<< EAST OF ANGEL TOWN/PETER CINCOTTI(ピーター・シンコッティ) | main | クリスマスはケーキ?お菓子??イリミネーション??? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
オムニバス・クリスマス☆アルバム対決!?

ボクの住んでる所からの一番の最寄の大都市圏となると”横浜駅”(京浜東北線・根岸線を利用)近辺になるのですが・・・有名デパートや地下街とも隣接している駅通路は、とんでもない程の混雑ぶりでして人!人!!人!!!の多さに酔えるほどで、人の多さに弱い自分はうろたえています!(爆)

やはり〜クリスマス☆シーズン到来!
横浜の街はどこも華やかですねー
その華やかさとは裏腹に、家で一人ジックリ!?(笑)と聞いているのが、この(写真)有名・定番曲を一つは有名プロデューサーが、もう一つは有名アーティストたちが参加し、それぞれがその時代から話題になっているクリスマス・アルバムたちです♪

A VERY SPECIAL CHRISTMAS (写真左)
CHRISTMAS GIFT FOR YOUーFrom Phil Spector(写真右)

クリスマス用のオムニバス(編集盤)ならば毎年色々と出されていますが、個人的にはこの2枚は外せられないっ!!と言うことで、今回はこの2枚を特に深い根拠もありませんが”対決”させてみました。



まず”クリスマス・エイド”とも呼ばれる、
A VERY SPECIAL CHRISTMAS 」です。
いわゆる有名・定番曲を総勢15アーティストがそれぞれの得意とするロックン・ロール、ラップ(今で言う所のヒップ・ホップ?)にソウルにゴスペルにR&Bにキュートなポップまでも・・・と、発表当時(1987年)に<旬>で最も勢いのあるアーティストたちの競演が聞き所になっています。
クリスマス曲と言う事を度返ししても、そのアーティストが演奏するそれぞれの姿を想像するだけで充分に楽しめちゃいそうな、まさに豪華絢爛アーティストたちの夢の競演(同じステージでの演奏では無いですが=)でしょうか♪

U2、ボン・ジョヴィ、ブライアン・アダムス、ブルース・スプリングスティーンらの元気ハツラツなロックン”クリスマス”ロールは、わいわい騒ぐかのパーティ気分にピッタリですし、マドンナのはとてもポップでキュートな歌い方が意外だったりで・・・。
ホイットニー・ヒューストンはソウルフルでいかにもの声量感たっぷりで聞かせるし、カントリー・チックなジョン・クーガー&メレンキャップやラップ調で遊び心もあるランD.M.C.らで楽しさも倍増でしょう〜
締めの最終曲、スティーヴー・ニックスの”Silent Night”(きよしこの夜)は、このアルバム内でも一番好きでよく聞きました!
気付けばこの曲はすでに20年間も聞いている訳ですねっ?!
まさに”聖夜”という言葉にピッタリの、しっとり大人のクリスマス歌の印象強いです。

本作の成功に伴って、これまでにシリーズものとして数種出されているようですが、ボク的にはこの本作1枚で満足なのでしたぁー

♪”SILENT NIGHT
  (STEVIE NICKS〜スティーヴィー・ニックス)

      ∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴∴・∴・∴∴・∴
      ∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴∴・∴・∴∴・∴


20年前に出されたその”クリスマス・エイド”よりも遥か、遥か昔・・・(笑)
’63年に発表され当時から”名プロデューサー”として名を馳せ、70年代には、解散間もない元ビートルズのメンバーたちのソロ・アルバムでのプロデュース等でも活躍されてきたフィル・スペクター氏が作り上げたクリスマス・アルバムがこの「CHRISTMAS GIFT FOR YOUーFrom Phil Spector」です。

これまでもCD化はされていましたが、今年になって紙ジャケ化になったのを良い機会と思い、自身購入し初聴しました。
特に想い入れも無かったのですが、その分、偏りも無く新鮮な気分とそしてフラットな気持ちで聞けたので充分に楽しめました♪
まぁ、楽曲自体はクリスマスのこれまでもどこにでも流れているような定番曲ですから、すぐに親しみやすいですし・・・。


このアルバム、いつも参考にしているガイド本にも紹介され気にはなっていましたし、今年多く?のロック・ファンに、ある意味物議を醸し出していたレコード・コレクターズ誌の特集「60年代ロック・アルバム・ベスト100」号にでも”60番目”にて記載されていました。
いかに本作がロック・アルバム史に燦然と残る作品だというのも分かるような・・・。

