<< SPELLBOUND/TYGERS OF PAN TANG | main | オムニバス・クリスマス☆アルバム対決!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
EAST OF ANGEL TOWN/PETER CINCOTTI(ピーター・シンコッティ)

この2007年末に出された今年最後にして最高なる良質なサウンドに出会えました!これは素晴らしいアルバムだと思います。(人それぞれのお好みもあるでしょうが....)
久々に感じるこの高揚感ある楽曲群に感動しました。と言うことで、NY(ニューヨーク)出身のピアノマン、PETER CINCOTTI(ピーター・シンコッティ)が発表した最新2ndアルバムの「EAST OF ANGEL TOWN」(イースト・オブ・エンジェル・タウン)を聞きました。

日本盤解説文にもありますが、”21世紀の「ビリー・ジョエル」”の空気、雰囲気がムンムンです。時にエルトン・ジョン風?にも聞こえたり〜(物真似という意では当然ありません!)
アルバム収録全13曲(日本盤にはボートラ1曲あり)中、何なんでしょうか!?このヒット・ポテンシャルの高い曲たちが”理路整然”的に自然とまとめ並べられていて、次から次に感動が襲ってくるわけです。

途中に現在シングル曲としてFM局を中心に話題に挙げられている(2)”GOODBYE PHILADELPHIA”(グッバイ・フィラデルフィア)と、同名の映画テーマ曲になっている(6)”DECEMBER BOYS”(ディセンバー・ボーイズ)を挟み、収録曲のバランスもほどよくイイ感じ♪

解説文を見れば名プロデューサーのデヴィッド・フォスター氏にマイケル・ブーブレ、ジョシュ・グローバン作品でおなじみのフンベルト・ガティカ氏が本作のプロデュースに関与されているとのこと。そのサウンドはなるほどね〜☆って納得させられる良質さでしょうか!?

さらに70年代、カーペンターズ関連ではもはや有名ですし、その後の80年代にはプロデュース業でもアメリカを代表するアーティストたちと関わって成功している作詞家のジョン・ベディス氏と組んでの全編ピーター・シンコッティのオリジナル作品で綴られて行きます。
音を奏でるバックの演奏陣を観ても楽曲によっては、先のデヴィッド・フォスター(key)を始め、ネーザン・イースト(b)、マイケル・ランドゥ(g)らの名前も見つける事が出来(全曲の参加ではありません)、豪華さもありつつ完璧さ(他バックのミュージシャンも込みで)を求める姿までもが窺えますー

どの楽曲も緻密なアレンジが充分に練られている感じはありますし、それでもライヴ的なアグレッシヴ感もちゃんと残されていますし、都会的コンテンポラリーなポップさとジャズ的な表現力とロックの強さとのクロスオーバーを現代進行形なSSWが演りました!的・・・は個人的に好印象です。
そのサウンドに感服と今後の可能性にも期待大します=

♪”GOODBYE PHILADELPHIA”(グッバイ・フィラデルフィア)
この印象深い”Falsetto”(ファルセット/裏声)ボーカルの使い方・・・巧いですよね=

もっとジャジーにオーガニック風なサウンド志向になればよりジャズ・アルバムとして成立するでしょうし、でも聞こえてくる様相はかなりロック的でもあって・・・(決していわゆる”ジャズ・ロック”とは違う!)
いやいやでもピーター・シンコッティ自身が演奏しているピアノはジャジーな空気が満載で・・・そのピアノの演奏と共に、すでに卓越されているかのボーカル・ワークも時にジックリ、時にワクワク感を持って聞かせてくれているのでもう〜問題なし!?

バラエティ豊かで音表現にも妥協無しを感じるアルバム収録全曲を一気に聞きまして、今はただただ”参りました!”の言葉しか出てきません。
今後の活動・活躍も見逃せません―
EAST OF ANGEL TOWN/PETER CINCOTTI
(2007年)
1.Angel Town
2.Goodbye Philadelphia
3.Be Careful
4.Cinderella Beautiful
5.Make It Out Alive
6.December Boys
7.U B U
8.Another Falling Star
9.Broken Children
10.Man On A Mission
11.Always Watching You
12.Witch's Brew
13 The Country Life

JUGEMテーマ:音楽
sihuku | 音楽(ハ行) | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
TBありがとうございます。

色々とお聴きになっていらっしゃるのですね。
これからもよろしく願います。
* taha * 2008/07/11 10:29 PM |
tahaさま おはようございます。
突然のTB失礼しました。逆にわざわざのTBとコメントとありがとうございます。
この作品、久しく聴いていなかったのですが・・・また聴く機会にあえました〜♪^^
個人的にも、次回作を期待しているアーティストなんです。
* sihuku * 2008/07/12 8:01 AM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/161
Trackback
Peter Cincotti / East of Angel Town [2007]
若き貴公子ってな感じのNY育ちのピアノマン! Peter Cincotti / East of Angel Town [2007] 1. Angel Town 2. Goodbye Philadelphia 3. Be Careful 4. Cinderella Beautiful 5. Make It Out Alive 6. December Boys 7. U B U 8. Another Falling Star
| AORフリーク! | 2008/07/11 10:26 PM |