<< FRAGILE(こわれもの)/YES | main | THE HITS/REO SPEEDWAGON >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
53年!??ぶり 中日ドラゴンズの日本一制覇
○最後も”オレ竜”貫いたパーフェクト・リレー!

53ぶり??一体どれだけ中日ファンがこの歓喜の瞬間を待ち望んでいたのでしょうか!まずはプロ野球ファンとして、おめでとう☆ですね。


山井が8回完全の快投 
プロ野球の第58回日本シリーズは1日、ナゴヤドームで第5戦が行われ、中日が日本ハムを1−0で下して4連勝、通算4勝1敗で1954年以来、53年ぶり2度目の日本一となった。
 中日は先発の山井大介投手(29)が8回まで一人の走者も許さない快投。9回は岩瀬仁紀投手(32)が締め、両投手による「完全試合」で決めた。
 中日は今季セ・リーグ2位に終わったが、新制度のクライマックスシリーズ(CS)で阪神と巨人を破って日本シリーズに進出。昨年に続く日本ハムとの「再戦」を制し、落合博満監督は挑戦3度目で日本一の栄冠を手にした。1974年以降続いていた中日のシリーズ連続敗退は6で止まった。 
 セのチームによる日本シリーズ制覇は5年ぶり。2003年のダイエー(現ソフトバンク)以降、西武、ロッテ、日本ハムと昨年までパ・リーグ勢が4連覇していた。
(時事通信)

   ∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴∴・∴・∴∴・∴
TV観戦でした。
第一戦にその実力をいかん無き発揮し好投を魅せたダルビッシュ有投手とサングラス越しにその表情が鉄仮面的の強張(こわば)った山井投手の投げ合いは見応えありました!
気付けば6、7回とひょうひょうと打ち獲り、そして8回まで隙の無い”パーフェクト投球”(相手打線のランナーすら誰も出塁させず文字通り”完全”に抑える)で、日本一が懸かった試合にも関わらずの大記録を前に、観てるこちらも興奮してきました。が、落合監督は”オレ流”を最後の最後まで貫き通しましたね!?中日の守護神クローザー岩瀬投手へ交代!!!如何に、落合監督ならびに、中日ドラゴンズ・ナインがこの試合に懸けていたのかが分かる”名采配”でしょう。山井投手にしてみれば残り3人を抑えれば、まさか!?奇跡!??の日本プロ野球史上初の”日本シリーズ完全試合投手”に・・・だったのですが、悔しさと同じ位に満足感もきっとあったのでわ??と思いました。
投手としての悔しさと野球選手そして中日のチームに所属する選手としての満足感で、どちらの気持ちが上になるのかは・・・本人の心の内に聞かない限り分かりませんものね。
野球ファンとしては続投も観たかったのですが〜すぐに”オレ流”の”らしさ”にも興奮しましたよ。
就任から常に選手の個性を活かしつつも人心掌握をもし、ある意味その”オレ流”采配を貫いて来た結果による落合監督の歓喜の胴上げは、(野球ファンとして)素晴らしいと称えたいですよね!!おめでとう☆

このシリーズ、北海道日ハムは・・・打てなかったですね〜。パのクライマックスで千葉ロッテ戦で戦い抜いた”打線の勢い”も沈静化していました。特に1,2番ひちょりと田中賢の両選手の出塁がまるで出来なかった。出塁をしない限り、機動力が活きませんものね。それを封じ込めた谷繁捕手のインサイドワークも絶妙だった!という事でしょうか。
3番稲葉選手も封じ込めていましたよね。数字的にもオモテに出ない微妙な所での”キャッチャーの差”はこのシリーズあったかと思います。やはり??経験(実績)の差の影響か?!あとは、セ本拠地での”指名打者(DH)無し”での戦いぶりは(やはり?)中日に分があったでしょうか。DHや代打等の作戦面は、戦力層のある?なし?で変わってくる采配でしょうが、地の利もあってかナゴヤドームで戦う中日の選手はどこか気持ち面でも積極的に動いていた印象です。

