<< i am sam(アイ・アム・サム)/サウンドトラック | main | LISTEN!BARBEE BOYS 4/BARBEE BOYS(バービーボーイズ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
MAGNETIC(マグネティック)/STEPS AHEAD(ステップス・アヘッド)

関東〜東北地方も”梅雨明け”しましたね☆・・・夏だっ!
今日(20日)の横浜は、恒例の”花火大会”があるんです。ハマっ子の自分にとっては、この花火大会がある意味、夏への号令?号砲?だったりします。
こどもの頃、親に連れられ開催地の山下公園周辺へ行って、そのダイナミックさにエラく!感動したものです。大人になってもそれはそれで感動はするのですが、もう心が純粋でないっ!(笑)
行かれる方々はどうぞ楽しまれてくださいませぇ〜♪^^
※ちなみに昼間は横浜ベイスターズ(巨戦)の試合もありますぞ。


【追記】近所の高層マンション?(団地なのですが・・・笑)から観えました!画像はかなり粗いのですが・・・


あっちぃ〜夏は個人的にも苦手なのですが・・・
このSTEPS AHEAD(ステップス・アヘッド)のサウンド(ジャズ/フュージョン)は聴きやすいですし、とても清涼感もあります。マイク・マイニエリ(キーボード奏者)と今は亡きマイケル・ブレッカー(サックス・プレーヤー)らが中心となって打ち出した新たなるフュージョン・サウンド(ミュージック)とも呼べるでしょうか。
せめて音楽では涼みたいものです。

キーボード(シンセ)とサックスと来れば、やはり!ウェザー・リポート(ジョー・ザビエヌとウェイン・ショーターら)の存在もありますが、そのウェザーの音が好みの方にも、特別な違和感はなく聴けるでしょうし、きっと同じよう気に入れられるかとも思います♪音像としても似ています。

■”フュージョン・マスターピース1500”のサイトへジャンプ!
正直なところこの企画で本作品を知ったのですが・・・
フュージョン系を好んで聴いていらっしゃる通でコアなファンの方々からは、この作品の発売が常に待たされていた様でもあって、この企画内でもかなりの重要度数のある作品でもあるようです。。
マイケル・ブレッカーが亡くなってしまってからは余計にこの頃の作品、サウンドにも注目はされるでしょうし―


マイケル・ブレッカー氏のインタビューの後に、♪”BEIRUT”(ベイルート)演奏あり。


♪”TRAINS”(トレインズ)
※ユー・チューブの映像ですが、リンク切れの場合あり・・
詳細は不明なのですが、この映像の頃がマイケル・ブレッカー最後の来日パフォーマンスかもしれません!
そのマイケルの中盤のソロは聴き所でしょうし、ギター・ソロを挟みつつも終盤へのバンド・アンサンブルも最高のノリを魅せてくれますよ☆


MAGNETIC/STEPS AHEAD(ステップス・アヘッド)
(1986年)
1.Trains
2.Beirut
3.Cajun
4.In a Sentimental Mood
5.Magnetic Love
6.Sumo
7.All the Tea in China
8.Something I Said
9.Reprise(Magnetic Love)

マイケル・ブレッカー(sax)
マイク・マイニエリ(vib,key)
ピーター・アースキン(ds)
ハイラム・ブロック(g)
ヴィクター・ベイリー(b)
ウォーレン・バーンハート(p,synth)
(5)にはダイアン・リーヴス(vo)が参加。


JUGEMテーマ:音楽
sihuku | ジャズ/フュージョンもの | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/283
Trackback