<< Surf & Snow/松任谷由実 | main | 桑田×ユーミン÷クリスマス=素敵なクリスマス・ソングに〜☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
風林火山 (完結編〜NHK大河ドラマ・サントラ)/千住明

今年はこの「風林火山」(NHK大河ドラマ)にハマリましたねー
最初はまるで気にしていなかったのですが、2月頃にふと観てからヤラレました。
あのオープニングの≪馬の目≫にヤラレてしまいました!勇ましくも哀しい下克上なる戦国の世をあの≪馬の目≫で強烈にまで表現されているようで・・・

長く短くもあったこの1年もいよいよ16日(日)放送で最終回なんです。
丁度、このドラマ「風林火山」のサントラ盤第二弾(完結編)が発売されていたので早速購入し聞きました!


武田軍が戦へ向かうときの”旗印”にも明記されていた〜

其疾如風
   〜疾きこと風の如
其徐如林
   〜静かなること林の如く
侵掠如火
   〜侵略すること火の如く
不動如山
   〜動かざること山の如し

と、”風林火山”のまさに武田信玄の代名詞なる一節を本放送では、山本勘助役の内野聖陽氏が魂こめて語っていますが、本CDにもちゃんと収録されています!
これが最高〜デス。
もう、この一節を聞いてからのあのテーマ曲の始まりこそにゾク!ゾクッ!!と来ちゃいます☆

その”熱い”語りからすぐに始まるオープニングのメイン・テーマ(演奏/NHK交響楽団)を含め今回の大河ドラマの楽曲は、全て作曲家の千住明氏の手によるものです。
作・編曲、どちらも素晴らしく戦国時代のドラマを最高なカタチで演出されています。

↑このオープニングの”騎馬”(左下)の強烈なる目チカラこそ、戦国時代そのものを映されている様で・・・ビビリました。



このサントラ盤シリーズですが、2007年2月にも”風林火山(第一弾)が発売になっています。が・・・
本CD(完結編)はその第一弾では収録しきれかった楽曲(主に”上杉家”が登場してからの劇中曲)と、さらに本編(ドラマ)終了後の次週予告編の後に、その回の物語にまつわる短い紀行コーナー時に聞こえてくるテーマ曲のカバーを4人の有名アーティストがそれぞれの楽器とパフォーマンスを駆使して個性ある素晴らしい演奏をされている点が本作の一番の魅力になっています。


・(2)風林火山〜異郷情(イーシャンチン)〜二胡(中国の弦楽器)のチェン・ミン(1〜3月放送)
・(11)風林火山〜巡礼〜フラメンコ・ギターの沖仁(4〜6月放送)
・(20)風林火山〜月冴ゆ夜〜津軽三味線の上妻宏光(7〜9月放送)
・(28)風林火山〜大河流々〜ヴァイオンリンの千住真里子(10〜12月放送)
まさに?”和洋折衷”な4演奏者の味わいが深く滲み出てきて、
それぞれで充分に楽しめますね♪

さらにアルバム最後(34)を締めるのは、千住明氏本人によるピアノ・ソロ演奏の風林火山〜回帰〜が収録されているのも興味深いでしょう。
風林火山 (完結編〜NHK大河ドラマ・サントラ)/千住明
(2007年)
1.風林火山~メイン・テーマ~(語り付き)
2.風林火山~異郷情~
3.生まれる鼓動
4.戦は我が人生の如し<アンサンブル Ver.>
5.たくらむ勘助
6.我に力を<サイレント Ver.>
7.策略の霧
8.忍びの月影
9.散りふる花<サイレント Ver.>
10.はかない灯火
11.風林火山~巡礼紀~
12.無情の闇
13.いつか見た光
14.華やかな儀式
15.越後の毘沙門天
16.嵐の前
17.裏切りの雪
18.景虎と毘沙門天
19.懐かしい面影
20.風林火山~月冴ゆ夜~
21.ひらめく勘助
22.由布姫、その愛
23.景虎参上
24.神秘の毘沙門天
25.悟りの教え
26.景虎進軍!
27.退く決断
28.風林火山~大河流々
29.由布姫、その怒り
30.出陣の朝
31.上杉軍出陣!
32.死闘の太鼓
33高野無情
34.風林火山~回帰~(ピアノソロ)

JUGEMテーマ:音楽
sihuku | オムニバス/サントラ | comments(0) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/148
Trackback
頼山陽が見た川中島!!
いよいよ最終回ですね{/hamster_6/} 勘助の進言した「啄木鳥の戦法」が実行に 移されました。 「啄木鳥の戦法」は表面的には失敗だった のかも知れませんが、膠着状態の両軍を動 かしたと言う意味では、満更失敗とは言え ないのです。 何せ、人数の上では武田軍が有利な
| 函館 Glass Life | 2007/12/20 12:58 PM |
風林火山 第50話(最終回)勝ち鬨
内容ついに、決戦の火蓋が切られた。突如の上杉軍の攻撃に、応戦する劣勢の武田軍。妻女山からの援軍の到着まで、耐える戦いを強いられた。しかし、徐々に体勢を立て直す武田軍を見た宇佐美は、共倒れを防ぐため、政虎に兵を退くことを進言する。だが、政虎は、今こそが
| レベル999のマニアな講義 | 2007/12/20 5:50 PM |
風林火山
第50回/決戦 川中島(56分拡大版)―あらすじ―永禄4年9月10日。川中島での武田、上杉両軍の死闘はそのピークを迎えていた。 軍勢を二手に分けて挟み討つ勘助(内野聖陽)の「啄木鳥(きつつき)の戦法」は宇佐美(緒形拳)によって見破られ、政虎(Gackt:ガクト)率
| のたまふ | 2007/12/20 6:55 PM |
大河ドラマ「風林火山」50話(最終回)「決戦川中島」
OPテーマを聞いただけで今日は感極まる感じでしたついにきてしまった、この日が!!いよいよ「風林火山」最終回です!! 永禄4年9月10日。川中島での武田、上杉両軍の死闘はそのピークを迎えていた。軍勢を二手に分けて挟み討つ勘助(内野聖陽)の「啄木鳥(きつつ
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2007/12/20 10:08 PM |
「風林火山」まとめ
「風林火山」まとめ http://www.nhk.or.jp/taiga/ 武田晴信(信玄)は戦ばかりに明け暮れ領民をかえりみない父親を追放し、善政をしいていた。なかなか頭もよく本を読み勉学や和歌などをたしなむなど、なかなか風流な好青年。 そんな彼に惹かれ、各地を浪人して腕を
| NelsonTouchBlog | 2007/12/20 11:26 PM |