<< LOOK INTO THE FUTURE(未来への招待状)/JOURNEY | main | 3000分の1への挑戦!??山下達郎ライヴ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
岡田ジャパン、ホームで4点奪取!で勝利発進(サッカーW杯アジア予選)

■岡田ジャパン、初戦快勝=タイを圧倒、南アへ好発進−サッカーW杯予選
 サッカーの2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の出場権を懸けたアジア3次予選2組の開幕戦、日本−タイは6日、雪の舞うさいたま市の埼玉スタジアムで行われ、4大会連続4度目のW杯出場を目指す日本が4−1で快勝し、2年後に向けた初戦で好スタートを切った。
 日本は1−1で迎えた後半、フォワードの大久保嘉人(神戸)が勝ち越しゴールを決めるなど圧倒。10年ぶりに復帰した岡田武史監督の指揮下で、勝ち点3を手にした。
 3次予選から出場の日本はタイ、バーレーン、オマーンと同組。次戦は3月26日、アウェーでバーレーンと対戦する。3次予選はホームアンドアウェー方式で6月まで総当たり戦を行い、2位までが最終予選に進む。(時事通信)


○勝利したものの賞賛にはほど遠い・・・??

↑大久保選手の決勝点を生むキッカケにもなった、左サイドからドリブル突破の仕掛けを魅せたMF山瀬選手。
得点が連続することよりも、小さくも見えるがズバリ!(相手にとって嫌がる)な攻撃的なリズムを生むドリブル突破(仕掛け)に今は注目したい!ですね。

この日の試合でも全体的にドリブルでの”えぐり”や”仕掛け”は少なくどちらかと言えば面白味には欠ける、曖昧さの残る内容だったと思いました。
各選手のポジション的なものもあるのでしょうが、攻撃的なドリブルを魅せた選手はこの山瀬、あとはMF中村憲選手、SB内田選手あたり位だったでしょうか!?
今だに仕掛けに躊躇?している様な場面も見えたり・・・
センター・ハーフ・ライン付近でマイナス・パスって・・・ちょっと悲しい。

いち日本サッカー・ファンとしてはとにかく”勝ち点3奪取”は素直に嬉しい♪
いちスポーツ・ファンとしてはジーコ時代ともほぼ変わりの無いプレー・スタイルに、この先も大丈夫か?W杯出場は出来たとしても世界を驚かす事は出来るのか??の一抹の不安も感じました―
あとは、いわゆる”エース高原”の岡田ジャパン召集から今だ不発なのも心配ですね。

結局のところはホームでまず1勝したことは大きいのですが=
それで(とりあえず)良し!ですよね。

この日の”MIP”は・・・
埼玉スタジアムで精一杯応援されていたサポーターのみなさん!でしょう〜☆



↑W杯アジア予選グループ分けはこのように・・・。
日本は”グループ2”

JUGEMテーマ:スポーツ
sihuku | ◇スポーツ | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
>sihuku様、おはようございます。

この試合の事をすっかり忘れておりましたぁぁぁ(汗)。

アルビレックスの今期の試合予定は頭にインプットされているのですが、代表戦は・・・。
試合があった事を知ったのが、PM11:00頃のyahoo newsでした。
でも、sihukuさんの回顧録を読むと余り褒められた内容では無かったようですね。
まぁ、岡田監督に代わって日数も経っていない事も有りますし、サッカー・シーズンも始まったばかりなんですが、何といっても期待された高原の話題が少ないのが寂しいですね。
格下相手に取りこぼしていられない。点差だけみればマズマズなんでしょうが、前半はストレスが溜まりそうな内容ですね。