今季の中日は、絶対的な強さを感じ無かったですね。ただそれでも、ここ一番での”負けない”試合が多かったと思います。連敗しつつも最悪な取りこぼしが少なかった!?そういう意味では”試合巧者”でした!
(※今季のセ・リーグはどこのチームもとにかく”大型連敗”が多かったです。まるで日程に組み込まれ、計ったようにの連勝・連敗がどのチーム順番に来ていた印象です。)

クライマックスでもこのシリーズでも、段々とチームが元気になって行った印象です。その筆頭がシーズン不調でもあった荒木選手でしょうか。故障もありながら試合に出続けた井端選手の満身創痍の活躍と、こちらは1、2番が機能していましたね!
短期決戦ならではのベンチ采配の妙と特定では無くチーム・選手一丸の頑張りが北海道日ハムより中日側にあったのでしょうね。

”53年ぶり”って・・・長いですね〜
当時を知る人は、今ではおじいちゃん?おばあちゃん?の年頃ではないですかっ!!
ちなみに、ボクが野球中継でいつも聞いているニッポン放送(ラジオ局)の開局もその53年前ということらしい・・・のです。ながい歴史を感じてしまいます。


※おまけ:
今季のメジャー・リーグ”ワールド・シリーズ”もずっと観ていましたが…
(やっぱり!!)球場は”天然芝”が魅力的ですし、羨ましくも思いました!w
米のスタジアム(ボール・パーク)はファウル・ゾーンも狭く、また最前列の観客席は選手目線とほぼ同じラインで迫力が違うでしょうし〜
今季(も)ナゴヤと札幌の両ドームで作りも似ているから…試合演出の面で、面白味が無かった!まさに!?箱庭野球状態!の印象でした。
試合の内容・展開はそれなりに見所はありましたが、それをもっと各球場のそれぞれのスタイル、放送の演出(特に派手にする必要もありません!)等、両球場の個性が感じられずに楽しみ方にも乏しさがあった印象です。(TV観戦だからと言う観点だけでは決して無いと思います。実際ナゴヤDは東京Dにも似ていますし…どっちが良い悪いはありません。)正直、ドーム球場観戦は…面白味に欠ける方面が多いかと思います。
ドームの(唯一?)利点は、まず必ず試合が出来る!それだけ…かな?!w
野球の質ではアメリカとも個性がお互いで感じますし、日本野球は好きなのですが、野球観戦で”楽しむスタイル”ではアメリカには及ばない…かな〜??個人的な意見ですが。
もっと、歴史ある”日本シリーズ”(日本選手権)という日本野球にとっては、栄えある大会(日本一のチームが決まる!!)であること、その重要性をもっと発信して頂きたいですね。

∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴∴・∴・∴∴・∴

○シリーズMVPは中村ノリに!!

プロ野球の日本シリーズは1日、中日が通算4勝1敗で日本ハムを下して53年ぶり2度目の日本一を達成。2投手のリレーで「完全試合」という劇的な勝利だった。中日は2回に平田の犠飛で先制。1点をもらった山井は8回まで1人の走者も出さない快投。しかし完全試合目前の9回は抑えの切り札・岩瀬がマウンドに送られ、打者3人で退けた。
日本ハムはエースのダルビッシュが中4日で先発したが、7回11奪三振の力投も実らず札幌に夢をつなげなかった。

クライマックスシリーズで阪神に2連勝、巨人に3連勝した中日の勢いは、日本シリーズでも衰えなかった。初戦に惜敗後、一気の4連勝。日本ハムに先勝しながら、4連敗で終わった昨季と逆の展開で雪辱した。シリーズ最高殊勲選手には中日の中村紀洋内野手が選ばれた。(時事通信)
○中日ドラゴンズ
1936年に日本職業野球連盟の結成に参加した名古屋が前身。産業、中部日本などと名称を変え、54年から現在の中日ドラゴンズ。本拠地はナゴヤ球場から97年にナゴヤドームに移った。54年に天知俊一監督の下で初優勝し、日本シリーズでも西鉄を4勝3敗で破って日本一となった。与那嶺要監督時代の74年に巨人の10連覇を阻み、82年に近藤貞雄監督の下で優勝。星野仙一監督時代にも88年と99年に優勝した。2004年から落合監督が就任し、4年間で2度のリーグ優勝。今季はリーグ2位からクライマックスシリーズを制し、日本シリーズに進出。53年ぶりの日本一に輝いた。オーナーは白井文吾中日新聞社会長。(時事通信)
sihuku | ◇スポーツ | comments(10) | trackbacks(17) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
こんばんは☆

