<< PURPLE RAIN(パープル・レイン)/PRINCE & THE REVOLUTION | main | IF LOVE IS REAL/RANDY EDELMAN >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
ウェットン・ダウンズ 来日公演in東京2006年(原宿アストロホール)

↑詳細は・・・

小雨降る10月24日(火)、場所は東京原宿アストロホールで行われた、
ウェットン・ダウンズによるプロジェクトの来日公演を観戦してきました♪
新アルバム「ICON〜」(RUBICON”ルビコン”)発表に伴う日本公演(24日東京、25日名古屋、26日大阪どの会場も2部構成)です。
ウェットン/ダウンズキミタチサイコ〜ダヨ♪
左:ジョン・ウェットン(b)と右:ジェフ・ダウンズ(key)
彼らは’80sロックシーンで眩いくらいに輝いていたバンド”ASIA”(エイジア)のオリジナルメンバーの2人、その経歴からも常に(プログレッシヴ)ロックシーンでは注目されてきたので、このプロジェクトも個人的には大注目でした。

来春その”エイジア”本隊が来日公演(オリジナルメンバーでの来日公演はバンド歴20年以上ありつつもこれが初!!)を行うというニュースはこの春頃からあったわけで、最低でもそれを観戦出来れば満足だし!と想いがあったので、当初から期待していたものの彼ら2人のライヴは回避するつもりでした〜(苦笑)

しかし・・・結局はジョン・ウェットンの声を聴きたくて観戦するのですが〜
とにかく全てに感動〜♪

バンドを離れしばらくソロ活動をされていて、アルバムを発表のたび(?)来日はされてましたが、体格も”おじさま”体型(肥満度アップ!?笑)で、声質も変わったとか、ノドの調子も最悪〜との批判的な印象を持たれるファンもチラホラ・・・。やっぱり過去の人的な想いもどこかに持ちつつ、今回のライヴに臨んだのですが〜オープニング(ハーモニカを吹く)から、エイジア時代の名曲のオンパレードに、2人のプロジェクト・アルバム収録曲をそれぞれに聴いて観て、不安な想いはどこえやら!!素晴らしい〜絶好調♪でわないですか!!!
自身終始興奮しっぱなし(笑)

会場はライヴハウス並の狭さ。(とても往年のアーティストを迎え入れるには狭すぎダヨ〜と思いつつ)全スタンディングでの観戦☆なので、当日券で遅れて入場した分、前の観客で全景は観えない。。。でも目の前で演奏されている姿は、迫力伝わる音量はやはりカッコイイ〜☆(満足っ!)しかも自身”初体験”のエイジアの名曲たちを本家ウェットン節で聴けるなんて〜(感涙)
素晴らしい時空間を体験しましたぁ〜♪^^
うぇっとん&だうんず
(24日東京公演)
"Pane Bruno" (intro)
(ハーモニカを手に登場し小品な曲にて開幕〜♪)
"Don't Cry"
(いきなりエイジア時代”アルファ”の煌びやかさある名曲で快調にスタート)
"Go"
(ハードな曲でライヴ前半には欠かせない?!”アストラ”収録)
"Only Time Will Tell"
(多彩なkey群を駆使するダウンズの存在感ありにして大活躍”エイジア”収録)
"Die Is Cast"
(新アルバム”ルビコン”のオープニングにしてハード曲)
"Voice of America"
(”アストラ”収録の分厚いコーラスなバラード・・・ココは東京ダヨ)
"Paradox/Let Me Go"
(前作”アイコン”のオープニング曲)
"Meet Me At Midnight"
(同じく”アイコン”収録の温かみあるアコギ・ナンバー)
"The Glory of Winning"
(エイジア時代の彷彿さと壮大さをも感じる曲”ルビコン収録)
"Never In A Million Years"
(アコギ使用しての演奏”アルファ”収録)
"Steve Christey Solo〜"Days Like These"
(dsソロから続いて一変再結成ベスト盤曲)
"Rubicon"
(”ルビコン”最終曲にして大団円で決まる壮大&壮厳さに貫禄ある感動曲)
"Sole Survivor"
(”エイジア”1st収録にして終盤もハードでポップの普遍らしさも相変らず)
"Open Your Eyes"
(やっぱり最後は”アルファ”収録にして最後4人のインプロに感動)
〜アンコール
"The Smile Has Left Your Eyes"
(アンコールまずは2人で登場〜この曲も演奏しないわけにはいかない?!)
"Heat of the Moment"
(最後の〆は・・・お約束80's名曲にしてエイジア・アンセム曲で会場と
一体化し終幕!)


(バンド)
ジョン・ウェットン(vo,b)
ジェフ・ダウンズ(key,vo)
ジョン・ミッチェル(g,vo)
スティーヴ・クリスティ(ds)

来春予定されているオリジナル・エイジアでの来日公演もほぼ間違いなし!とのニュースも頼れる情報スジから入手!^^期待大です。
毎度頻繁にある??お家騒動が無いことを祈るだけです(苦笑)
※追記:エイジアの来日公演は無事行われました!

※このページは以前、個人の別ブログ内にて投稿(2006.10.27)したものの再アップです。


JUGEMテーマ:音楽

sihuku | 音楽(ア行) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/127
Trackback