<< レココレ増刊「ウエスト・コースト・サウンド」(レココレ・アーカイヴズ) | main | 風林火山 (完結編〜NHK大河ドラマ・サントラ)/千住明 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
Surf & Snow/松任谷由実

街中ツリークリスマス色。。。もう嫌になっちゃうのは自分だけ??(って言いながら光のイリミネーションは結構スキ!苦笑)な勝手気まま自分はさておき、結局今年もクリスマス・シーズンを迎えてしまった訳だし!今年はどのアルバムから聞こうかしら??
と言っているさなかにも山下達郎サンの定番曲(クリスマス・イヴ)が流れ、しかも竹内まりやサンの曲を起用した”某フライドチキン屋”さんのCMまで流れてきた!!この夫婦連続技に悶絶しつつ〜

やっぱり!?これでしょう〜♪

とふと思い出したのが・・・ユーミンこと松任谷由実の定番曲☆(でも他にもあるでしょうが...)”恋人がサンタクロース”収録のアルバム「Surf & Snow」を聞きました!

このアルバムの発表が1980年。ボクのような30才代以上の方々には(やはり!)映画”私をスキーに連れてって”とユーミンの楽曲に思い出深いのではないでしょうか。
その映画で使われたのが、(6)”恋人がサンタクロース”だったり(8)”サーフ天国、スキー天国”で、その映画のおかげもあって(もちおろん以前からも)特に冬のスキー・シーズンなると必ず話題にあがっていましたね。

♪”恋人がサンタクロース”(映画”私をスキーに連れてって”から)

自身スキーをやる人では無いのですが、年で5つ上になる(当時)スキー好きの姉がいて彼女はユーミン・フリークだったので嫌でも(?!)夏は夏で、冬は冬のその季節にあったユーミンの曲を聞かされていましたね・・・。
現在こそ落ち着いた?感はありますが、以前はこの冬になると絶対的に”恋人がサンタクロース”は街のどこ行っても流れていました―


ところで、本作(Surf & Snow)ですが、楽曲はアレンジや醸し出す雰囲気までがとてもこの時期のユーミンらしく惹き付けられる何かがある作風です♪
個人的には80年代のアルバムの曲調が大好きなんです!

当時のアナログでA面に”サーフ”(夏向き)をB面には主に”スノー”(冬向き)をそれぞれに配置させて、そのテーマに沿った楽曲でユーミン・ドラマが展開されています。
(1)、(3)は嫌でも聞いていた(聞かされていた?)ので、好き嫌いに関係なく、しかも特別に思い出も無いのにハッキリ憶えているのが、自分でも怖い位です。

(4)”まぶしい草野球”は、銀座にある舌出した可愛らしいお人形さんで有名な”某”お菓子屋さんの(当時)CM起用が印象深いです。
昔々、ラジオ(ニッポン放送)の日曜朝のベストテン番組の冠スポンサーが、その”銀座のお菓子屋さん”で放送時のCM中(商品名が”ソフトエクレア”だったでしょうか?!)によく流れていました!聞けば・・・”あぁ〜〜っ!!”と思い出す方もいらっしゃるでしょうかね。

(5)ギターとベースがユニゾンで奏でるリズムと、どこかキャロル・キング的な音空間があって、曲中で盛り上がりをみせる”サビ”部が印象深いです。
夏場のドライブには絶好なサウンドでもあって、間奏ではホーン(サックス)が入ってきてさらに豊かな音色になりますね。

(6)がいきなりロック色濃いギターが印象的な”恋人が〜”です。
中盤のギター・ソロから最後のオーバー・ダブなコーラスまではもちろん!実はドラムも格好良いリズム出しがとにかくイイ♪のです。この曲だけドラムの叩き具合が違って(素晴らしい)聞こえてくるのは気のせいでしょうか・・・。
各パフォーマンスの細部に渡るアレンジも印象に残りますし、素敵で今も昔も”リピート×2”で聞き入ってしまいます。クリスマス・シーズンの元祖?定番!ゆえに過去にこの曲をカバーしているアーティストは多いでしょうか。

(7)は前曲のロック色から180度も打って変わってオールディーズ調なコーラスで始まり、すぐに”ハワイアン”?なウクレレ音が聞こえてくる・・・。(”夏向き”な歌です。)
これよく聞くと色々なジャンルの音が混在しているような印象でとても面白いですね。ギターのパートはそのウクレレがハワイアンで進行するにも関わらず本パート、曲の主体は穏やかにレゲエ・チックに広がりる様で、”松任谷”名義によるユーミンのアルバムでのアーティストとしての”凄味”を再認識でしょうか。

(9)の”恋人と来ないで”は本作の裏ハイライトでしょうか。ユーミンと男性デュエットなのですが・・・相手が今は亡き岡田真澄さん。
曲の雰囲気にもピッタリ合った二人の素朴な味わいある歌唱は、とても地味ですが深みが増しているようです。

そう言えば、ジャケもアメリカンのオールディーズ的な印象で、この収録曲のバラエティさはまさにジュークボックス的でもあって、ジックリ聞く!よりも何かをしながらの”ながら聞き”でも充分楽しめると思います。

Surf & Snow(サーフ・アンド・スノー)/松任谷由実
(1980年)
1.彼から手をひいて
2.灼けたアイドル
3.人魚になりたい
4.まぶしい草野球
5.ワゴンに乗ってでかけよう
6.恋人がサンタクロース
7.シーズン・オフの心には
8.サーフ天国、スキー天国
9.恋人と来ないで
10.雪だより

JUGEMテーマ:音楽


sihuku | 音楽(マ行) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/154
Trackback