<< LIVE IN THE HEART OF THE CITY(ライヴ・・・イン・ザ・ハート・オブ・ザ・シティ)/WHITESNAKE | main | Best Selection/杉山清貴 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
ボン・ジョヴィ来日公演(東京ドーム〜1.13)
BON JOVI(ボン・ジョヴィ)の目下最新作アルバム「LOST HIGHWAY」(ロスト・ハイウェイ)に伴うジャパン・ツアーの東京公演(2008.1.13〜東京ドーム)を観戦してきました♪

このライヴを観戦したばっかりに(でもありませんが....)最近は「ボン・ジョヴィ」の楽曲ばかり聞いてしまいブログ更新も間々なりません!
に、しても彼らのライヴ・パフォーマンスは変わらず素晴らしいですね=

ボク自身の”初体験”は1996年5月の横浜スタジアム公演(野外)なんです。丁度アルバム「ジーズ・デイズ」が発表され久々の来日公演だったと思います。
このライヴの後は確かベスト盤がリリースされ、その頃にはまた各自がソロ活動へ散った頃?だった様な・・・。なので?なのかその時は3時間近くのパフォーマンスで、スタンドは大声援や大コーラスでそのオーディエンスの”熱さ”にも興奮したのを憶えています。

その横浜公演からは機会がある毎に何度かボン・ジョヴィのライヴを観戦(主に”東京”)していまして、今回も”ヨカッタ〜♪”に尽きてしまうんです。結局のところは・・・。

東京ドームと言う”屋根有り”のしかも空調管理(場内の気圧を下げる)もされて、そこで”ロック音楽”のライヴ自体、場内音響の良否やスタンド(例えば2、3の上層階)で観づらかったり・・・ツッコミ所はそれはそれであるかと思います。
ドーム会場ならば確実に?まず(天候不順での)中止は考え無くとも良いでしょうし、メジャー級のアーティストで、少ないステージ公演回数で一気に多数のお客さんを収容できるドームはやはりコスト削減には欠かせられないでしょうし―
・・・と、そんな事を考えらがらあの大混雑の通路や階段を通り開けた明かりの向こうに見えて来たのが、左右と真ん中に擁した大ビジョンにその脇を固めるスピーカーと照明機器群たちで、アリーナから見ても高く距離感も十分にあるステージはもはや基地状態!w

80、90、2000年代とそれぞれで記憶の残る有名・ヒット曲らを提供されてきたボン・ジョヴィだけにお客さんの年齢層も多種多様な老若男女たちが、今か今かと期待の一心をステージへ傾けている。そんな若い女性も髪の薄く?なって来ている元ロック小僧たちも、さらにはその子供たちまでもとにかく色んな人たちが、この大きい屋根の下に一斉に集って、各人で想い想いで興奮している様(さま)を観るのが、実は面白かったり!?

ボン・ジョヴィのライヴでみた時の”凄味”って、80年代とも変わ衰えずのその集客力にもあるのでしょうが、やはり(!?)根本的にもなる楽曲の良さ!とそれに付随する憶えやすさ!があるんでは無いでしょうかね。
楽曲の良さ(パフォーマンスも含む)では、ジョンをはじめリッチーのソロ・ワーク等でステージから目を逸(そ)らせられないし、憶えやすさと言う点では・・・全部でも無くともサビの一節だけでも、鼻歌だけでももその場で皆と”歌える”所にライヴ特有な(大合唱のできる)興奮度が高まってくるんではないでしょうか。

ボクらオーディエンス(お客さんたち)の興奮が”基地化”したステージ上のパフォーマーに伝わればさらなる相乗効果アップするでしょうし〜
※今回のステージ上のジョンはスタンドからのあまりにもスゴイ!?大声援に逆に笑顔で退いていた??位では無かったのカナ
あのドームと言う大きなキャパを誇る一つの大空間の中、バンドとオーディエンスたちとで一体化になる姿は素晴らしい位に興奮しますし、何よりもニヤけてしまうほど楽しい状況になっているんですよね。

今回が初めてのファンも、いや?特別のファンでなくともロックが好きなファンであるならば、まず確実に興奮したと思いますよ!
(まぁ、どうしても嫌い!!と言う方はわざわざ観戦しにこないでしょうが・・・)
今回の来日公演もパフォーマンス自体は(本当)素晴らしいモノでしたよ=
そう!!この日も変わらずでしたよね〜♪

♪”Livin' On A Prayer”(14日)

♪”These Days”(14日)