そもそもクリスマス・アルバムがどうこう以前に、煌(きらめ)く60年代ポップ・サウンドとアーティストたち、さらに今では”奇才”?(扱い)ですが、この当時23才という若くフレッシュでもありつつ実力・実績も積みつつあった頃のフィル・スペクターのプロデュース能力をも垣間見れる!と言うのが本作の目玉でもあり、特徴でもあるようです。

SANTA CLAUS IS COMING TO TOWN
  (THE CRYSTALS〜クリスタルズ)

先の”クリスマス・エイド”の様に1アーティストに付き1曲参加とは違い、このアルバムの参加アーティストは(↓)を観ても明らかですが、かなり特定されています。
と言うのも、フィル・スペクター自身が設立(レスター・シル氏と共同で)、その後にフィルが権利を買い取った”フィレス・レコード”で活躍されてきた、ダーレン・ラヴ、ロネッツ、ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ、クリスタルズと言った面々が参加しているからです。
言わば「フィル・スペクター一派」のオールスターと言ったところでしょうか。

↑(CDの裏ジャケ)

当時のフィル・スペクターが築き上げた<スペクター本人曰く、”ワーグナー風のロックン・ロール、若者向けのポケット・シンフォニー”>、オーバー・ダビングを駆使しその独特なサウンド志向が、”壮大なる音の壁”(ウォール・オブ・サウンド)とも形容されたそうですね。そのフィル・スペクターが演出する”音創りの世界”が、本作でも生きています!
音質は悪いのですが、逆にそれが当時のアナログ(レコード)時代の香りするようで、60年代初め当時の空気をも味わえるような思いもしました。

そしてオマケにはな、なんと!?
最終曲の(13)に、フィル・スペクター自身による生声で、この本アルバムの制作について、さらには音楽を通じての感謝の便が語られていますょ♪



この2枚を聞いて、時代を超越するかのロックなクリスマスを楽しみたいものです〜☆
A VERY SPECIAL CHRISTMAS
(1987年)
1.Santa Claus Is Coming to Town/THE POINTER SISTERS
2.Winter Wonderland/EURYTHMICS
3.Do You Hear What I Hear?/WHITNEY HOUSTON
4.Merry Christmas, Baby/BRUCE SPRINGSTEEN AND THE E STREET BAND
5.Have Yourself a Merry Little Christmas/THE PRETENDERS
6.I Saw Mommy Kissing Santa Claus/JOHN COUGAR MELLENCAMP
7.Gabriel's Message/STING
8.Christmas in Hollis/RUN-D.M.C.
9.Christmas (Baby Please Come Home) /U2
10.Santa Baby/MADONNA
11.Little Drummer Boy/BOB SEGER & THE SILVER BULLET BAND
12. Run Rudolph Run/BRYAN ADAMS
13.I Wish Everyday Could Be Like Christmas/BON JOVI
14.Coventry Carol/ALISON MOYET
15.Silent Night/STEVIE NICKS




CHRISTMAS GIFT FOR YOU FROM PHIL SPECTOR
(1963年)
1.White Christmas/DARLENE LOVE(ダーレン・ラヴ)
2.Frosty The Snowman/RONETTES(ロネッツ)
3.Bells Of St. Mary/BOBB B. SOXX & BLUE JEANS(ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ)
4.Santa Claus Is Coming To Town/THE CRYSTALS(クリスタルズ)
5.Sleigh Ride/RONETTES(ロネッツ)
6.Marshmallow World/DARLENE LOVE(ダーレン・ラヴ)
7.I Saw Mommy Kissing Santa Claus/RONETTES(ロネッツ)
8.Rudolph The Red Nosed Reindeer/THE CRYSTALS(クリスタルズ)
9.Winter Wonderland/DARLENE LOVE(ダーレン・ラヴ)
10.Parade Of Wooden Soldiers/THE CRYSTALS(クリスタルズ)
11.Christmas (Baby Please Come Home)/DARLENE LOVE(ダーレン・ラヴ)
12.Here Comes Santa Claus/BOBB B. SOXX & BLUE JEANS(ボブ・B・ソックス&ザ・ブルー・ジーンズ)
13.Silent Night/PHIL SPECTOR & ARTISTS(フィル・スペクター&アーティスツ)

JUGEMテーマ:音楽
sihuku | オムニバス/サントラ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/162
Trackback