<< 初恋〜浅き夢みし〜/村下孝蔵 | main | 注文していたCDがきました〜・・その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
CRAZY NIGHTS(クレイジー・ナイト)/KISS

この6月末(25日/水)は、とんでもなく大量の新譜・再発盤が発売されていました。個人的にも色々と楽しみにしていた作品が多かったのですが、MOUNTAIN(マウンテン)の紙ジャケ・シリーズが特に!!と言ったところで、早速、CD店へ行きました。が、1日遅いだけでも随分と違うもので・・・(苦笑)
※実質24日の火曜日には大手CD店の店頭には並んでいたかと思いますが。。
注目度・人気度の高い2ndと3rdだけでもとにかく購入しようと思っていたのですが、すでにありませんでした!・・・スグに補充はされるのでしょうが〜(結局、通販サイトに委ねられたのでした・・)
※MOUNTAIN 紙ジャケ・コレクション

その”マウンテンらとともに’70年代アメリカン・ハード・ロックの枠で活躍していたのが、
このKISS(キッス)なのですが・・・(今更ですね・・)
バンド絶頂期はもちろんメイクを施していたその70年代。
なのですが・・・
常に時代を先取りし走っていた感はありませんが、でもでも、その時代、時代の”流行”にはちゃんと?ちゃっかし?乗って活動していた!言わば”カメレオン”的(?)・・・
ある意味、どんな処(ところ)のどんな荒波が起きても、どんな敵が来襲しても、生き抜く”術”(すべ)を知っている彼ら(ポールとジーン)の存在は、個人的にタコか?イカか??じゃ〜ないかって・・・思うのですが・・。

本盤がリリースされていた頃は、メタル、HR/HMシーンの絶好調時!
この頃(80年代後半)の彼らはもうすでにベテランの域。
オリジナル・メンバーのエースもピーターも随分と前にその姿も消していましたし、悪く言えば”栄光が過去にあったバンド”でもありました。
トレード・マークのその化粧も落して、何とかタコ・イカの様に形態の色・艶を変えながら、その時代に合わせた音楽性(ロック)を披露していたのですが、これまでの自分たちの70年代的な香りと、今そこにある80年代のそのリアルなロックをも体現し見事に魅せて、しかも成功させたのが本作だとも思います。

売れっ子名プロデューサーのロン・ネヴィソン氏の存在も大きかった様で、ポール+ジーン+ロン・ネヴィソン(の隠し味!)は、時代の先見性をはまるで感じませんが、一本の太い幹(みき)を所々に感じることが出来ます。それが、今こうして聴いてもとても安心出来ると言いますか・・・”納得”なのです!
古過ぎず、新し過ぎず、誰かのマネでも無く、聴こえてくるサウンドはやっぱり!!のキッス〜なんです。

ポップな楽曲から、ハードな曲、バラード曲も・・・
どれもがツボになります〜♪
聴きやすいですよね。

ロックン・ロール・オールナイト”や”狂気の叫び”に”デュース”に”デトロイト・ロック・シティ”、”ラヴ・ガン”・・・
オープニングの(1)”クレイジー・ナイト”は、それら過去の名曲たちを走馬灯のように思い出させてくれて、尚且つ、バンド”KISS”をまた新たなる次元へと引き上げてくれた楽曲なんじゃないでしょうかね!



♪”CRAZY CRAZY NIGHTS”(クレイジー・ナイト)
ワビ・サビ効かせたこのキッス流ロックン・ロールは健在です!
マスク(覆面)を脱いだ80年代以降の彼らの作品中でも1,2を争う素晴らしい出来のある作品だと思っています。
これもっ!キッスなわけです。


♪”REASON TO LIVE”(リーズン・トゥ・リーヴ)
も〜・・・ベタなバラード曲なのですが、この色男?っぽさも・・・キッスなわけで〜(笑)


CRAZY NIGHTS/KISS
(1987年)
1.Crazy Crazy Nights
2.I'll Fight Hell To Hold You
3.Bang Bang You
4.No No No
5.Hell Or High Water
6.My Way
7.When Your Walls Come Down
8.Reason To Live
9.Good Girl Gone Bad
10.Turn On The Night
11.Thief In The Night

ポール・スタンレー(g,vo,key)
ジーン・シモンズ(b,vo)
ブルース・キューリック(g)
エリック・カー(ds,vo)
この”クレイジー・ナイト”と次作の”ホット・イン・ザ・シェイド”で活躍されたドラマーのエリック・カー氏は、1991年11月に脳出血のためお亡くなりになっています。。(涙/合掌)

※過去のKISS記事:
DRESSED TO KILL(地獄への接吻)

JUGEMテーマ:音楽
sihuku | 音楽(カ行) | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
こんにちは。
マウンテン紙ジャケ売れているようですね!
さすがですね!

いや〜このKISSは何ともいやはや
これもありだとわかっていますが・・・
目を背けたくなるような?・・・笑〜

しかし煌びやかで、華のあるバンドです。
他には無いスター性があるんですね。
結局、今 納得して映像見ました。
* evergreen * 2008/06/27 3:01 PM |
evergreenさま こんばんわ!^^

>マウンテン紙ジャケ売れているようですね!

売れているのと、そうでないとの差がありますが・・(苦笑)。ボク自身、まだアルバム単位で聴いたことのないバンド/アーティストなので、通販サイトで発注しましたが、納品が楽しみ〜♪です。

>目を背けたくなるような?・・・笑〜

。。!やりすぎですねぇー(爆)
エンターテーメント〜☆
当時だから(?)許されるのか・・KISSの名のもとに許されるのか??
結局、その”スター性”あってのものなんですよね〜。。

コメントありがとうございます。
* sihuku * 2008/06/27 9:54 PM |
これ懐かしいです!

「クレイジー・ナイト」は、分かり易いメロディが印象的なキッスらしい曲ですよね。
それとアルバム通して聴いた初めてのキッスでした。

そう、「初めてのキッス」です。(笑)
* OZZY * 2008/06/30 1:32 AM |
OZZYさま こんばんわ!^^

>そう、「初めてのキッス」です。(笑)

!?(^_^;)
甘酸っぱいレモンの味でしたか?あるいは・・・ジーンの長〜いベロの・・・(苦笑)
これ以上は書けませんっ☆
失礼しましたぁー

久々に聴いているのですが、はまっています♪

コメントありがとうございます。

* sihuku * 2008/06/30 7:09 PM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/288
Trackback