ドラゴンズさんが日本一になりましたね!
昨年のリベンジをされました。。。絶対「勝つ!」意識の勝利だったと
思います☆
山井投手は自身の記録よりも、「日本一」の先発投手で勝てたことが
何よりも嬉しいことでしょう♪

ファイターズ打線は、うまく点火できないままに時間切れとなりました…★
残念ではありますが、シーズン当初の予想をはるかに超える選手達の
活躍に、「頑張ったね!」の思いでいっぱいです☆

ダルビッシュ投手は、2試合ともにナイスピッチングでした!
来季は監督も変わるので、また新しい強さを増したファイターズに
期待したいデス!

来季は、横浜と札幌で日本シリーズを!!
* ☆ひめ☆ * 2007/11/02 12:40 AM |
どうもお邪魔しにまいりました!リンクありがとうございます☆

ドラゴンズが日本一になりましたねぇ。バイトだったので9回しか見られなかったのですが、まさか完全試合とは!最後も岩瀬でつないだのには、ホームでの胴上げへの意気込みを感じました。

ファイターズはこの5試合打線が沈黙しましたね…CSではロッテから散々打っていたのに(笑) やはり谷繁の絶妙のタイミングでのインサイドワーク!これに尽きますね!谷繁の後は、清水将にレギュラーをとってもらいたいものです。
* いたち野郎 * 2007/11/02 3:39 AM |
>☆ひめ☆さま こんにちわ!

>絶対「勝つ!」意識の勝利だったと
思います☆

絶対!その”意識”のある・なしで勝負の行方も変わってきたのでしょうね!!昨季があってこその今季の結果ですよね!?
中村ノリといい先発山井といい、サクセスが素晴らし過ぎますね!

ファイターズは高田前GMもこの戦力でよく頑張った!と称えておられましたね。正直個人的な予想も最下位でした(苦笑)
中日も日ハムもチーム一丸で戦ってきたその証の日本シリーズの様で…今から思えば見所はたくさんあったんでしょうね。大して気にしていませんでしたぁーσ(^_^;)

ファイターズの来季、梨田&与田の新加入首脳は楽しみですよね☆お二人ともにNHKの解説なのですが、心配してます^^
* sihuku * 2007/11/02 12:51 PM |
>いたち野郎さま こんにちわ!
わざわざのお越しとコメントありがとうございます。

素晴らしい集中力の高い試合でした!w
あれよ?あれよ??で無安打どころか”完全”で8回も終わりましたからね〜期待も大、大、大…でしたが…^^
落合監督らしかったですね!w
あの後をちゃんと締めるのも岩瀬投手しかいないでしょうね!?ビシッ!と抑えてスタンドのファンも黙らすどころか、歓喜へ導きましたね☆大してスピード出ていない印象でしたが…岩瀬投手もスゴイ!です。

清水将…ロッテのいつかは正捕手かと期待していましたが、弱いときからの捕手でしたよね?今は中日でしたかっ!??w
里○捕手より先にレギュラーへなるかと思っていました☆

来季はお互いの応援するチームに幸ある事を強く願いましょ〜う♪^^
* sihuku * 2007/11/02 1:00 PM |
こんばんは☆

ドラゴンズ、日本一おめでとう☆

>谷繁捕手のインサイドワーク

私はこのシリーズの谷繁選手を誉めたいと思います。
“オレ流“采配ばかり目が行きますが。グラウンドでは捕手に託されている部分が多いと思うんです。頭脳フル稼働ですものね。冴えまくってましたよ。スコアラーの方、投手陣も素晴しかったです。なんか賞取れると思っただけに残念。

本当に53年って長いですよね。沢山の有名選手を輩出したチームですがなかなか日本一に手が届かなかった。やっと念願がかなって本当に嬉しいだろうなぁ。

ファイターズは、仰るとおり1〜3番までをしっかり抑えられてしまったのが非常に痛かったのではないでしょうか?何も出来ずに終わってしまったと言うのは非常に歯痒い事でしょう。来季も強いファイターズになるかも(汗)
あっ、でも新体制になるんですよね。どういうカラーになるのかなぁ。
* 七色奇譚@管理人 * 2007/11/02 10:58 PM |
初めまして、TBありがとうございます。

今シリーズを通し、中日の戦いぶりから感じたのは、勝つための意識、その上での準備としていかに相手を研究し、試合のなかで実行に移せるか?

