<< CORPORATE AMERICA/BOSTON | main | 栄冠☆アジアの赤い悪魔!!〜浦和、初のアジア王者に >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
MIRAGE(ミラージュ:蜃気楼)/CAMEL

”霧の街”ロンドン(行った事は無いのですが!笑)の空気が似合いそうな・・・そんな叙情的なロックを聞かせて早っうん十年!?の、CAMEL(キャメル)を聞きました。
某タバコ・メーカーそのもののジャケ・デザインが嗚呼〜眩しい♪「MIRAGE(邦題/ミラージュ:蜃気楼)です!

1974年に発表された2枚目のアルバムになります。
この”キャメル”ですが、元々はアンディ・ラティマーの兄弟でもあったイアン・ラティマーやその友人アラン・ブッチャーらと組んでいたバンド”ファントム・フォー”が母体になっていると聞きます。
その後、その”ファントム・フォー”から”ストレンジ・ブルー”〜”ザ・ブルー”と名義を変えつつ活動し、アンディがその頃に知り合ったダグ・ファーガソンアンディ・ワードと意気投合したのが、このキャメルの出発点になりますね。
この、ラティマー、ファーガソン、ワードの3人でしばらくデモ・テープを作り売り込みに励んでいたそうなのですが、満足の成果も得られず仕舞いだったそうです。
シンガー・ソングライターの”フィリップ・グッドハンド=テイト”のバックバンドとして仕事していたのもこの頃だそうで…。
そのバックバンド時代に培った経験をもとに、自分たちの音楽的志向で必要なのがkey奏者と思い、”メロディ・メイカー誌”に募集を掛け、そこに現れたのがすでにkey奏者としてソロ・アーティストの経験もあったピーター・バーデンスになるわけです。
そのバーデンスのソロとしての契約がまだ残っていたので、3人とバーデンスは”キャメル”名義の前に、”ピーター・バーデンス・オン”と言う名で1971年10月にステージを行っていると記録が残っているそうなんです。

その後、晴れて?!バンド名を”キャメル”とし、’72年MCAレコードと契約、翌’73年にはセルフ・タイトルにもなるデビュー盤「キャメル」を発表しています。
そして、本作2ndアルバム”MIRAGE(ミラージュ:蜃気楼)”ですが、MCAレコードとは1作品(デビュー盤)でしか契約を行っておらず、この2ndは、デッカ・レーベルに移籍してからの発表になっています。
当時、この辺りの各レコード・レーベルの歴史も、いわゆる”プログレ・シーン”をより複雑怪奇への道にしている一環はあるかと…思います。

1stもこの2ndもさほど?!音楽的変化は無く、初期キャメル時代を知るには聞いておきたいアルバムでしょうか!特に本作は、バンドの代表曲(1)”フルー・フォール”、(3)”ニムロデル”、(5)”レディ・ファンタジー”らの収録は、目玉ですし、聴き所ですし、注目材料になるかと思います♪
(4)の”アースライズ”はジャズ的な各自インスト・パートはもの凄く火花散るかの勢いもあって、この曲も…って収録が5曲と少ないですが、結局はどれも素晴らしいのです。

初期のキャメルは全体的にでもありますが、ピーター・バーデンスのkey色と、アンディ・ラティマーのg色とが絶妙に絡み合うのが特色!
そして、そのアンサンブルの激しさとはまた別になる、どこか物静かにささやくかのボーカル・ワークで見事までに英国らしい?!”叙情感”を高めているのが、このキャメルの”味”です。


レディ・ファンタジー
・・・”9分30秒過ぎから始まるバンド・アンサブルは見応えあります☆
一種のジャズに近い楽しみ方かと思いますが、その強烈なる素晴らしい盛り上がりを魅せるまでの道程をまずはじっくりと....


