<< 映画earth(アース)を観ました。 | main | オールナイトニッポン EVERGREEN(エヴァー・グリーン)1967-1971 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
ハンドボール日本代表(男子)の”行方”は・・・!??
昨日(1月29日)はハンドボール(女子)の”やりなおし再試合”が行われましたね。
残念な結果になってしまいましたが・・・

個人的に一番の注目は・・・その試合を実況生放送するラジオ!!!
意外と勝敗や試合内容よりもいかにそのスピード感あるスポーツ競技になるハンドボール(ラジオでハンドボールを実況放送も”初”らしいですが)をどう生実況するのかを気にされている方々も(きっと!?)少なくないはずでわ(苦笑)

昨晩はニッポン放送の洗川アナウンサー(普段はサッカー実況)が抜擢され、少し聞いたのですが、ルールは”うろ覚え”(本人談)らしいのですが、素晴らしい実況だったと思います!充分(迫力や緊迫感も)伝わってきましたものね☆

そして今晩(30日)ですよ=

プロ野球中継でお馴染み!!(笑)の松本アナウンサー!!!(苦笑)
この方プロ野球の実況は毎度素晴らしい〜♪のですが・・・ハンドボールのルールすら・・・
どう〜なるんでしょうか!???(爆)
ある意味とても興味深く楽しみで、ハンドボールのコートにあの(?)松本節(そんな節はあるのか??)が響き冴え渡ることを期待したいですね。

”松本秀夫のハンドボール実況奮闘記”


女子日本代表は韓国に相当の分が悪かったのですが、男子も対韓国戦にすいぶんと厳しい戦歴ですよね。何とかこの盛り上がったハンドボール界をさらに五輪出場を決定させてさらに!!この競技が注目されるようなって欲しいですよね=
苦戦は予想されますが、ガンバッテ勝利して欲しいですよね。。。

あっ!松本アナもがんばれ==





■日本、韓国に力負け=五輪切符逃し最終予選へ−ハンドボール女子
 中東などに偏った審判判定でやり直しとなったハンドボールの北京五輪アジア予選は29日、国際連盟管理の下、4200人の観衆を集めて東京・国立代々木競技場で行われ、日本はアテネ五輪銀メダルの韓国に21−34で完敗した。
 日本は韓国の厳しい守りに圧倒され、序盤で劣勢に。その後、田中(ソニー九州)のシュート、GK勝田(オムロン)の好守などで追いすがったが、最後に突き放され、力負けした。韓国は7大会連続の五輪出場。日本は3月の世界最終予選で32年ぶりの五輪出場に再挑戦する。(時事通信)


■実力差見せ付けられた一戦
前代未聞のやり直し予選に4200人の観客が集まった。押し寄せた報道陣は日韓を合わせて105社から360人。この競技としてはかつてないほどの注目度。試合前、選手たちは全員で手をつなぎ気持ちを一つにしたが、これまでに経験のない重圧がかかっていたのも事実だった。
 「注目されることで感じなくていいプレッシャーを感じてしまった」と得点源の早船は打ち明ける。激しい守りにあって思うようにシュートを打てない。通るはずのパスが分断され、速攻を決められる。あっという間に1−7とリードを許した。
 それでも、33歳のベテラン田中や谷口の得点、GK勝田が好セーブを連発して追いすがった。だが、肝心なところでミスを犯す。最後は最近の五輪6大会で金2、銀3を獲得している韓国に突き放され、実力差を見せ付けられた。
 「多くのお客さんが入り、テレビカメラがこれだけ並ぶ状況に選手は慣れていない。特に序盤はナーバスになっていた」とバウワー監督。坂元は「前に出てくる相手の守備に対応できなかった。雰囲気にのまれてしまった」と唇をかんだ。
 国際連盟が派遣したデンマーク人審判の下、淡々と進んだ試合。負けに疑いはなく、これを受け止めて3月の最終予選に向け出直すほかない。田中は「ハンドボール界にはうれしい声援だったが、自分たちの力を出せなかった。当たり前のことができるようにしていかないといけない」と話した。(時事通信)


JUGEMテーマ:スポーツ

追記(1月30日)
■日本、終盤の猛追及ばず=20年ぶり五輪懸け、世界予選へ−ハンドボール五輪予選
 中東などに偏った審判判定に端を発する異例のやり直しで日本、韓国の一騎打ちとなったハンドボールの北京五輪アジア予選は30日、東京・国立代々木競技場に約1万人の観衆を集めて男子が行われ、日本は韓国に25−28で敗れ、20年ぶりの五輪出場はお預けとなった。日本は5月末からの世界最終予選に回る。
 序盤は互角の戦いだったが、韓国の白元◆(吉を2つ並べる)の速攻などでリードを許し、後半5分で13−18。終盤に宮崎(大崎電気)、古家(湧永製薬)らの4連続得点で2点差まで追い上げたが、あと一歩及ばなかった。
 韓国は3大会連続の五輪出場となる。(時事通信)


前半はサッカー代表戦を観つつ、
後半はラジオ中継を聞いて日本代表の必死な追い上げを応援していましたが、前日の女子の敗戦とともに残念な結果になってしまいました。
NHKのスポーツ・コーナーに宮崎選手が生出演されてインタビューを受けていましたが、がっくり肩を落とした悲壮感の漂うもので・・・”世界最終予選”での代表チームの奮起に期待したいですね!!
sihuku | ◇スポーツ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/194
Trackback
ハンドボール北京五輪アジア再予選〜女子ハンド韓国に完敗
「中東の笛」と呼ばれる疑惑の判定が問題となり、異例のやり直しとなったハンドボールの北京五輪アジア予選は29日、代々木第一体育館で女子の試合を行い、1976年モントリオール五輪以来32年ぶり2度目の出場を目指した日本は、アテネ五輪で銀メダルを獲得した強豪の韓国
| 今日も内角攻め! | 2008/01/30 6:26 PM |