正直、一つ一つ見ていて感じたのは、徹底して厳しいコースをつく谷繁捕手のリードとそれをしっかりやれる投手陣の素晴らしさ。

またバックの守備も、打球の飛ぶ位置を頭に入れたうえで正確無比に動いていた。

やるべきことをやれば負けないという自信があってこそ日本一の座に就くことが出来たと思います。

ただ、日本ハムは、近年連覇も難しいなかでそれも戦力ダウンが囁かれたなかで連覇したことで、今年も強かったということは疑う余地はありませんし、実際、我がマリーンズには何度も首位奪回のチャンスがありながら、逃げ切られただけに痛いほど今年の強さを感じさせられました。

まぁ何より今年は、ホントに最後まで見応えあるゲームが見れたことに感謝したいですね。
* KOJI * 2007/11/03 8:08 AM |
>七色奇譚@管理人さま こんにちわ。

!やっぱり”通”な方は谷繁捕手をちゃんと観ていますよね!?w
この落合ドラゴンズの一番の立役者は谷繁ですよね!何て言っても投手交代時にはます彼の意見が尊重されるそうですものね。
昨季は新庄の引退花道の演出!?程度な印象しか無かったですが、今季はCSから目の色が変わってたぁー^^

53年は長すぎっ!ですよね。殆どのファンが日本一の胴上げを観たこと無いですもんね〜??阪神の21年ぶり(1985年当時)も当時全然想像出来なく、ベイの38年ぶり?も想像出来なかったのですが・・・半世紀とわっ!?苦笑

梨田ファイターズ・・・期待してます!ケド・・・のっけからコーチ陣の問題が勃発?しているようで〜^^
* sihuku * 2007/11/04 3:15 AM |
>KOJIさま こんばんわ。

はじめまして!wと言えばはじめましてですが、実はそうでも無いんですょ〜苦笑
以前、TB等でお世話になっておりました^^;
いきなりのTB失礼しましたm(_ _)m

意識付けはやはり”勝つチーム”には潜在的に他所様とは明らかに違いますよね?勢いだけならば何とかなる所も、それ以上を求める時はやっぱり?その意識みたいなものも重要なのでしょうかね。
守備位置もそうですし、選手の個人レベルも当然?高いのでしょうが、スコアラーの情報収集もかなりの高いレベルだったと聞きますし・・・チーム全体の意識レベルも相当なモノだったのでしょうね!それをまとめる”おれ流”采配!!
ベイスターズも^^マリーンズも・・・まずは”やるべきことをやれば負けないという自信〜”の意識付けからの再スタートですよね!?w

シーズンも面白かったのですが、CS〜日本シリーズもセ・パ見応え充分!で面白かった♪ですよね。


* sihuku * 2007/11/04 3:27 AM |
こんばんは☆
コメント遅くなってごめんなさい…
中日はシーズン中はそれほど強さも感じなかったのに
このCS〜日本シリーズの戦いぶりは最強でしたね。

日ハムは本当に打線の方は沈黙。
最終戦では完全試合ですから…そう、谷繁捕手のリードがあっての
中日の投手陣の好投ですよね。
打ち勝ったというより、守り勝ったという試合でした。

昨年のリベンジを果たすために必死になった中日。
その気持ちが日ハムを少しだけ上回ったのかもしれないですね。
来年はこの悔しさをバネにさらにパワーアップした日ハムが楽しみです。
ダルビッシュ投手もまた一回り大きくなることでしょう。

明日からはアジアカップが始まりますね。これだけ強い中日。
必ず日本の三連覇を果たしてくれることでしょう。
* Andante * 2007/11/08 12:15 AM |
>Andanteさま こんばんわ。