アルビの矢野は、ベンチ入りさえ果たせず。
岡田さんには、この先も使ってもらえなさそうです(涙)。
オシムを惜しむ・・・。
* OASI-Z * 2008/02/08 9:05 AM |
>OASI-Zさま こんにちわ!
この代表戦は・・・ど〜なんでしょうか?色々な見方があると思いますので、一概に”コレッ!!”という偏った感想を持たない様に思いつつですが〜
やっぱり南米、欧州各国の強豪のその強さやW杯ドイツ大会での3連敗を改めて回想すると、この日の試合は手放しでは喜べない印象でした。
Jリーグを観てるとどんな強いチームでもどこか物足りないポジションがあったりで、その点代表はそういう物足りなさは感じるはずは無い訳なのに・・・何か??あるんですよね〜苦笑
それが個人的な心配と言えば心配のような。。。
左サイドは相馬選手(浦和)で観たいです!
矢野選手は・・・ベンチ入りもされていない事も知りませんでした!居るものだと・・・ケガですかね??今のFW組は調子悪いみたいですし=
* sihuku * 2008/02/08 4:00 PM |
結果だけを見れば確かにW杯予選にして初戦快勝でいいスタートを切れたという風に感じましたが…。

やはりドイツW杯での惨敗からここまでの試合を振り返ると、攻撃のバリエーションが足り無すぎるって思わずにはいられませんでした。

確かにセットプレーは日本としては得意とするところかも知れませんが、それがW杯本戦で南米や欧州の強豪国に通じるほど甘くは無いですし…。

両サイドバックは、そこそこ動いていたようには思いましたが、クロスにしてもただ闇雲に上げるだけじゃなくもっと中央に切れ込むとか工夫が欲しかったですね。

まぁ褒められるとすれば、山瀬選手のドリブル突破から得点に結び付けた2点目は良かったです。
こういう展開をもっと作ってほしいですね。

海外組が入ってどういう変化が起こるかですが、まぁジーコの時みたいに呼んですぐ実戦って事の無いようにして欲しいかな。
* KOJI * 2008/02/08 9:35 PM |
>KOJIさま こんばんわ!
今の”岡田ジャパン”だと勝ててよし!で精一杯でしょうかね?!w
よくよく考えてみれば・・・準備時間の少なかった岡田監督がJリーグの選手たちをどこまで視察・評価されていたのか?出来たのか??
システム的には横浜FM時代ともそんなに変わっていない印象ですが、あの頃は決定力のあったFW(”アン・ジョンファン”ほか)がいましたし・・・

つい以前までも”海外組”と聞くと日本サッカー界の最先端選手のイメージがあったのですが、現状の”海外組”のプラスαがどこまで今のチームにフィットするのかも疑問や不安の想いが個人的にあります=
おっしゃる通りの現状はこのままで今の選手たちの”熟成待ち”といったところでしょうかね。
梅崎、水野、松井・・・らのドリブラーを個人的にはプッシュなのですが・・・

攻撃バリエーションが無さ過ぎっ☆ですよね=
* sihuku * 2008/02/08 10:11 PM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/203
Trackback
日本、W杯予選初戦快勝
2010年南アフリカW杯へ向けての初戦となるアジア3次予選タイ代表との対戦は4-1で日本代表が快勝した。 雪の舞い散る中、日本は序盤からボールを支配。 21分に大久保がドリブル突破からゴール正面25メートルでファウルを誘うと、遠藤がFKで先制。 しかし、その1分
| 続・今日も内角攻め! | 2008/02/07 9:02 PM |
<岡田ジャパン>初戦の重圧はねのけ、大きな一歩踏み出す
ピッチの気温は1℃!まるでスーパーボウルを観ているような厳しい寒さの中、真っ白い息を吐きながら、新生・日本代表は魅せてくれました。(日本代表動画)セットプレーで3点、PA内の混戦から1点。遠藤の30m芸術FK、中澤の技ありヘッド、「利き足はアタマ」巻のダイビ
| エンタメ愛好者の憂鬱 | 2008/02/08 5:07 PM |
岡田武史サッカー日本代表監督
2度目のサッカー日本代表監督に就任した岡田武史氏ですが、彼の経歴と選手育成論について記事にしました
| 岡田武史サッカー日本代表監督 | 2008/03/05 2:58 PM |