<< JEFF PORCARO SESSION WORKS(ジェフ・ポーカロ セッション・ワークス) | main | PHENOMENON(現象)/UFO >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
TAKING CHANCES WORLD TOUR.2008(セリーヌ・ディオン来日公演〜東京ドーム)


素晴らしかった!!!ですね〜☆セリーヌ・ディオン

まさに〜パーフェクト!
で、感動をも生むプロの凄味あるパフォーマンスでした。

この9年ぶりと言われる公演で何千、何万?の席が用意されていたのか判りませんが、あの東京ドーム(日本公演初日)がほぼ満席状態になっておりましたね!
年齢層は高いですね〜♪ボクの様な”男ひとり”観戦はまずいない??のではと思わせる程の女性複数組み、夫婦カップル、子供連れ、ぜったい彼女の勧めでしょうね?の若いカップル。。普段ロック系のライヴばかり観戦しているボクにとってはまた特別な空気でした。開演19時(実際は10〜15分ほどの遅れ)でしたが、その数十分ほどから”入り”は良かったですね。

ボクはチケ予約発売スグに手続きをしたのですが、それでも1階スタンド(外野席/笑)でした。アリーナは普段のロック系の公演よりは少なく配置されている様でした。

と言うのも。。

これまでの大概のアーティストの公演ですと、ドームのバックスクリーン(外野センター付近)下に大きな特設ステージがどどーん☆とあるのですが、今回のセリーヌのステージは違いましたね=
ドームのど真ん中に360℃から特設ステージが観られる状態でした。回転するわけでは無いので、席の場所によっては多少?骨組みが邪魔して、観辛いかなぁ〜と思わせる印象もありましたが、ステージ上部には大きなビジョンが4台?(そのステージを囲む状態に設置だと思います。)と下部には小さなモニターが数台分、彼女のパフォーマンスを捉えているわけなのです。
2階席からだとどうだか判りませんが、ボクの居た外野席でしたら十分に彼女のパフォーマンスを拝見出来ました。セリーヌ自身も精力的にあっちへこっちへと移動していましたからね〜

今回の公演で、(個人的に)とびきり驚いた!!のが幾つかありまして。。。
そのステージ(舞台)のつくりは先に述べた事に、さらに!上下に動いていましたね〜
バック・バンドの演奏陣(そもそも生演奏にも驚きました。)が配置されている場所が曲によってスムーズに上下し、お客席から観えたり、消えたり・・・。
曲によっては、予めオケのリズム・パターン(ベース・ライン?)みたいのが用意されている様な曲もあって、それにギター、ドラム、パーカッションらを被せている様な印象もあったり、最初から?バンドの演奏で進行させている印象のもあったり、、、その都度の曲の演奏するバランスでそのステージが動くわけなのですよ〜。。。観てて面白かったですし、いい演出でしたね♪
さらに、動くのは上下だけでなく、セリーヌやそのバック・ダンサーたちが歩く箇所が”動く歩道”のごとく水平に動いていましたね。これも演出を高めるのにはとても目新しくよかったですね♪

特設ステージがドーム中央にあることで気付いたのですが、とても音抜け(?)、音の響きが良く聴こえて、しかもセリーヌ・ディオンの様なボーカリストの公演では、その音の響きが一番大事な面では無いでしょうか?今回は素晴らしいほどによく聴けていて大変な満足感がありました!やっぱりスピーカーの位置でかなり(ドーム内の)聴こえ方も変わってくるのでしょうね?※”ドームだから音悪いでしょ?”と、思いの方にはビックリする位に良かった印象でしたよ=

ステージ装置に感動しつつ、ライティング(照明)もそのステージ関係含め公演を盛上げる演出効果は抜群でしたね!照明のパターン自体は数パターンで決められているのでしょうが、セリーヌのステージがアメリカで大好評を得ていた証し?みたいな・・・一つのショーとして盛上げていましたね。歌、ダンスやお客さんを扇動させるかの等の動き、演奏陣の完璧さ、豪華さを感じる照明効果に舞台装置・・・チケは高いなぁ〜。。。と思いつつだったのですが、大変満足の納得とそして感動も得られました。