※またこのどこか見覚え??のあるアルバム・ジャケですが〜逸話があるそうです。
日本盤解説は、その事にも触れているのでここで…
英国で発売されたジャケットのままアメリカ発売を行なおうとしたそうですが、本家!”キャメル”を発売している”たばこ会社”からクレームが来たそうで…(苦笑)
そのために、米レコード会社は法的手段に訴えられる前に違うデザインを使用することを決め、本作はジャケ違いを余儀なくされた!そうです。
が、これをプロモーションの契機にとヒントを得た当時のマネージャーが、欧州諸国では通常のデザインを用い、さらにはプロモーション用に収録曲を印刷した彼らのカヴァー・デザインを使った、5本入りのたばこのパッケージを作ることを同じたばこ会社の欧州支局に持ち込んだそうで〜その宣伝方法を気に入ったたばこ会社の重役たちは、アルバム・タイトルをたばこにちなんだものにするように提案した!とのこと。
こうしたアルバム・プロモーションの件には、メンバー誰しもが関与はしていなかった!らしい…です(笑)

MIRAGE/CAMEL
(1974年)
1.Freefall(フリー・フォール)
2.Supertwister(スーパー・ツイスター)
3.Nimrodel(〜The Procession〜The White Rider)(ニムロデル/〜プロセッション〜ホワイト・ライダー)
4.Earthrise(アースライズ)
5.Lady Fantasy (Encounter:Smiles for You:Lady Fantasy)(レディ・ファンタジー/:出会い:微笑:レディ・ファンタジー)

日本盤(紙ジャケ盤)仕様では、ボートラで…
(6)スーパー・ツイスター(ライヴ)
(7)秘密の女王(ライヴ)
(8)アルバルーバ(ライヴ)
(9)レディ・ファンタジー(未発表ミックス)
らの収録があります。

アンディ・ワード(ds)
ピーター・バーデンス(org,p,mini-moog,mellotron,vo)
アンディ・ラティマー(g,flute,vo)
ダグ・ファーガソン(b)

JUGEMテーマ:音楽
sihuku | 音楽(カ行) | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
>sihuku様、こんにちわ。

キャメルは、実に日本人好みのメロディセンスを持っていたバンドでしたね。
私の中では「プログレ4天王」に次ぐ第2グループ(キャメルの他にジェネシス、キャラヴァン、ジェントル・ジャイアント等)の位置付けで、もっと「売れて欲しい、評価されて欲しい」バンドでした。

残念ながら私は「スノー・グース」「ムーン・マッドネス」「レイン・ダンス」の3枚しか持っていない(聴いていない)ので、このアルバムは未聴なのです(^^ゞ。
でもsihukuさんの文章を読んで「聴いてみたい」と思いました。(昨日も蔦屋でクイーンの「華麗なるレース」を早速借りましたョ)

セリーヌ・ディオン、ボストン、キャメル・・・。
sihukuさんの音楽に対する「懐の広さ」には、驚くばかりです(@_@)。
* OASI-Z * 2007/11/12 3:54 PM |
>OASI-Zさま こんばんわ!

>キャメル。。。
ボクも”もっと売れて欲しい〜”と思うバンドです♪好きな方にはウケが良いんですけどぉね〜☆
地味といえば地味でしょうかね?!ww
”格闘王”前田日明のファンにはテーマ曲もキャメルなので、馴染み深いかもしれませんね^^

>音楽に対する「懐の広さ」には、驚くばかりです(@_@)。

!!拙い文章力で。。。スミマセン(≧▽≦)いやっ!ホント失礼致します!!σ(^_^;)
お褒めのおコトバ、ありがとうございますm(_ _)m

OASI-Zさまのコメントは温かくいつも感謝×2m(_ _)mなのです☆気ままにお立ち寄りくださいませぇ〜♪^^

ボクの苦手!?なジャンル音楽は”あちら”の掲示板(OASI-Zさま含め他みなさん方のコメント)でいっつも参考になっています!w

OASI-Zさまは今月?(最新号だと思います)の”ローリングストーン誌は、お読みになりましたか?ボクも普段観るような雑誌でも無いのですが…(苦笑)
巻頭のカラー写真に”プリンス”のセレブ写真とインタビューが載っていましたね☆プリンスがカッコ良かった!!ですよー
また、80sのロックアルバム100選(?)もあって楽しめましたょ♪
* sihuku * 2007/11/13 7:34 PM |
※コメント遅くなり失礼しました!w
”マウス”の反応がぁぁ〜〜(苦笑)おかしくなってしまって。。。
水洗いがマズかった(≧▽≦)デス!(笑)
結局買い換えてきました。。。

