季のWBCには選出は間違いなのでは??

>五輪をいかにして「ピーク」で迎えるか。

まさに!?知力・体力・時の運!でしょうか。
今回のマラソン野口選手の件は、これから選手、管理する監督・コーチらのチーム、選手を選考・選出協会や連盟への一つの問題提議になりましたよね。
柔道も体操も水泳も・・・あとサッカーの男子なんかも、この北京五輪がこれからの日本スポーツ界の発展へのターニングポイントへとなるか!??
五輪での結果報告の報道も楽しみですが、これからどうして行くのか?みたいな現状を反省しつつ将来をも語る様な番組・報道も観たいですね〜。。

努力して技も精神も長い時間を掛けて鍛える!!

・・・もうボクのようなうつけなへっぽこ者が語る資格は無いのですが。。汗”

コメントありがとうございます。
* sihuku * 2008/08/20 3:19 PM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/302
Trackback