>コメント遅くなってごめんなさい…

いえいえσ(^_^;)わざわざのお越しだけでもうれしゅう〜ございます♪

中日は元々のチーム組織力?底力はリーグ随一でしたよね?!福留選手が抜けても優勝争いが出来る投・守備力は、結局日本一になるだけの質があった!という事だったのかしら・・・。
価値ある”守り勝ち”!!でしたね^^
ヒルマンと落合監督のモチベーション(?)シリーズに対する意気込みも仰る通りに・・・ですよね〜
ダルビッシュ投手の飛躍は楽しみですよね☆

>明日からはアジアカップが始まりますね。

個人的には気持ち薄れてきています(苦笑)バレーもやっていますし・・・(爆)でもでも日本野球の”強さ”を是非!アジア圏でも〜

コメントありがとうございます。
* sihuku * 2007/11/08 1:38 AM |
It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
ファイターズ日本一連覇ならず…★
ファイターズ 日本一連覇ならず…★(>_
| ★夢降る・はぁ〜とふる♪ひとりごと★ | 2007/11/02 12:30 AM |
中日が53年ぶりの日本一
いやぁ すごい試合でした 1−0 勝利投手山井 敗戦投手ダルビッシュ セーブ岩瀬 山井と岩瀬で完全リレー ダルビッシュだって好投 すごいいい試合だった 2回裏平田の犠牲フライでとった1点が決勝点 こんな試合もあるんだね 見ていてしびれるよね 仕事だったので最
| ブログTHIS WORLD | 2007/11/02 12:50 AM |
【野球】山井の病 中日ドラゴンズが日本一
53年ぶりの日本一を決めたドラゴンズですが、九回の投手交代には理由がありました。落合は「1-0ならパーフェクトでも岩瀬でいく」と山井に伝えてました。そして8回に爪にアクシデント発生!!9回の表に落合が「投げるか?」って確認したところ。山井が「岩瀬さんに胴上
| 入院保険と自動車保険のリンク集 | 2007/11/02 4:24 AM |
山井−岩瀬でパーフェクトリレー! ダルビッシュ、気迫の力投報われず! / 今日のアジアシリーズ出場権争奪戦
◆D1−0F◆ 後がない日本ハムはダルビッシュが中4日で登板。打線が不振を極め、最早、完封するしかない状況だったが、2回に平田の犠飛で痛恨の先制点を献上。一方、中日先発・山井は8回までパーフェクトの快投。土壇場9回、落合監督は非情にも山井を下ろして、
| ANQ Ritzberry Fields | 2007/11/02 6:48 AM |
中日ドラゴンズが53年ぶりの日本一
中日ドラゴンズが53年ぶりの日本一に輝きました。
| FREE TIME | 2007/11/02 7:36 AM |
11/1、【D-F】<日S-5>山井投手−岩瀬投手で完全試合リレー! 2007年ファイターズ終演・・・
月が変わってツキが変わるか。 1勝3敗ともう後がなくなった状況で変えた日本シリーズ第5戦。 今日の先発は、日本ハムが中4日でダルビッシュ投手。中日は山井投手。 【1回表】 まず初回の攻撃は、森本選手がショートゴロ、田中賢選手が空振り三振、稲葉
| やっさん日記 | 2007/11/02 9:35 AM |
中日53年ぶり日本一…落合監督お見事
我が巨人軍をCSで撃破した落合竜が見事な日本一!  完全試合目前の山井を交代させる
| 子育ちパパの航生日誌Q2.0 | 2007/11/02 12:37 PM |
中日53年ぶり日本一
第2戦から3連勝で遂に53年ぶりの日本一に王手をかけた中日。 第5戦のマウンドは、第1戦に先発した川上では無く、山井。 迎え撃つ日本ハムはダルビッシュを擁し、札幌決戦に持ち込みたい。 中日は、2回にウッズの左前打と中村紀の右中間への2塁打で無死1、3塁から
| 今日も内角攻め! | 2007/11/02 5:08 PM |
日本シリーズ中日53年ぶり日本一オメデトウ