○ボン・ジョヴィ来日公演スタート
米ロックバンド、ボン・ジョヴィの2年ぶり14回目の来日公演が11日、ナゴヤドームでスタートした。日本のスタジアム公演は今回で36回目。洋楽バンドでは2位のローリング・ストーンズの33回を上回り記録更新中。ボーカルのジョン・ボンジョヴィ(45)は「日本で去年のアルバムが1位になった。4作が1位になり、ビートルズとベイ・シティー・ローラーズ(3作で1位)を超えた。世代を超えて応援、ありがとう。ドモドモドモドモ!」と日本語を交えてあいさつ。日本のファンのため、ヒット曲中心の編成に変えるサービスで盛り上げた。公演は13、14日に東京ドーム、16日に京セラドームで行われ、14万人を動員する。(1月12日付ニッカンスポーツより)

○貫禄の日本ツアー@東京ドーム ライブレポ(BARKSのサイト)
〜セット・リスト〜(開催主のウドー音楽事務所より)
1/13(日)東京ドーム
1.Lost Highway
(’07年発売アルバム”Lost Highway”収録のOP曲)
2.You Give Love A Bad Name
(世界一を獲得した3rdアルバムからヒットしたシングルで、この曲もバンド存続する限り聞かされる?!一夜にして有名バンドへ押上げた頃の代表曲!)
3.Raise Your Hands
(△汎吋▲襯丱犲録、歌詞に”トウキョー”があるため?ここ最近リスト入り頻繁)
4.Runaway
(1stアルバム収録の”ボン・ジョヴィ”の名を初めて日本の地に刻んだ曲でこの曲も日本公演定番になっている)
5.The Radio Saved My Life Tonight
(シングル”Have A Nice Day”日本盤のcw曲にも関わらず、どこか80年代の若き頃のバンド臭のあるハードでフレッシュなロック曲)
6.Story Of My Life
(アルバム”Have A Nice Day”収録のサビの部分での盛り上がりはライヴ向きな曲)
7.In These Arms
(アルバム”Keep The Faith”収録のパワー・バラード曲)
8.(You Want To) Make A Memory
(’07年発売アルバム”Lost Highway”からのシングル・バラード曲、しかしドーム級の会場でパフォーマンスするのはちと難しいか?)
9.Whole Lot Of Leavin'
(”Lost Highway”収録のそのアルバム・イメージ通りのカントリー・チックでアルバムでは客演ペダル・スティールやリッチーのスライドが楽しめる)
10.Born To Be My Baby
(バンド史上でもファンの間でも傑作に挙げられる4thアルバムからのドラマチックで大きな拡がりをみせるボン・ジョヴィ”らしさ”最高地点にあるかのヒット曲)
11.Any Other Day
(”Lost Highway”収録でも一際潤い感のある佳曲ながらも、そのポジティヴ感とバランス感も高い曲でリッチーのgソロも魅せ場なる)
12.We Got It Goin' On
(”Lost Highway”収録中かなりハードな部類に入るライヴ向きとロッキンながらもキャッチーさもある2000年代のボン・ジョヴィらしい曲)
13.It's My Life
(突如始まるあのハードで屈強なリフに興奮をも包み込む2000年代の復活意欲曲でシングルでも大ヒット。アルバム”Crush"収録)
14.Bad Medicine〜Shout
(同様アルバム収録当時から日本の公演ではゼッタイに欠く事の無く会場内で一体感を生む♪”ばっと・めでぃすん〜!”で大合唱し”シャウト”へ移行!)
15.These Days
(vo:リッチー・サンボラ〜アルバム”These Days”収録で結局、人は皆自分の足で生きて行くんだ!と主張するかの曲でリストに挙がるのも珍しい曲でさらにリッチーの高パフォーマンスに改めて脅威)
16.Keep The Faith
(アルバム”Keep The Faith”収録、間奏のgソロは屈指なパフォーマンスでジョンの身振り手振りのダンス!?もライヴでは定番!)
17.I’ll Sleep When I'm Dead
(ティコの軽快なドラム・ビートに乗せる小品曲ながらもライヴ定番曲で間奏〜最後でのオーッイェ〜イの掛け声でさらに一体化)
18.Who Says You Can't Go Home
(アルバム”Have A Nice Day”収録カントリー色を強めた曲でシングルが異例の大ヒットし”Lost Highway”へと引き継がれた印象も強い)
19.Livin' On A Prayer
(ボン・ジョヴィ問わずに80sロック界の超アンセム、会場内大コーラスで超盛り上がり必死曲。大ヒット”3rd”アルバム”Slippery When Wet”収録)
--- encore ---
20.Have A Nice Day
(タイトル通りのポジティヴ感満載でgリフやソロ等からバッキング、メロディ、コーラス全てがボン・ジョヴィなハード曲。前回骨折でやむえず一歩退いたリッチーのソロに感動。アルバム”Have A Nice Day”収録)
21.Wanted Dead Or Alive
(本人たちの憧れでもあるカウボーイに影響されたアメリカの土着感もある曲。この曲も日本ではやらない訳は無いそうです。アルバム”Slippery When Wet”収録)
22.I Love This Town
(”この町が好きなんだ!”と高らかに歌う世界を股に掛けて旅を続けるライヴ・バンドのボン・ジョヴィらしい佳曲で間奏”セイ・イエイ〜”は会場で大コーラス。アルバム”Lost Highway”収録)
23.Captain Crash & The Beauty Queen From Mars
(アルバム”Crush"収録のドームの様な大会場でも負けないパワー・バラードでライヴは終幕・・・)