セリーヌ・ディオンの声も相変らず!です。低音から高音の伸びも維持も張りもやっぱり!!生声は素晴らしいです♪CDで聴く声と変わり無い様に(素直に)思えましたから〜
バラードではしっとりに力強く、有名曲であればあるこそその存在感は凄かった!ですね。
彼女の第一声が。。。丁寧に”イイデスカァ〜、トウキョー!”と何度か叫んでいました。(ロック系ならば”トウキョー!カモーン!!”と言った所でしょうか^^)
他にも日本語をわざわざ使ってのMCやちょっとした小歌を披露したり。。。茶目っ気もあって、飽きさせませんでしたね=

飽きさせないと言えば、ステージ衣装も4〜5回は代えていたでしょうか。さすがに衣装代えの時はステージからいなくなるのですが、僅かながらの時間でバック・ダンサーらのパフォーマンスが披露されたりで、魅せるショーとしての緻密なステージ作りがされている印象を強く受けました。

フランス語での歌(・・・確か)やソウル、R&B、ロック、ポップス・・・何でも唄いこなし、その声量も凄いのですが、歌の表現力、ショーマンシップ度、広いドームが彼女のあの歌では狭く観えるから不思議でした。。。※多分・・・最新DVD(ラスベガス公演を収めたもの)は観ていないのですが、きっとこんな感じだったんだろうな....と思うと(ホント!)高いと思えたチケがそう時間が進むにつれて思わなくなっていたので、これまた不思議でした。

(特にここ日本では)代表、有名曲でもある”トゥ・ラヴ・ユー・モア”では、前回?海外でも?共演していた事のある、あの邦人バイオリニスト葉加瀬太郎氏の登場を期待された方も多かった様ですね!?と言うのもこの曲のイントロが流れバイオリンが聴こえて来て、バイオリン奏者へ映像が移ったときに(ボク席の周りの人だけ??)溜息の様な空気に一瞬なりましたから〜
ただ・・・最近セリーヌと共演して話題になった邦人女性アーティスト(伊藤由奈嬢)がゲストでコラボレーションしていました。これは日本のファンへのある意味プレゼントでしょうか。それ以上に伊藤由奈本人が興奮していた様にも感じとれましたが、でもいい見せ場でした。

カバー曲も数曲歌っていました。
特に印象深かかったのが。。自身のアルバムでも収録している”オール・バイ・マイセルフ”(ご存知”エリック・カルメン”がヒットさせたバラード有名曲)の張りと伸びはドーム中に綺麗に豪快に響いていました♪あまりの凄味あるパフォーマンスに感動と寒気しました。。
また、さらにMCで色々とセリーヌ自身が言っていましたが(ボクはよく判っていない。。)、多分??彼女の中にもロック界の稀代なるスゴ声&パフォーマーでもあるボーカリストのフレディ・マーキュリーの存在があるのでしょうか。
クィーンの”ウィ・ウィル・ロック・ユー”で観客との呼吸を合わせて、すぐに続けられたのがオリジナル・クィーンの最終曲でもあった”ショー・マスト・ゴー・オン”でした。これも完全にセリーヌ色に全部唄い切っていて、これも良かったですね〜♪

ショーは2時間弱ほど?でしょうか。。
隙なく!無駄なく!
華麗に柔らかさと強さと・・・格好良かった!!ですね〜セリーヌ・ディオン
最後はあのタイタニックの曲で大団円。
360度から観客の視線もあるのでしょうが、最後の最後まで見事なパフォーマンスでした。全てが終わり、特設ステージから降りてきて、帰り通路をセリーヌが歩いていたのですが、(アリーナ席の)ファンへタッチされていたのか??ファン・サービスも素晴らしかったですね=


あんな方が。。お母さんだなんて。。。
ってスタイル維持もまさに!プロフェッショナル☆が成せる努力の賜もとでしょうか。

(とても良い意味で)完璧なショーを間近で体験できたのが嬉しい感動でした。ホンモノを観たっ!!と言う想いを感じつつ、超混雑のJR水道橋駅をやっとの思いで脱出し帰宅しました―
※ここだけの話(個人的ですが)”ポリス”を蹴ってでも来た甲斐は充分にありました。/小声)

公式HP(国内)

自身ブログ関連記事:TAKING CHANCES/CELINE DION

JUGEMテーマ:音楽

○”チケットをご購入いただいた方々へ〜セリーヌ・ディオンさんよりメッセージ到着!”と言うメールが帰宅したら届けられていました!なんと言うファンへの心の気配りなんでしょうか!(イープラスより)
東京公演で素晴らしい歌声を聴かせてくれた
セリーヌ・ディオンさんよりファンの皆さんへメッセージが届きました!