と、言い訳デス。アヒャ

※もし??問題が無ければ…この”キャメル”のミラージュを御送りしましょうか??w(コピーですが)
* sihuku * 2007/11/13 7:39 PM |
>sihuku様、こんばんわ。

>マウス”の反応がぁぁ〜〜
そうでしたか・・・。私はまた「風邪でも引かれたか」と心配しておりました。
私が使っているワイヤレス・マウスも1年で反応しなくなり、つい先日新しくしたばかりです。

>ローリングストーン誌は、お読みになりましたか?
いいえ、見ておりません。そうですか、プリンス殿下の特集が組まれていたんですね。早速、明日にでも蔦屋でチェックしないと。

>80sのロックアルバム100選(?)もあって楽しめましたょ。
実は、私も「CROSSBEAT」なる雑誌を、初めて購入しました。
その理由は「60s、70s、80s、90s、00s」の各年代毎のベスト30と、ミュージシャンが選んだ「無人島に持っていく10枚」という企画があって、思わず買ってしまいました。(ランキングものに弱い(笑))
ランキングの方は、レココレよりも納得出来るものになっている感じでしょうかね〜。(70sの2位にジギー・スターダストが入っているし・・・。もっとも、1位は“勝手にしやがれ”ですが・・・(笑))

>”キャメル”のミラージュを御送りしましょうか??w(コピーですが)
ありがとうございます。キャメルは蔦屋にも先ず無いと思われますので、嬉しいです。
でも、どうやって住所を連絡したら良いでしょうか・・・?


* OASI-Z * 2007/11/13 11:46 PM |
>OASI-Zさま

連絡メール先ですが…
otoseikan213☆mail.goo.ne.jp
に連絡くださいませm(_ _)m
こちらからお返事します。

>「CROSSBEAT」なる雑誌を、初めて購入しました。

ボクも観ました!購入していませんが、CD店へ行くたびに立ち読みしていますね〜♪
その“勝手にしやがれ”がトップになっていて、
ああ〜こういう傾倒(ボクの苦手な…爆)の雑誌なんだなぁ〜っと(勝手!?に)思いこんでいます^^

>「無人島に持っていく10枚」〜
はあまり気にしていなかった様です!またちゃんと観てみます!!
ご近所の蔦屋さんは大きいのですね!?wボクの住んでいる街には無く…全然無名なレンタルビデオ屋も出来てはすぐに閉店するあり様ですww
隣り街(ナント!?お互い歩いて10分もしない距離の間に2店舗もある!!)にわざわざ出向いて行きます(>_<。)
もうそろそろ??”半額デー”カナ〜♪半額だけが楽しみなんです(笑)^^

* sihuku * 2007/11/14 12:59 AM |
>sihuku様、こんにちは。

メール、ありがとうございました(^o^)/

今、用事があって出かけたついでに蔦屋に寄って、RS誌を探したんですが、有りませんでした(涙)
新潟市内には「蔦屋」があっちこっちにあって、私の自宅〜会社の半径5km以内に5店舗位はあると思います。(確かトップ・カルチャーは新潟本社の会社だったはず・・・)
でも、そのうち私がよく行くのは2店舗で、一つは「毎週水曜日が半額」もう一つは「11日と22日が半額」という事で、私も半額狙いでレンタルしています。
書店の部分はそんなに大きく無いので、残念ながらちょっと専門的な本は置いてません。

>「無人島に持っていく10枚」〜
よく考えると、無人島に持っていっても電気が無いからCDは聴けませんね。(バッテリーか電池の大量持参!?)
せめてipodの充電をフルにして、持って行くくらいでしょうか?