※こう観るとやはり(名古屋に続き東京初日の)ドームを意識したかの選曲と言ったところでしょうか。バラード曲は極端に少ない印象ですし、皆で”乗れる”パワー・チューン”が要所要所に配置されている様で。
各地、各会場でセット・リストもイジってくるジョンの”音楽監督”ぶりも素晴らしいのでしょうね☆

個人的なベストは、リッチー・サンボラがボーカルを執った”ジーズ・デイズ”ですね。ボーカル力は相変らず素晴らしいし、ギタリストとしても円熟味もありつつ、ハードで弾き徹す事も無難にこなす!その技量はスゴイ!!です。
前回のツアー公演時に骨折していましたから、その分、今回は余計にリッチーばかり観ていた様な・・・曲がただ大好き♪と言うのも大きいんですが。

先日あるラジオでパーソナリティが”ザ・レディオ・セイブズ・マイ・ライフ・トゥナイト”の演奏が嬉しいかったと言うのを聞きましたね―

前回2006/4/8(土)の来日公演の模様(ヨーガク・プラス)

<ボン・ジョヴィ来日公演日程>
2008年
1月11日(金) ナゴヤドーム
1月13日(日) 東京ドーム
1月14日(月・祝) 東京ドーム
1月16日(水) 京セラドーム大阪



ボン・ジョヴィ関連記事
SLIPPERY WHEN WET(ワイルド・イン・ザ・ストリーツ)/BON JOVI
JUGEMテーマ:音楽
sihuku | 音関連(本・雑誌とか映像とか…) | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
Shihukuさん、

どうもfunky_renegadeです。Shihukuさんのブログに足を踏み入れたのは、初めてですが、すごい充実していますね。
左側にあるIron Madenも横浜だから行こうかと思ったのですが、Rage Against The Machineのコンサートのすぐ後だからチケット買わなかったんですよ。それにPoliceも同じ週ですよね・・・ShihukuさんはIron Maidenのコンサートに行くんですか?

それから、ロック・バーの話、もっと聞かせてくださいな。(^o^)b

Ciao
funky_renegade
* funky_renegade * 2008/01/15 10:09 PM |
>funky_renegadeさま こんばんわ。
こちらでは初めまして!!わざわざのお越しありがとうございます♪

お褒めのコトバ・・・ありがとうございます。とは言え文章的にも怪しい(爆)拙いモノで。失礼します。上手く汲み取って頂けると嬉しいですが〜苦笑w

ライヴですが・・・
ボクはメイデンは行かない予定になっています。ボクも丁度その前日に<ハロウィンとガンマ・レイ>のライヴがありまして、メタルを連続はどうかなぁ〜と悩んでいたら・・・すぐにソールド・アウトでした(笑)
ポリスも行きたかったのですが・・・ドームのと言うがネックで(ボン・ジョヴィはしょうがないと・・・個人的な恒例行事なので〜と言いつつも3月のセリーヌ・ディオンは観戦デス・・・汗”)
ただ、このボン・ジョヴィを観たらメイデンのは俄然観戦したくなりましたね=当日があれば・・・(幕張は遠いですからね!?w)
今年は新春から大物・有名バンドがこぞっての来日で・・・Rage Against〜は待望の復活ライヴですよね!?を含めて、ロックファンには悲鳴のようなありがたい”事件たち”ですよね^^


ロック・バーですが・・・
まだボクは直接お店は行っていません!(汗)なので、感想はありませんが、詳細は雑誌”大人のロック”(タワー等大手CD店や本屋でもまだ立ち読みが出来るかと思います。)に、その特集がされていたのです。
※一応ウチのブログのココ(↓のURL先です。)にも記載しておきましたので、機会があればお立ち寄り確認ください。地図をそのまま載せているので・・・いずれ”削除”しちゃうかも知れませんがm(_ _)m
地図の写真は観づらいかも知れません・・・m(_ _)m

http://sihuku.jugem.jp/?eid=180

※横浜東口のお店はサザンロックものが中心らしいですょ♪
個人的にも一度行ってみたいお店なんです。


※ところで??Rage Againstさまは中区??辺りでしょうか。以前(山手の楽器屋サン??)の写真をHINEさまのHPで観たような・・・ボクは磯子区なんです^^(コレはお気にせず〜)
* sihuku * 2008/01/15 11:20 PM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/178
Trackback