  To my Japanese Fans

  Thank you all for coming to my show tonight.
  You were the best audience on my World Tour, so far!
  I'm enjoying your beautiful country after 9 years.
  It's been too long.
  Looking forward to a few more nights in Japan.
  Thank you again from the bottom of my heart for your warm welcome.

  With Love,
  Celine

  日本のみなさまへ

  ショーに足を運んでくれたみなさん、ありがとう。
  今ツアーの中で最高のショーになりました。
  みんな素晴らしいオーディエンスだったわ。
  9年間の月日を経て、日本という美しい美しい国を
  満喫しています。
  あと数日日本での滞在が楽しみです。
  心の底から皆様が温かく迎えてくださったことに感
  謝しています。

  愛をこめて。
  セリーヌ

200803082105000.jpg
sihuku | 音関連(本・雑誌とか映像とか…) | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
多くのCDを持っているわけではないのですが、彼女大好きです。
本格的な歌唱力と、包容力のアル歌、いつか本物に出会いたいですね!フレディのカバーも嬉しいですね。
* evergreen * 2008/03/09 12:46 PM |
>evergreenさま こんにちわ!

ボクも詳しい訳でも無いのですが。。このライヴは楽しめましたよー☆
ダンサーの方々が時折、どぉ〜なんじゃろ??な〜んて印象も持ちながらも見事ショーマンシップのある素晴らしい公演でしたね。
生歌・・・文句なしッ!!でした=^^
* sihuku * 2008/03/09 6:01 PM |
Sihukuさん、

こんばんは。

Celine Dionのコンサートですか〜。いいですね。とは、言っても全然詳しくないんですよ。。。タイタニックの歌くらいしか知らないし。(汗)
ポリスのコンサートは、行った人の話だと、Stingが老け込んでいたけど、懐かしいサウンドで結構良かったらしいですよ。

突然だけど、Sifukuさん、「変な人」で良いんですよ。みんな同じだとつまらないし、理解されないのは、多分Sifukuさんがどこか特別なところがあるからですよ。他の人を「変」と呼ぶ人は、自分に才能が無いからそう言うんですよ。昔のコマーシャルであったでしょ(なんのコマーシャルかは、忘れたけど、なんか台詞がすきだったんですよね)、「みんなは、彼らの事をCrazyと呼んだ、だけどそんなCrazyな人が世界を変えた」ってね。
私は、SifukuさんのBlogは良く管理されていると思うし、こんな風に維持できる粘り強さは「凄い」と感心しているんですよ。

私のイメージですか?う〜ん、まあHineさんの所だけじゃなくて色々なところで「男」だと思われてきたんで、もう気にしていませんよ〜。あるときなんか、ある男性歌手を「格好いい」なんて言ったら、「え〜もしかして、ホモ??!」なんていわれてヘコンダことも。。。(´;ω;`) 
まあ、音楽の趣味が男っぽいからかな。「Justin Timberlake大好き〜(ノ=´∀`=)ノLOVE♪」なんて言えば女性だって思ってくれるんでしょうけどね。。。でも、私は私だから変わるつもりは毛頭なし!

