<< MAGNETIC(マグネティック)/STEPS AHEAD(ステップス・アヘッド) | main | HOW THE WEST WAS WON/LED ZEPPELIN >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
LISTEN!BARBEE BOYS 4/BARBEE BOYS(バービーボーイズ)

もう暑いっ!しかも・・ジメッと。。自身この季節はホント、駄目なんです〜・・苦痛です。。(苦笑)そんな苦痛をも感じる、つい先日の日曜日の中古屋”巡回”時に購入したのが、このバービー・ボーイズの”LISTEN!BARBEE BOYS 4”でした。

いわゆる世間様で言う所の、R35Over35世代の方々(自身36デス)には、懐かしい邦楽ロック・バンドだと思います。彼らが活躍されていたその時から、もちろん!ミーハーなボクも好んで聴いていましたが、こうして改めて聴くと”新鮮!”に思えてくるのが不思議です。

今の時代にもわりと(当時も)希少的な男女混声バンドです。”男女混声”自体はもちろん今の時代(過去も)にも、多く存在したのでしょうが、このバービーの混声は独特でオリジナリティな世界観をもあるように感じていました。
バービー・ボーイズの男女混声のボーカル・ワークは、常に同等・対等な世界で歌い合って(競演して)います。それは斬新なアイデアでもあるでしょうし、それが一番の新鮮味を感じました!
当時の自分も本作品あたりからの彼らに特に興味が湧いていたよう憶えています。
当時はレンタルで済ませてしまっていたので、今回、思わず旧盤にも関わらず購入してしまいました。・・・確か彼らの作品は紙ジャケ再発でしかもリマスター盤が出ていたかと思います。。


何せ二人のボーカルのそのどちらも存在感は引けをとってませんからね。どちらかの片方だけが”リード・ボーカル”という体制でもなく、楽曲によって色々と変化を付けられる混声ボーカル表現力!
その器用さも彼らは持ち合わせていたんでしょうね。それが他の男女混声グループ/バンドには無い、彼らだけの特徴と個性・凄味であって面白いと思う魅力!の一つでもありました。

妖艶なダンスも披露する杏子の女性ボーカル(ライヴではも〜う非の打ち所のないっ!カッコ良さ!笑)と、ときには攻撃的に吹きぶっ飛ばす!かのフレーズが印象に残るソプラノ・サックスを片手に男性ボーカルも兼任するKONTAを中心にロックで力強いビートを効かせてましたね。それに絡むこれまた流れるフレージング、刻むカッティングで攻めるかのギター音色は独特な雰囲気をも作って、それらの独特なバービー・ボーイズのサウンドは唯一無二的で斬新な音楽観にも新感覚邦楽ロックの印象を持つことが出来ました。


この本作品の各収録曲タイトルもどこか抽象的と言いましょうか、タイトル見ただけではどんな音楽を演っているのかも想像つきませんよね!
当時、CM起用等の影響もあり彼らを一躍スターダム!?へと押上げた感のある(2)や(5)の存在感もこの作品の代表曲かと思いますが・・。
さらに、(4)”ごめんなさい”ではイントロから攻撃的なリズムのビートへ絡みつつ、より煽っているかの存在感のあるサックス音も耳に残るフレーズじゃないでしょうか。この曲も当時何かの番組で起用されていたのは憶えているのですが・・・忘れましたっ!下の”ユー・チューブ”の映像も貼りましたが、杏子の暴れっぷり?なダンスが最高☆じゃないないですかっ!w

♪”ごめんなさい
※ユーチューブの映像ですが、リンク切れの場合あり。


その(4)と同タイプで激しいロック色濃い曲が(6)”わぁい わぁい わい”です。この(4)に限らず、全体的にも詞が面白いです。このバービーの楽曲ソングライティングの殆どがギターのいまみちともたか(バンドのリーダーでもあるらしい・・)が行っている様ですが、語呂合わせも独特で面白いですね。
(7)”涙で綴るパパへの手紙”もその詞世界(ここでの詞はKONTAですが)、聴こえてくるサウンドとその詞となる言葉との、ある意味アンバランスさが彼らの魅力でもあるんだな・・・とも思いますね。

そのままの勢いは落さずに(9)や(10)と言ったアルバム終盤へと向かっても、
彼らの魅力は薄れずダレも無く最終にして哀愁さも感じる(11)まで一気に聴かせてくれてますよ=

今春にどうやら一時的にバンド活動を復活されたみたいなのですが、
もう演らないのかな??^^


♪”わぁい わぁい わい
※ユーチューブの映像ですが、リンク切れの場合あり。


LISTEN!BARBEE BOYS 4/BARBEE BOYS
(1987年)
1.はちあわせのメッカ
2.泣いたままでlisten to me
3.Dear わがまま エイリアン
4.ごめんなさい
5.女ぎつねon the Run
6.わぁい わぁい わい
7.涙で綴るパパへの手紙
8.−夜の街−
9.Noisy
10.くちにチャック
11.ナイ−ブ

KONTA(近藤敦)(vo,sax,flute)
杏子(vo)
いまみちともたか(g,vo)
ENRIQUE(b)
小沼俊昭(ds,vo)

JUGEMテーマ:音楽
sihuku | 音楽(ハ行) | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
おはようございます。
R35(もうすぐ40。笑)の私には当然懐かしいバンドです(^^)。
ただ、当時はスライダーズやレッド・ウォーリアーズなんかを聴いていたのであまり夢中にはなりませんでしたが、でもやはり実力派で、しかも異彩を放っていましたよね!!二人の強烈なボーカルとエンリケのギターがカッコいいですよねえ!!
* 波野井露楠 * 2008/08/09 8:31 AM |
>波野井露楠さま こんばんわ!

スライダーズやレッド・ウォーリアーズらと比べてしまうと当時なら”売れ線系”??扱いされてもおかしくないかも知れません・・・。
このアルバムを久々に聴いて、ユーチューブで(ライヴ)動画を観たら、今のバンドとはまた違う”異彩さ”、”熱さ”、”激しさ”をも感じ取れて、それはそれで再発見!でした=

”レッド・ウォーリアーズ”も懐かしい名前ですね^^(ボクはそれほど詳しく無いのですが・・苦笑)

わざわざのコメントありがとうございます。
* sihuku * 2008/08/09 10:29 PM |
こんばんは!
偶然にも最近の通勤時のお気に入りは、バービーボーイズです。
何だったんだ7daysとか聞いて会社に行くと、高校生の頃を思い出します。
って世代が思いっきりバレバレですね。(笑)
* YAS * 2008/08/20 2:11 AM |
YASさま こんにちわ!

>偶然にも最近の通勤時のお気に入りは〜

ボクは家に居る時に聴くがもっぱらでして、就寝前にこのバービーの音を聴くと・・・
寝れなくなっていました!^^
何か?目が覚めてしまって。。


サザンオールスターズのライブが始まりましたよね!!w
生観戦されるのですよね?とても羨ましく思います。どうやらラジオで時間の関係上相当のカットが入るでしょうが、そのステージの模様を伝えてくれる番組が放送されるそうで・・
それを楽しみ♪に待ちます。。

初日もかなり!!盛り上がったそうですね。。
※最近、なぜか?サザンの”YOU”の歌が脳裏のさらに奥で響いております♪(苦笑)

コメントありがとうございます。

* sihuku * 2008/08/20 3:30 PM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/296
Trackback