sihukuさんなら、10枚何を持っていきますか?
* OASI-Z * 2007/11/14 4:05 PM |
>OASI-Zさま こんにちわ。

こちらこそ!メールわざわざ、すみませんでしたm(_ _)m

>蔦屋でも色々とあるのですね〜??('∇')?
その半額は1シーズンに1回かと思っていました!!ので、また地元(となり街)のも調べてみまーす♪
前に住んでいた川崎市にあった蔦屋サンは大きい店舗で、本屋も充実、逆にビデオ・CDは少ない店舗だったというのを思い出しましたッ。

>>「無人島に持っていく10枚」〜

う〜む。。。。???考えてしまいますね!?w
今度のブログ・ネタになりそうですね^^

※今日、浦和のアジアCが決まりそうですよね?!
敵ながらアッパレ!となるように頑張って欲しいものです。
選手たちはかなりの”疲労困憊”模様みたいですが・・・
新潟も今季はまずまずな成績でしたか?
J神奈川勢は。。。パッ!としませんでした(笑)特に地元マリノスは。。。ダメじゃぁ〜ん!!でしたょ(苦笑)
* sihuku * 2007/11/14 5:29 PM |
山あり谷あ<a href="http://www.vibram-fivefingers-outlet.com/"><strong>ビブラム</strong></a>
りのアフリカで<a href="http://www.vibram-fivefingers-outlet.com/"><strong>ビブラム 5本指</strong></a>
、凸凹の大地の上を裸<a href="http://www.vibram-fivefingers-outlet.com/"><strong>ビブラムファイブフィンガーズ</strong></a>
足で踏みしめながら半遊牧民として生活<a href="http://www.vibram-fivefingers-outlet.com/"><strong>ビブラムKSO</strong></a>
する彼らのカラダ、その美しい姿勢<a href="http://www.vibram-fivefingers-outlet.com/"><strong>五本指 シューズ</strong></a>
は“自然の不安定<a href="http://www.vibram-fivefingers-outlet.com/"><strong>5 本 指 シューズ</strong></a>
さ”から生まれるのだと気<a href="http://www.vibram-fivefingers-outlet.com/"><strong>五本指 靴</strong></a>
づいたのです。 さて、そ<a href="http://www.vibramtrek.com/"><strong>五本指 シューズ</strong></a>
のマサイ族の足を人間工学、科学<a href="http://www.vibramtrek.com/"><strong>5 本 指 シューズ</strong></a>
的側面から研究を重ねて形に<a href="http://www.vibramtrek.com/"><strong>五本指 靴</strong></a>
したのが、こちら。 「自然の<a href="http://www.vibramtrek.com/"><strong>ビブラム 5本指</strong></a>
不安定さ」が、ひとつの靴の構造の中<a href="http://www.barefootsneaker.com/"><strong>五本指 シューズ</strong></a>に実現されました。見て分かる通り、厚底<a href="http://www.barefootsneaker.com/"><strong>五本指 靴</strong></a>に作られた靴底<a href="http://www.barefootsneaker.com/"><strong>5 本 指 シューズ</strong></a>
が弓形に丸みを帯びているのが特徴<a href="http://www.barefootsneaker.com/"><strong>ビブラム 5本指</strong></a>
です。 いくつかの特殊なソールを重ねて作<a href="http://www.barefootsneaker.com/"><strong>mbt シューズ</strong></a>
られたこの独特の丸みから、適度な不安定<a href="http://www.barefootsneaker.com/"><strong>mbt</strong></a>
さが生まれます。 この靴を履くことによって生<a href="http://www.barefootsneaker.com/"><strong>mbt 靴</strong></a>
まれる嬉しい効果は、 と、画期的。 さらにポ<a href="http://www.barefootsneaker.com/"><strong>mbt 通販</strong></a>
イントとなるのが、ソール側面にある楕円形<a href="http://www.beyondsneakers.com/"><strong>ナイキ</strong></a>
の部分(このモデルでは赤い部分に該当し<a href="http://www.beyondsneakers.com/"><strong>ナイキ 通販</strong></a>
ます)。ここはと名づけられた、MBTシューズの心臓部分。ここ<a href="http://www.beyondsneakers.com/"><strong>ナイキ スニー
* hanxiaoloveshoes * 2011/01/20 5:53 PM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://sihuku.jugem.jp/trackback/109
Trackback