日本S第5戦の日ハムー中日は1対0で中日53年ぶり日本一だ 日ハムはダル先発で1失点も打線は山井&岩瀬を完璧に抑えられ 打線は森本・田中・稲葉3人が抑えられたのが凄く痛かったよね 中日は先発の山井8回パーフェクトで打線もダルから1点を取り シーズ
| スポーツ瓦版 | 2007/11/02 6:52 PM |
日本シリーズ第5戦 落合ドラゴンズ、ファンの夢を壊して日本一
この日本一には何の値打ちも無い。 それ以前の筆者はこの落合ドラゴンズの日本一 いやその存在自体認めない。 ファン、ドラゴンズファンだけではない あらゆる野球ファンの夢を壊しての日本一である。 ダルビッシュの7回11奪三振の好投を上回る ドラゴンズ山井の、
| しっとう?岩田亜矢那 | 2007/11/02 8:10 PM |
日本S中日53年ぶり日本一&有閑倶楽部
有閑倶楽部は結婚騒動だけど内容は別にして香椎の花嫁姿は良かったし 日本Sは5戦でが1対0でに勝利し53年ぶり日本一を決めた 7時半前に起床しで有閑倶楽部&BLEACH&働きマン見ながら 8時半からでTB返しやネット検索などを12時前までして過ごして
| 別館ヒガシ日記 | 2007/11/02 8:16 PM |
プロ野球日本シリーズ、中日対日本ハム第5戦。中日が53年ぶりに日本一。
祝・中日ドラゴンズ日本一。 ナゴヤドーム{/house_blue/}での日本シリーズ第5戦、中日{/v/}日本ハム戦。 中日の先発は山井、日本ハムは中4日でダルビッシュ有。 中日は、2回、ウッズがヒット、中村紀が2ベースで2・3塁、李ビョンは三振、続く平田がライトへ犠牲
| 思いつくまま | 2007/11/02 8:45 PM |
中日ドラゴンズが53年ぶり2度目の日本一!
本日(1日)、「ナゴヤドーム」にてプロ野球日本シリーズ 「中日ドラゴンズvs北海道日本ハムファイターズ」の 「第5戦」が開催され、ドラゴンズが「パ・リーグ」の覇者 ファイターズを「1-0」で破り、「第2戦」から「4連勝」で 対戦成績を「4勝1敗」とし、19
| Flower that blooms in snow | 2007/11/02 9:09 PM |
中日 vs 日本ハム 第5回戦
☆日本シリーズ☆ 今の野球は戦国時代。優勝もあれば最下位もある中で、よくぞここまで耐えて精神的に強くなったというのが実感としてあります。by落合監督 中日が2投手で完全試合を達成した。先発の山井は直球のキレ、変化球の制球ともに抜群で、継投策のため快
| 七色奇譚 | 2007/11/02 10:33 PM |
中日、53年ぶり日本一〜完全試合リレー〜
これは日本シリーズ史上でも歴史に残る試合、出来事だろう。 中日は山井、日本ハムは背水の陣でエースのダルビッシュ。期待にたがわぬ投手戦になった。わずかに1点。ウッズ・中村で作ったチャンスを平田の犠飛で返す。この1点だけで、ダルビッシュは力投した。だが、
| 虎哲徒然日記 | 2007/11/03 11:33 AM |
オワリ良ければ全てよし!!パーフェクトリレーで53年ぶりの日本一に・・・ 【プロ野球 日本シリーズ】
プロ野球の日本シリーズ第5戦が1日行われ、中日が1−0で勝ち、通算成績を4勝1敗として53年ぶりに優勝した。尚、シリーズのMVPにはオリックスを退団し、育成選手として加入した中村選手が選ばれた。 【第5戦の結果】 日本ハム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
| 不定期更新のスポーツニュース | 2007/11/03 6:34 PM |
中日53年ぶりの日本一☆
日本シリーズ第5戦、中日が日本ハムに勝ち53年ぶりに日本一になりました。おめでとうございます。とにかく、強かったですね。中日。CS〜日本シリーズの試合を見ていて、中日はこんなに強いチームだったのかって改めて気付かされたという感じです。第3戦、第4戦..
| Andante's blog | 2007/11/08 12:16 AM |