そう。よく「しっかりしていそう」って言われるけど、本当は違うんですよね。お笑い芸人の女性って、テレビで「不細工」とか「アホ」とか言われるから、そのイメージを持ったままの町の人に結構ひどい事言われるらしいんですよ。あるインタビューで「本当は、結構傷ついているんですよ」なんて言っていたけど、なんか気持ちは良くわかるんですよね。(笑)

色々期待されると、そのイメージについていくのが大変でね。ヽ(≧Д≦;)ノ 「しっかりなんかしていません。仕事はきちんとできません。なんでもできるわけじゃないんです。」等々
あああ、ヒッピーになって愛と平和を語る日々にちょっとあこがれるかも。
ィェ‐ィ v(´▽`v)))))).......((((((v´▽`)v ィェ‐ィ

いつも、くだらない書き込みですみません。。。ペコン
* funky_renegade * 2008/03/09 9:35 PM |
はじめまして、
自分も初日に野郎一人で見てた一人です。

彼女の熱狂的なファンではないのですが、最後まで聴き疲れしない最高のショーでした。自分の場合、大抵終盤で紙が破れるような音が聞こえて帰りはボォ〜っとなるのですが、今回は最後まで綺麗な歌声が聴けて満足でした。

因みに二階席から双眼鏡で見ていたのでステージ裏(中?下?)も少しですが見てしまいました。
上部に設置していたのはスクリーンでした。
その下に二段設置していた機器はよくわかりませんでしたが、、、。
それと、セットの柱で死角になる席にはシートを被せて席を設けていなかったことも付けさせて頂きますね。


* haya * 2008/03/10 2:56 PM |
>funky_renegadeさま こんばんわ!

>こんな風に維持できる粘り強さは「凄い」と感心しているんですよ。

!!(o^_^o) もう〜感謝の一言です!お褒めの言葉うれしゅ〜ございますですよm(_ _)mありがとうございます。
自身、”A型やぎ座”がそうなのかどうかは・・・???ですが、そうそう!その”粘り”もよく聞きますね=
要は要領の悪いヤツ(自身)なんですが(爆)どうぞ宜しくお願いします♪^^

>でも、私は私だから変わるつもりは毛頭なし!

おぉっー!!カッコイイです☆(o^_^o) v
!不用意な言葉は禁物ですね=汗”
”言葉”ほど怖いものはそう無いでしょうし。。。他人様の(冷たい)目線も怖いものですがね。。。
ボクもよく言葉足らずで失敗も多いです。。アチャー(>_<。)

funky_renegadeさまはいつも(あちらの掲示板で)キチンとした回答の書き込みをされているので、しっかりとと言いますか、不真面目な方で無いのは分かりますょ☆

>いつも、くだらない書き込みですみません。。。ペコン

??全然くだらない何ては思ったことはありませんね〜!
逆にわざわざのカキコがとてもありがたく、楽しみ♪でもありますょ!^^
* sihuku * 2008/03/10 9:00 PM |
>hayaさま はじめまして こんばんわ!
わざわざのコメント、ありがとうございます。

!いらっしゃいましたかっ!??”野朗一人”観戦者が。。笑w
同志ですね☆^^

ボクの席はそのシートを被せてあったスグ隣でもあったんです。何で?黒いシートで席が無いのか・・・不思議だったのですが・・・納得!しました。
丁度、ボクがいたところは出演者が歩いて行き来する通路のほぼ上で、最後セリーヌが握手攻め?にあっているのを携帯で撮りたかったのですが。。駄目でした(ブレました)笑

あのエレベーター(?)の中まで拝見できました!?
hayaさまも満足された様で、やっぱり!今回のセリーヌの公演はファン目線無しにしても大変素晴らしいものでしたよね=

>大抵終盤で紙が破れるような音が聞こえて帰りはボォ〜っとなるのですが〜

ボクもよく分かるような。。(^_^;)
音はとんでもなく良かったですね♪ドームだからどうなるかと不安もあったのですが。

ありがとうございます。
* sihuku * 2008/03/10 9:11 PM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/233
Trackback
セリーヌ見てきたよぉ〜
セリーヌ・ディオンの東京公演を見に行ってきましたぁ “タイタニックから10年、遂に世界一の歌姫が帰ってくる!” “2億枚を売り上げた地球上ナンバー1の歌姫”見てきちゃったよ〜 2008年2月14日からワールドツアー。 29カ国、90都市、128公演、チケット3
| オタマ・レベルアップ | 2008/03/09 11:23 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/03/17 6:22 PM |
セリーヌ・ディオン TAKING CHANCES WORLD TOUR 2008 東京ドーム
ちなみにセリーヌ・ディオンと実際の年齢は大して変わりません。 が、 その歌声の年
| YASの湘南生活 | 2008/03/18 3:45 AM |